横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

Web広告戦略で小さい会社の集客を倍増させる方法

59 views
約8分
Web広告戦略で小さい会社の集客を倍増させる方法

Web広告は、中小企業や小規模事業者が新しい顧客を獲得し、事業を拡大するための強力なツールです。
しかし、その効果を最大限に引き出すためには、広告作成におけるいくつかの重要な要素を理解し適用する必要があります。
これらの要素を適切に組み合わせることで、ターゲットオーディエンスの注意を引き、彼らの興味を喚起し、最終的には望むアクションへと導くことが可能となります。

web広告戦略に取り組む5つの理由

Web広告戦略で集客を倍増させる

1. 広告:あなたのビジネスを完全にコントロールする方法

広告はビジネスのメッセージを自由に打ち出すことができる数少ない手段です。
新製品の発表やイベントの開催時に、重要なコミュニケーションを完全に手の内に収めることが可能です。

2. ターゲットマーケティング:理想の顧客群に直接アプローチ

狭い範囲の特定顧客層に焦点を当て、専門的なメッセージングを通じて深い関係を築くことができます。
これにより、ターゲット顧客との繋がりが深まります。

3. 認知度アップ:コンテンツを際立たせる広告の利用

教育的なコンテンツ、例えば電子書籍、セミナー、ブログは顧客との信頼関係を築く上で重要です。
しかし、これらのコンテンツがどれだけ価値があっても、まずは認知されることが必要です。
広告はその認知度を高めるための最良の方法です。

4. メッセージの信頼性:広告によるブランドの強化

個人的な経験からも、広告活動はビジネスの順調さを外部に示す手段となります。
広告を出すことで企業の信頼性が裏付けられ、見込み客や既存の顧客からの関心も高まります

5. 効果の相乗:広告がもたらす増幅効果

広告を使ってコンテンツの認知を拡大することは、企業全体の認知拡大にも繋がります。
これによりメディアの注目を集めたり、推薦パートナーに記憶されたりする機会が増えます。
また、広告を通じて新たなファンやフォロワーを得ることができ、従業員も自身の職場を誇りに思うようになるでしょう。

web広告戦略:集客を簡単に増やすリターゲティング広告の3つのアイデア

リターゲティング広告を活用していますか?
WEB広告を行っているのであれば、この手法を利用しないのは大変な損失です。
是非導入を検討してみてください。

リターゲティング広告とは何か?

リターゲティング広告は、商品やサービスに興味を示し、WEBサイトやホームページを訪れた人々だけに広告を表示するWEB広告の戦略です。
たとえば、あるショップのWEBページを訪れた後、数週間にわたってInstagramやYouTubeでそのショップの広告が表示され続けることがあります。
これは、AIが自動的にユーザーの興味を特定して広告を配信している例です。
このようなリターゲティング広告は、「ストーカー広告」とも呼ばれることがあり、一度訪れたお店の営業マンがずっとついてくるようなものですが、これが非常に効果的です。

ほとんどの人はWEBページで即決しない

WEBページで商品を購入する際、多くの人はすぐには決断しません。
興味はあるものの、他を調べたり口コミを確認することも多く、その結果として購入を一旦保留にすることが多いです。
そして、他の活動に移るとすぐにその商品や店のことを忘れてしまいます。
このような状況で、リターゲティング広告が「あなたが先ほど見ていたこの商品、買い忘れていませんか?」と再び商品を思い出させることができます。

新規客だけでなく、一度興味を持った人をフォローアップする

WEB広告では新規顧客の獲得に注力しがちですが、一度興味を示してくれた人を放置するのはもったいないことです。
このような人たちに効果的にアプローチすることで、より簡単かつ確実に顧客を獲得できます。
たとえば、SNSでフォローしている人や、投稿に「いいね」をしてくれた人に向けて広告を出すことが効果的です。
また、一度商品を購入してくれた顧客に対してもリターゲティング広告を展開することができます。

リターゲティング広告では専用のメッセージを作る

リターゲティング広告を作成する際には、ターゲットとなる人々に合わせた特別なメッセージを用意することが重要です。
具体的なメッセージを用いることで、広告の効果を最大化できます。
たとえば、「フォロワー限定で特別割引を提供する」といった広告が考えられます。

Web広告戦略で集客を倍増させる

Web広告戦略:広告作成の重要なポイント

Web広告の効果を最大化するためには、広告作成の際にいくつかの重要な要素を考慮する必要があります。
これらの要素は、広告がターゲットオーディエンスに適切に届き、望む反応を引き出すための鍵となります。

広告作成の必要な5つの要素

これらの要素を効果的に組み合わせることで、Web広告はその潜在力を最大限に発揮することができるのです。
中小企業や小規模事業者がWeb広告を利用して集客を図る際には、これらの要点を押さえることが成功へのカギとなります。

