横浜のチラシデザインと動画制作編集屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

ポスティングって99%は無駄だけど、でも1%も効果があればやめられない

9706 views
約8分
ポスティングって99%は無駄だけど、でも1%も効果があればやめられない




はじめに


宣伝をする方法って沢山あります。
金額の高いものから低いものまでさまざま。
最たるものといえばもちろんTVCM。
ホームページはジブンで作ることができるならば、ずーっと24時間宣伝してくれるし、いい宣伝方法です。
そして、このデジタル時代に『誰がやるの?』と言われそうなポスティング。
そう、各家庭のポストにチラシを配布するポスティング。
ポストに無造作に配布され、ほとんどがゴミになるイメージではないでしょうか?
、、、確かにほとんどゴミになってしまいます。
でも、そうならなぜずーっとポスティングされるの?
そんな疑問がわいてきます。

ポスティングの効果は1%以下


はっきりいうと、ポスティングは効果があるからやめないのです。
もちろんレスポンスは1%未満です。
はい、99%ゴミです。
売ってるものによって反応率も変化があります。
高価な物を販売するチラシになると反応率はもっと低くなります。
ざっとだいたい0.3%ほどではないでしょうか。
不動産や住宅販売などで住宅展示場への来場のきっかけは何かという集計結果があります。
なんと、42%がチラシを見たことがきっかけだったという結果もあります。
チラシは集客ツールとして有効だということが証明なのです。
ピザ屋さんがポスティングをやめないのは依然効果があるからやめられないのです
無論、昔と比較すれば反応は悪いのですが、まだまだ割りがいいのがポスティングという宣伝方法なのでしょう。
ポスティングの無駄でいっぱい

1%も反応があれば利益はバッチリ!


業種によりますが、ポスティングによる宣伝で反応率が1%あるならばきっとボロ儲けではないでしょうか。
例えば、客単価が1万円を超えるような商品を取り扱っているのであれば、、、

5万枚配布、反応率1%、客単価1万円

50,000枚 × 1% × 10,000円 =5,000,000(売上)

ざっと500万円の売上ができました。

5万枚配布の内訳は、、、

チラシが@5.0  配布代も同じく@5.0だとして

(5.0+5.0) × 50,000 =500,000(宣伝広告費)10%

1万円の商品原価が50%の5,000円だとして

5,000,000 × 50% =2,500,000(原価)50%


原価と宣伝広告費で60%ですので、残り40%で人件費等の経費をまかなえば黒字です。
すごい単純明快です。
どうですか?
たったの1%の反応率でもボロ儲けの予感。。。
ポスティングってすごいアナログで原始的な宣伝ですが、結構おいしいのです。

2%、、3%を目指すには


ポスティングの反応率は1%取れれば御の字というふうに書きました。
もちろん、扱っている商材やサービスによって数値が大きく変化します
しかし、普段1%しか取れていないような商材でもちょっとしたことで反応率が大きく変化するものです。
例えば、商材やサービスとターゲットの属性が大きく違ったら意味がありません。
子供向けの学習教材を夫婦だけの家庭にポスティングしても何の意味もなく無駄が発生してしまうだけです。
属性は、、、
・年齢層
・男女(洗濯物で男女や年齢まで判別できます。)
・職業

などがあり、これらがマッチした時に大きく反応率が上がるのです。

では一体どう判断すればいいのでしょうか?
・天気(夜は雨が降りそうだなと思ったら午前中に宅配料理のチラシをポスティング)
・時間帯(ディナー需要の多い宅配料理は夕食内容が決定する前の午前中に配布する)
・世帯年収(クルマや自転車、家の大きさで収入を把握)
・持ち家か借家か(大きい戸建は富裕層)

特に競合店の近くは当然反響が大きく落ちるものです。
そういった競合店の半径200m地域には特別なクーポンをつけて競合店対策を抗じることも有効です。
マンションなどの集合住宅は判別がしづらいですが、一軒家に関しては家族構成などが外から見た感じでもわかってしまうことが多いです。
駐車しているクルマの車種でわかるのが(高級車は富裕層、軽自動車は女性、赤い車は女性、外部パーツ装着しているのは20~30代)

商圏バリア対策もしっかりと


商圏バリアとは、商圏を分断するような河川やバイパス道路などが該当します。
この商圏バリアは実際にその地に長く根ざしている方の肌感覚になりますので、その地域の方に直接確認してみるのも一つです。
子供がいる家庭は実際にそこで校区が変わっている場合も多く、「別地域」という感覚が強いのです。
そうなると当然その河川やバイパス道路である商圏バリアが大きく立ちはだかっていて地元感がなくなっていきます。
それを踏まえて、配布先と店舗が商圏バリアで分断されている場合はほとんどチラシポスティングの反応はありません
そういうエリアは極端な話捨ててしまったほうがいいかもしれません
商圏バリアをしっかりと確認して無駄のないポスティングを心がけましょう。

こんなポスティング会社に気をつけろ!


