横浜のチラシデザインと動画制作編集屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

商品名の決め方で売上は大きく変わる

, …
2024 views
約6分
商品名の決め方で売上は大きく変わる

はじめに


まだまだ人気の「パンケーキ」。
だいぶ落ち着いてきたもののまだまだ行列の絶えないお店はたくさんあります。
生クリームやフルーツ、チョコレートソースなどがかかったデザート。
とってもカラフルで美味しそうなパンケーキ。
Instagramなどの写真投稿サイトでよく見かけます。
さすがに、かなり食欲を刺激されてしまいます。
やはり、一度は食べてみなきゃ、って思います。
「パンケーキ」って商品名がそそられますよね。
商品名の決め方で売上って大きく変わるなあと思います。

パンケーキっていっても、、、


今更ですが、パンケーキって、実は、、、「ホットケーキ」です。
何を当たり前のことを、と思われるかもしれません。
「ホットケーキ」って言うと、ちょっと安っぽい感じしませんか?
時代の違いでしょうか。
ワタクシの子供時代はホットケーキ全盛だったような気がします。
ホットケーキのミックス粉が必ず自宅に常備されていました。

ちょっと空腹を満たすオヤツタイムはカンタンなホットケーキ。
確か小学校4年生のとき、日本製粉の工場に社会科見学に行きました。
そして、お土産にホットケーキミックスの粉をいただきました。
美味しい美味しいと食べていました。
しかし、、、
続くのです。
ホットケーキが続くのです。
ホットケーキは粉モノだからミックス粉も安いのです。
、、、ということで日々ホットケーキを食べていました。
それで、案の定飽きてしまいました。

パンケーキは新種のデザートか??


そして、パンケーキの流行りに乗ろうと4〜5年前、行列に並びました。
たまたま、空いてたので大して待つこともなかったのが幸いでした。
んで、パンケーキをオーダー。
当時の写真引っ張り出しました。
コチラ
↓↓↓↓
pan_cake
もう、ビジュアルで美味しいに決まってます!
張り切って食べました。
一口目で、
、、、、
ん???コ、コレは、、、
、、、昔の味なんです。。。
生クリームとフルーツが頑張ってるんですけど、
ホットケーキなんです。
やっぱり
パンケーキ=ホットケーキ
なんです。
ジブンと同じ思いをしてるヒトはたくさんいるのではないでしょうか?
大量消費の時代に生まれ育った世代は、ホットケーキをバカ食いしています。
パンケーキ狂騒曲です。

言い方、呼び方を変えるだけで爆発する


結局、何が言いたいかといえば、
言い方、呼び方を変えるだけで違った現象が起きると言うことなんです。
ホットケーキをパンケーキと呼ぶことにした。
それだけなんです。
パンケーキと呼ぶことにして、新たなデザートをイメージさせることに成功したのです。
あれだけの行列を作り出すパワー。
まんまとワタクシ、ひっかかってしまいました。
シンプルですが、すごいことだと思います。
呼び方を変えるだけで新たな市場を創造したのです。
すごくビジネスのヒントが隠されていると思います。
マーケティングの手法の一つです。
同じ商品を別名で販売することにより、いろんな顧客層にアピールすることができます。
顧客には意外なワードがヒットする場合があります。
そして、近年は検索グセがついている人々が大勢います。
検索にヒットさせるためにもいいワードを押さえるべきなのです。

カンタンにできるケーキ


結局パンケーキはホットケーキなんです。
しかし「パンケーキ」と呼ぶことで高単価の商品として生まれ変わることができたのです。
もちろん一手間も二手間もオペレーションを増やしていることが前提となっています。
パンケーキ屋さんで調理作業している人数はとても多いのです。
ある会社が粉に水を加えるだけでケーキが作れるというケーキミックスを開発しました。
しかし、当時の主婦からの人気は今ひとつだったのです。
その理由が、、、
あまりにも簡単すぎて手抜きをしているのではと罪悪感を感じてしまうということだったのです。
その解決策が、水を入れるだけでなく卵を割る作業も追加してあえて主婦の作業を増やしてオペレーションを多くしたのです。
高級ホテルがおもてなしを多く体感させたいために、ホテル構造を複雑にし、トイレを見つけにくくしたのと同じですね。
それによって顧客の満足度が上がっていくのです。
なんでもカンタンに、シンプルにが定説となっている世の中ですが、人々は感情で動いています。
その感情をうまく汲み取っていくことが儲ける秘訣となるのです。


商品名をつける


商品は『ネーミング』が9割と言われるくらい重要です。
逆に言うとネーミングさえ秀逸であれば売れることは間違い無いのです。
例えば、「投資zoomセミナー」って聞くとなんか難しそうで全く興味が湧きませんよね。
投資オタクとかであれば別ですが、投資に興味ない普通の主婦なんて見向きもするはずがありません。
でも、これが例えば、
『お小遣い程度でも稼げる zoomセミナー』
だったら、どうでしょうか?
主婦の人でも、一回話聞いてみようかなと思うはずです。
世の中を見渡せば、商品名を変えただけで(商品を変えなくても)売上がドンと伸びた事例はたくさんあるのです。
例えば、、、
「モイスチャーティッシュ」という名前で売っていたティッシュは、『鼻セレブ』という名前に変えて、売上はなんと10倍にもなったのです。
「フレッシュライフ」という名前の靴下は、『通勤快足』という名前に変えて、コチラも売上上昇。
「缶煎茶」という名前の缶入りのお茶は、『お〜いお茶』という名前に変えて、ご存知緑茶業界でNo.1商品になり、ギネス世界記録にもなったのです。
モスバーガーの新しい食パンは一斤600円ですがバカ売れしています。
その理由がネーミングにあります。
『バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン』です。
大手でもこれくらいのことをやっています。
なおさら個人店がやらない理由はないですね。
これらは、全て、商品の中身は一切変えず、商品名だけを変えて、上手く行った事例なのです。
すごくないですか?
商品名やサービス名の決定には、もっと時間とエネルギーをかけなければいけないなと感じますよね。

呼び方変えてコイツも、、


そうそう、呼び方変えてヒットしているのって他にもあります。
ワタクシの田舎のご当地グルメのコレ!

そう「焼きカレー」。
、、、、
これって、、、「カレードリア」でしょ!?
カレードリアの呼び方変えただけでしょ!?
それでご当地クルメにまでしてるって、もはややりすぎ!
でもコレが「売り方」なんですよね!

おわりに


パンケーキ、、、っていいワードです。
なんか食感が気持ち良さそうじゃないですか?
イメージが先行して期待値が高まります。
期待値以上の商品を提供することはなかなか困難です。
しかし、顧客を刺激するきっかけを作って背中を押してあげることが初期段階として重要です。
商品名の決め方って重要ですよね。
同じ商品でもネーミングで売上が格段に変わってくると言うのを覚えておきましょう。

Comment On Facebook