チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

パンケーキ、パンケーキって行列に並んでるけど、実は、、。

239 views
約 4 分




はじめに


 

近年、はやりの「パンケーキ」。

だいぶ落ち着いてきたもののまだまだ行列の絶えないお店はたくさんあります。

生クリームやフルーツ、チョコレートソースなどがかかったデザート。

とってもカラフルで美味しそうなパンケーキ。

Instagramなどの写真投稿サイトでよく見かけます。

さすがに、かなり食欲を刺激されてしまいます。

やはり、一度は食べてみなきゃ、って思います。

 

パンケーキっていっても、、、


 

今更ですが、パンケーキって、実は「ホットケーキ」です。

何を当たり前のことを、と思われるかもしれません。

「ホットケーキ」って言うと、ちょっと安っぽい感じしませんか?

時代の違いでしょうか。

ワタクシの子供時代はホットケーキ全盛だったような気がします。

ホットケーキのミックス粉が必ず自宅に常備されていました。



ちょっと空腹を満たすオヤツタイムはカンタンなホットケーキ。

確か小学校4年生のとき、日本製粉の工場に社会科見学に行きました。

そして、お土産にホットケーキミックスの粉をいただきました。

美味しい美味しいと食べていました。

しかし、、、

続くのです。

ホットケーキが続くのです。

ホットケーキは粉モノだからミックス粉も安いのです。

、、、ということで日々ホットケーキを食べていました。

それで、案の定飽きてしまいました。

 

パンケーキは新種のデザートか??


 

そして、パンケーキの流行りに乗ろうと4〜5年前、行列に並びました。

たまたま、空いてたので大して待つこともなかったのが幸いでした。

んで、パンケーキをオーダー。

当時の写真引っ張り出しました。

コチラ

↓↓↓↓

pan_cake

もう、ビジュアルで美味しいに決まってます!

張り切って食べました。

一口目で、

、、、、

ん???コ、コレは、、、

、、、昔の味なんです。。。

生クリームとフルーツが頑張ってるんですけど、

ホットケーキなんです。

やっぱり

パンケーキ=ホットケーキ

なんです。

ジブンと同じ思いをしてるヒトはたくさんいるのではないでしょうか?

大量消費の時代に生まれ育った世代は、ホットケーキをバカ食いしています。

パンケーキ狂騒曲です。

 

言い方、呼び方を変えるだけで爆発する


 

結局、何が言いたいかといえば、

言い方、呼び方を変えるだけで違った現象が起きると言うことなんです。

ホットケーキをパンケーキと呼ぶことにした。

それだけなんです。

パンケーキと呼ぶことにして、新たなデザートをイメージさせることに成功したのです。

あれだけの行列を作り出すパワー。

まんまとワタクシ、ひっかかってしまいました。

シンプルですが、すごいことだと思います。

呼び方を変えるだけで新たな市場を創造したのです。

すごくビジネスのヒントが隠されていると思います。

マーケティングの手法の一つです。

同じ商品を別名で販売することにより、いろんな顧客層にアピールすることができます。

顧客には意外なワードがヒットする場合があります。

そして、近年は検索グセがついている人々が大勢います。

検索にヒットさせるためにもいいワードを押さえるべきなのです。

 

おわりに


 

パンケーキ、、、っていいワードです。

なんか食感が気持ち良さそうじゃないですか?

イメージが先行して期待値が高まります。

期待値以上の商品を提供することはなかなか困難です。

しかし、顧客を刺激するきっかけを作って背中を押してあげることが初期段階として重要です。

 

 












Comment On Facebook