ポスティング会社を始めるにあたって初期投資が発生しません。
一人でスタートすることができます。
だからこそ、誰でも参入ができるのです。
、、、ということは、おかしな人間がいい加減な気持ちでポスティング事業を開始できるということなのです。
実際、ジブンもデリバリーピザ店を運営している時に約半数の業者はいいかげんでした。
配布率が50%未満なんてザラでした。
やはり、配布単価の低い業者であればあるほどいい加減でした。
考えてみれば当たり前です。
なので、危ない業者の見分け方を紹介します。
先ほど、ポスティング1枚配布につき@5.0と記しました。
都会でのポスティングは平均すると200枚/hくらいです。
そして、配布スタッフが時給1000円としましょう。
、、、ということは200枚×5.0円=1000円
はい、これでトントンです。
カンタンですね。
損益分岐点が出ました。
この数値を超えていかないと利益が出ないことはお分かりでしょう。
1枚5.0円で配布するなら1時間に200枚は超えないと利益が出ないのです。
なので、ムリして1時間に300枚配布しようとして1軒家はスルーしてマンションだけしか配布しない可能性が出てきます。
どうしても配布が困難な箇所へのポスティングは敬遠されるでしょう。
実際はそういう困難な箇所に住んでいる人こそ不便なのです。
だからこそ他の業者さんが投函しないポストが存在します。
絶対的にそういう箇所のお宅は軒並み反応率が高いのにです


ポスティングと色々な宣伝を掛け合わせる


だからと言ってポスティングだけを広告宣伝だと思っていては効果も半減です。
色々な宣伝方法を使用することがポスティングの効果も倍増します。
もちろん、ホームページがあるに越したことはないでしょう。
ポスティングしたチラシを見て詳細が知りたくなった時にホームページがないことには話になりません。
googleやfacebookの広告もピンポイントで顧客にリーチでき、ポスティングの穴を埋めてくれることでしょう。
地域のタウン誌やフリーペーパーに広告を掲載することもいいでしょう。
顧客となり得る層にあらゆる手段でリーチしていく方法は絶えず考えていきましょう。
告知をしないことには例えいいサービスや商品でも見向きもされません。
メディアミックス、、、そうです、いろんなメディアを使って広告宣伝をすることが前提となります。

いろんな宣伝方法

<オフライン> 

・営業(飛び込み営業など)

・新聞折込

・ポスティング

・タウン誌

・チラシ、ティッシュ手渡し

・DM ・フリーペーパー

・FAX DM

・交通広告・・・電車広告、駅広告、バス広告、タクシー広告

・屋外広告・・・ネオンサイン、突出看板、タペストリー、のぼり、アドバルーン、LEDボード、大型ビジョン

<オンライン>

・ネット広告・・・リスティング広告、バナー広告、動画広告

・メルマガ配信

・SNSマーケティング


ポスティングする販促物自体で差をつける


ポスティングが無駄にならないためには、実際に配布する販促物自体が魅力的でないと当然廃棄されゴミになるだけです。
せっかく経費をかけて制作する印刷物である販促物ですから、一部たりとも無駄にしない努力をしなければなりません
では一体どのような販促物を制作すればいいのでしょうか?
見た目に風変わりな下記記事にあるような広告を使用してもいいでしょう。

しかし、既成のものでない特殊な印刷物は制作費がべらぼうに高いので中小企業や個人事業の方には現実的ではありません。
でも考え方は同じで、最初にパッと見た瞬間にインパクトがあって捨てられない印刷物でなければいけません
シンプルなA4のチラシであっても、引きの強い見出しやコピーであればいいのです。
しかもなるべく目立つような大きい文字で。
コチラの記事にそんな記事をご紹介しています。

やはりコレなんていいですよね!
早慶戦
「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」
「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん」

そして、行列な和菓子屋さん。
「わらび餅は、飲み物です。」
絶対、「何ゃこりゃ!?」ってハテナがいっぱいです。
こんな風に秀逸なキャッチコピーは、アタマで熟考するだけで飛び出してきます。
よく考えて反応の高いチラシを作り出してみましょう

おわりに


ポスティングは不便なところに住んでる人ほど効果があります。
というのはポスティングすることがタイヘンなので他のチラシがあまりポストに入ってこないからです。
集合住宅は配布がカンタンなのでいろんなチラシが投函されます。
なのでチラシの効果も減少していきます。
階段でしかたどり着けないような住宅、ポストまでが遠い住宅。
こんな住宅こそ頑張ってポスティングした暁には優良顧客へ変貌することになり得るのです。
是非ともアナタのビジネスにもポスティングを試してみてはいかがでしょう。




Comment On Facebook