見出し

広告の最も重要な部分が見出しです。
この見出しは、広告の成功を左右するほどの影響力を持っています。
顧客が雑誌を手に取った瞬間、あなたの広告に目が留まるかどうかは、見出しにかかっています。
力強く、印象的な見出しは、顧客の注意を瞬時に引きつける必要があります。
そのため、他のどの部分よりも見出し作りに時間を費やす価値があります。

メリット

広告では、具体的なメリットを明確に示すことが求められます。
「このレポートを読むことで得られる知見」といった形で、直接的なメリットを提示しましょう。
ただし、レポートの内容自体を詳細に説明するのではなく、どのような問題が解決可能か、またそれによって何を得られるのかを伝えることが重要です。

裏づけ

提供する情報の信頼性を示すために、成功事例や顧客の推薦コメントを掲載します。
これにより、無料レポートやその他のオファーがどれだけ価値あるものであるかを強調できます。

オファー

具体的なオファーを提示します。
「無料レポートを提供します」と明言し、それに加えて試用レッスンやサンプルなど、事業内容に応じたオファー内容を検討しましょう。
目的は、広告を見た人が具体的なアクションを起こすことです。

CTA(行動喚起)

広告の終わりには、具体的な行動を促すCTAが必要です
簡潔に次のステップを説明し、顧客が容易にアクションを起こせるようにします。
例えば、ウェブサイトへのアクセス促進やフリーダイヤルへの電話を推奨することが挙げられます。

広告の長さが多少長くなることは避けられませんが、見出しでしっかりと興味を引けていれば、詳細な情報提供はむしろ顧客にとって有益です。
広告のデザインと情報量のバランスを考えつつ、最終的には提供するコンテンツの価値が最も重要となります。

Web広告戦略:広告で売れる商品、売れない商品

web広告は、リスト(顧客情報)を獲得してコミュニケーションを取りつつ信用を与え単価の高い商品を販売していく流れが一般的となりつつあります。
そのリストを獲得するための無料、もしくは低単価の商品についてです。
WEB広告を利用して新規顧客を獲得する場合、商品選びが非常に重要です。
適切な商品を選ばないと、どれだけ優れた広告文を書いても反応が得られず、時間と費用が無駄になるリスクが高まります。

広告の反応が全然ない…

最近あるクライアントとの会話で、彼らが開始した広告が全く反応がないという話がありました。
このクライアントは、中小企業向けに「中小企業のサイバーセキュリティ対策」サービスを提供している専門家で、多くの企業でサイバーセキュリティ対策を実施してきました。
その経験を生かし、より多くの企業にサービスを広めるために広告を出し始めたのですが、反応がまったくなかったのです。
サービスの必要性は理解されており、すでに多くの顧客が満足しているにも関わらず、広告文やランディングページが完璧に作成されていても、反応がない状態でした。

広告で売れない商品??

広告の世界には、「広告で予防は売れない」という格言があります。
これは、将来的に発生する可能性のある問題への対策は、広告を通じて売りにくいということです。
人間は、将来発生するかもしれない問題を軽視する傾向があり、通常、緊急性の高い問題に対処することを優先します。
これは人間の習性であり、広告で商品を売る際にもこの習性を利用する必要があります。

たとえば、「中小企業のサイバーセキュリティ対策」も、多くの経営者にとっては即座に対応する必要がないため、売りにくい商品の一例です。
「いつかサイバーセキュリティの問題が発生するかもしれないから、対策しておかないと」と思っても、「まあ、また今度でいいか」と先延ばしにされがちです。
人は、緊急性がなければなかなか行動しません。

逆に、広告で売りやすい商品は…?

では、広告を通じてどのような商品を売るべきでしょうか?
答えは簡単です。
緊急性の高い問題の解決策や現在の欲求を満たすものを提供することです。

「今、顧客が直面している問題は何か?」「顧客が今すぐ解決したいと強く望んでいるものは何か?」これらの問題を解決する商品を広告で提案すれば、より高い反応が得られるでしょう。
特に新規顧客を対象とした場合、緊急性の高い問題に対処する商品であれば、顧客は高いハードルを越えてでもその商品を手に入れようとするでしょう。
このように、広告を通じて即効性のある解決策を提供することが、効果的な広告戦略の鍵となります。

ちなみに、フロントエンドと呼ばれる見込客のリストを獲得する必要性、方法はコチラの記事から確認してください。
リスト(リード)獲得を加速する!最新手法とその実践方法

Web広告戦略で集客を倍増させる

おわりに

Web広告は中小企業や小規模事業者にとって、事業拡大のカギを握るツールです。
その効果を最大限に引き出すためには、広告の作成プロセスが非常に重要になります。
ターゲットオーディエンスの注意を惹き、興味を喚起することで、望む行動を促すことが可能です。
適切な戦略とテクニックを駆使することで、Web広告はその潜在力を最大限に発揮し、顧客獲得へと繋げることができるのです。

利益倍増テクニック100プレゼント