横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

チラシデザインを横浜で検討中なアナタは必読!

231 views
約14分
チラシデザインを横浜で検討中なアナタは必読!

チラシデザインを横浜でお探しなら、まずはコチラの記事を読んでから行動に移しましょう。
あなたがイチバン不安なのが、
どんなデザインに仕上がるだろう?
金額は高くないか?

の2点に集約されるでしょう。
チラシデザインに失敗しないように、横浜でしっかり根を張っている人にお願いしましょう。

チラシデザインは横浜の会社・クリエイターに

最終的なチラシが完成するまでには、「チラシデザイン」と「印刷」という2工程があるわけです。
その2工程のうち
「チラシデザイン」だけをお願いするのか?
いや、
「チラシデザイン」と「印刷」の両方をお願いするのか?
によっても選ぶ会社が変わってきます。
まず、どんなところでデザインをしてくれるのかを列挙します。

チラシデザインのみ、印刷まで、メリット・デメリット

では、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

チラシデザインのみ

メリット:クオリティに期待できる
デメリット:印刷会社をまた探さなくてはいけないので面倒

チラシデザイン→印刷完成まで

メリット:一箇所で印刷までやってくれると管理がラク
デメリット:印刷で儲ける傾向が強いので、たいていデザインのクオリティが劣る

もちろん、他にも色々とありますが、それぞれ強みと弱みがあります。
しかし、最近はアメリカ同様個人クリエイターの影響力が増しており、日本もそうなってきています。
実力のあるクリエイターが巷では低コストで請け負っている可能性があるのです。

クリエイター

チラシをデザインする横浜の事務所・会社は?

チラシをデザインする横浜の事務所・会社はどこがいいんだろう?
そう思ってまずは普通に「チラシデザイン 横浜」で検索すると、、、
コチラのようなサイトが出てきます。

、、、といってもコチラに紹介されている会社8社は「アイミツ」というサイトに登録している会社から選んだ8社なので、おすすめと言われても、、、ですね。
こういったデザイナーだけを集めたサイトは情報の偏りがあるのでやはりご自分で探された方がいいかなと思います。
ホントに安心なデザイン事務所の探し方はコチラの記事をご覧ください。

どこのデザイン会社、もしくはクリエイターに依頼すればいいのか?
そのノウハウをコチラの記事でお伝えしています。

チラシデザインを横浜で依頼する理由

チラシデザインを横浜で検討中のアナタは横浜市内で地元のクリエイターをお探しですか?
それとも、横浜の洗練されたクリエイターをお探しでしょうか?
どちらにしろ、横浜という競合の激しい地域のクリエイターは結果を出さないと生き残れません。
が故に実力はどこの地域よりもあるに違いありません
横浜のクリエイターの違いもありますが、下記事項も検討内容に含めると、なおいいクリエイターさんに出会えるでしょう。

プロモーション連携も考えて!

ワンストップ(1箇所)で全て完結するとラクでいいでしょう。
チラシはA社、ホームページはB社、動画はC社、、、というように媒体別で別々の会社に依頼してしまうと管理がタイヘンで効果も半減してしまうのはやむを得ないでしょう。

オンライン(デジタル)プロモーション連携

チラシデザインで使用したデータを使用して動画やホームページを作るのは非常に効率的です。
データの受け渡しがなくなるだけでも非常に大きなメリットです。
トンマナ(広告やWeb制作のデザインにおいてコンセプトや雰囲気に一貫性をもたせること)もすでにクリエイターが理解しているのは非常にスピーディーです。
何よりも伝えるのが難しい内容をまた伝え直す必要がないのがメリットです。
デザインというのは「こうしてくれ、、、」と伝えるのは抽象的になりがちなので非常に難しいのです。

オフライン(アナログ)プロモーション連携

このデジタル時代に未だ最強と言われている販売促進ツールがDM(ダイレクトメール)なのです。
そんな最強ツールとチラシデザインと組み合わせてプロモーションしないてはありません。
コチラがDMを戦略的に使用した場合の記事になります。

こういった提案ができないと横浜でチラシデザインするだけではやっていくのは難しいでしょう。

チラシデザインは横浜の地域性を重視

あなたのビジネスが横浜で展開しているなら迷わず地元横浜のクリエイターにお任せしましょう
なんといっても近くにいるという安心感から地元がいいですよね。
もちろん、横浜という地域性もあります。

この地域は進学校があり、とても落ち着いて環境がよく、中流層以上が居住しているので客単価が上がる場所である、とか、、、
ある地域は昔ながらの下町で高齢層が多いのでデジタル販促よりアナログ販促のチラシの方が効果あり
、、、とかですね。

横浜はエリア別に特性がある

こんな横浜エリアの特性を掴んだデザインを手掛けてると安心ですよね!
横浜にはエリア別にイメージや居住者の行動様式に違いがあります。
横浜の人ならこれは理解できるのではないでしょうか?
以下が、横浜をそれぞれ特性が感じられるエリア別に分けています。
この横浜の12エリアの特性を理解してチラシデザインできることが欠かせないでしょう

みなとみらいエリア
関内・桜木町エリア
横浜西口エリア
横浜東口エリア
中華街エリア
山手エリア
本牧エリア
新横浜エリア
たまプラ・あざみ野エリア
金沢エリア
横浜郊外エリア

鶴見・川崎エリア(一部川崎)

例えば、コチラは女性が利用するエステの来店客のイメージから大別しています。

A. 横浜西口エリア 横浜で遊ぶ若者系
B. 横浜東口エリア そごうの帰りにお気軽奥様系
C. 桜木町エリア おしゃれな通勤OL系
D. 関内エリア トップレディも足繁く通う系
E. 中華街エリア 東洋医学を駆使した系
F. 元町エリア 山手に住むハイソなマダム系

A〜Fはたったの半径3kmほどしかありません。
そんな狭い範囲にこれだけの特性を持った人達によって棲み分けされているのが「横浜」なのです
ひとえに「チラシデザイン」といっても、肝心の集客に関して言えばカンタンではないのです。

横浜の地形の要素も

横浜の中でもさらに細かくミクロ視点で見ていきましょう。
不便なところと便利なところでは購買要素が大きく違います。
例えば、坂の上の方に住んでいる方はネットスーパーを利用するし、出前を利用する頻度も多いのです。
海が近いところに住んでいる人は潮風に悩まされるので、錆びにくい商品を購入します。
そういった地形の要素も理解していないとチラシデザインに活かすことができません
どうですか?
普通のクリエイターか地元のクリエイターか、これだけでも大きな違いがありますよね!

横浜は多様性も重視

現代社会は「多様性」が叫ばれています。
なかでも横浜は特に多様性の豊かな地域なのです。
多様性を受け入れ、別訴求してみることも大切です。
「人種」や「文化」など色々な多様性が存在しています。
それによって人々の消費スタイルは大きく違います。
性別/年齢/人種/言語/体型/肌の色/宗教/食習慣/障害/収入/利き手/ライフスタイル
他にもいろいろとカテゴリが存在します。
食事だけでも大きく違います。イスラム向けの「ハラル」食品は有名ですね。
そんな多様性を受け入れてチラシデザインに活かすことができるクリエイターが横浜では望まれています。

性別/
年齢/
人種/
言語/
体型/
肌の色/
宗教/
食習慣/
障害/
収入/
利き手/
ライフスタイル

横浜の五感を刺激させるチラシデザインを

購入意欲を出させて購入させることを目的とするなら「五感」を刺激することが販売テクニックにつながります。
そんなチラシをデザインできなければ意味がないでしょう。
それができるのは横浜にいるごく一部のクリエイターに限られます
当然、横浜の空気感や雰囲気、環境を長年肌から感じ取っていることによってできることなのです。
そんなクリエイターが演出し、五感を刺激するであろうチラシデザインは横浜だけなのです。
横浜の匂い、横浜の景色、横浜フード・ドリンクの味、、、など、感覚を刺激しているから横浜オリジナリティが求められるのです。

横浜プライド

横浜の人は良くも悪くもプライドが高いのです。
それは横浜を愛してるがゆえにそう思うのです。
そんな横浜プライドを尊重するようなデザインができることが望まれます
プライドを満たし、チラシが望む結果も出さなければいけません。

横浜ブランド

横浜発祥のブランドというのは非常にたくさんあります。
みなさんお馴染みのブランドですね。

・バッグのキタムラ
・ポンパドール
・スタージュエリー
・崎陽軒


横浜で商売している方はそんなブランドに自分もなりたいと考えています。
そこでデザイナーの登場です。
クリエイターであるデザイナーはブランディング要素も必要となります。
そんなブランディングもできるデザイナーがチラシデザインといえども必要なのです。
クリエイターを探すなら、コチラの記事に書かれているようなブランディングができることです。

横浜でビジネスをしているというだけでブランディングになるわけです。
ヒストリーからオリジナルのストーリーを構築しブランドに仕上げることが重要です。
その強みにさらに磨きをかけることができるのが優秀なデザイナーであり、チラシデザインなのです。

中華街

横浜でのチラシデザイン成功の秘訣

横浜でビジネスを展開する中小企業や小規模事業者にとって、効果的なチラシデザインは集客とブランド認知の強力なツールです。
しかし、成功への道は単に美しいデザインを作ること以上のものを要求します。
ここでは、横浜でのチラシデザイン成功のための3つの重要なポイントを掘り下げます。

地域密着型デザインの力

横浜はその多様性と地域ごとの独自性で知られています。
地域密着型デザインは、この地域特有のニーズと価値観を理解し、それをデザインに反映させることで、ターゲットオーディエンスとの強い結びつきを築きます。
例えば、みなとみらいの洗練された雰囲気を反映したデザイン、古き良き横浜の情緒を感じさせる伝統的なデザインなど、地域の特性を活かしたチラシは受け手に強い印象を残し、反応率を高めることができます。

成功事例に学ぶデザイン戦略

横浜で成功を収めたチラシデザインの事例を分析することは、自社の戦略を練る上で非常に有益です。
成功事例からは、ターゲット市場の嗜好、効果的なコピーライティング、視覚的要素の使い方など、重要な学びを得ることができます。特に、地元横浜の文化やイベントを取り入れたデザインは、共感を呼び、地域コミュニティ内での口コミを促進します。

コストパフォーマンスを最大化する印刷テクニック

チラシのデザインが完璧であっても、印刷の質やコストパフォーマンスが悪ければ、その効果は半減してしまいます。
高品質ながらコストを抑える印刷テクニックには、適切な紙質の選択、印刷業者との長期的なパートナーシップによる割引の交渉、デジタル印刷とオフセット印刷の適切な使い分けなどがあります。
また、チラシのサイズや形状を工夫することで、郵送コストを削減し、配布の効率を上げることも可能です。

横浜でのチラシデザインは、ただ目を引くだけではなく、地域性を反映し、ターゲットに響く内容でなければなりません。
地域密着型デザインの力を活かし、成功事例から学び、印刷のコストパフォーマンスを最大化することで、横浜でのビジネス成功へとつながるチラシを制作することができます。

横浜のビジネス環境とチラシデザイン

横浜はその独特の文化と経済環境で知られており、地元のビジネスには無限の可能性が広がっています。
しかし、その潜在能力を最大限に引き出すためには、横浜特有の市場ニーズを理解し、競合と差別化できるデザイン戦略を立て、持続可能なブランドを構築することが不可欠です。
この記事では、横浜でのチラシデザインを成功させるための重要なポイントを解説します。

横浜特有の市場ニーズを捉える

横浜市場のニーズを捉えることは、効果的なチラシデザインの第一歩です。
横浜は商業、観光、文化が融合する多様な都市であり、その市場は非常に細分化されています。
例えば、みなとみらい地区では若者向けのトレンド商品やサービスが、山手や元町エリアでは高級感あふれる商品やサービスが求められます。
このように、地域ごとの特性を理解し、ターゲットに合わせたメッセージをデザインに盛り込むことが重要です。

競合と差別化するデザインのポイント

横浜のビジネス環境では、競合との差別化が成功の鍵を握ります。
チラシデザインで差別化を図るには、独自のビジュアルアイデンティティの確立が必要です。
色使い、フォント選び、画像のスタイルなど、一貫性のあるデザイン要素を用いることで、ブランドの認知度を高め、ターゲットの記憶に残りやすくなります。
また、競合のデザインとは異なる独自のコンセプトやキャッチコピーを考えることも、効果的な差別化戦略となります。

持続可能なブランド構築への道

持続可能なブランド構築は、一度のキャンペーンやプロモーションにとどまらず、長期的な視点で取り組む必要があります。
チラシデザインにおいては、地域社会への貢献や環境への配慮など、社会的責任を示すメッセージを取り入れることで、ブランドの信頼性と好感度を高めることができます。
さらに、定期的にデザインを更新し、新鮮さを保ちつつも、ブランドイメージは一貫して維持することが重要です。

横浜でビジネスを展開する企業にとって、チラシは依然として有効なマーケティングツールです。
横浜特有の市場ニーズを捉え、競合と差別化するデザインを実現し、持続可能なブランド構築に努めることで、ビジネスの成功を加速させることができます。
これらのポイントを踏まえたチラシデザインは、横浜の多様な市場で企業のメッセージを効果的に伝えるための鍵となるでしょう。

チラシデザインを横浜で他にもこんな要素が必要

コピーライティングも

当然ですが、チラシデザインにはテキストがたくさん入ります。
なので、もちろんキャッチーな言葉が必要になります。
そこで「コピーライティング」です。
コピーライティングも特別な技術です。
コレ一つで集客は大きく変わります。
是非ともコピーライティングのできるクリエイターに依頼しましょう。

いろんな提案ができるか

横浜でビジネスを展開するということは激しい競争にさらされているということです。
なんら東京都心と変わりはありません。
さらに横浜は居住地としても人気があるので東京都心より競争が激しい業態はいくらでもあります。
横浜の元町商店街はブランド力がありますが、チャーミングセールと呼ばれる定期的なセールしか売り上げが取れないお店も多いのです。
ではなぜそこでビジネスをするのかというと「ブランディング」なのです。
やはり港町横浜で箔をつけたいのです。
ワタクシも同じ思いから横浜出店にチカラを注いだものです。
そんなレッドオーシャンでビジネスをする人たちにあらゆる提案をするチカラがデザイナーにあるかどうかというのも横浜でチラシデザインするなら考えなければいけません
かっこいい、キレイばチラシデザインならネットで探せばいくらでもできる方はいます。
チラシが求める結果に対していろんな提案をできるか、までが横浜でのチラシデザインとなるのです
では、例えばどんな提案なのでしょうか。

例)提案1 . 一人贅沢の「ぼっち消費」を狙う

横浜のある地域は単身者世帯の比率が高いのです。
独身など1人で優雅な消費体験コースなどを新設するのもいいでしょう。
以下がぼっち消費例です。
・「焼肉ライク」
・「一蘭」
・「プチっと鍋」

例)提案2 . まずは子供が来やすくする

横浜の若い世帯の多い港北ニュータウンなどは子供をまずは遊脚するような仕掛けが重要です。
チラシに「駄菓子つかみどり」などのキャンペーンを掲載し、子供をダシに大人を呼び寄せましょう。
クルマやアウトドア商品なんかにいいでしょう。

横浜の地域性をチラシデザインに活かし方まとめ

色々と横浜の地域性をチラシデザインに活かす方法を列挙しましたが、最後にまとめさせていただきます。

ターゲットや目的を明確にする

まず、ターゲットや目的を明確にしましょう。
ターゲットとは、チラシを受け取る人のことです。
目的とは、チラシを配布することによって達成したいことです。
ターゲットや目的を明確にすることで、横浜の地域性をどのように活かすかを検討しやすくなります。

横浜の地域性をイメージ化する

次に、横浜の地域性をイメージ化しましょう。
横浜の地域性には、多様性、利便性、自然などさまざまなものがあります。
ターゲットや目的に合わせて、どのような地域性をイメージ化するかを考えましょう。

デザインに落とし込む

イメージ化した地域性を、デザインに落とし込みましょう。
具体的には、以下の方法が挙げられます。

・写真やイラストを使って、横浜の地域性を表現する
・ 色やフォントなどのデザイン要素を使って、横浜の地域性を表現する
・地域の歴史や文化をモチーフにしたデザインにする

ターゲットや目的に合ったデザインにする

ターゲットや目的に合ったデザインにすることも重要です。
たとえば、観光客をターゲットとする場合は、横浜の観光スポットをアピールするデザインにするとよいでしょう。
また、ビジネスをターゲットとする場合は、横浜の利便性をアピールするデザインにするとよいでしょう。

具体的な例としては、以下のようなデザインが挙げられます。

  • 中華街をイメージした、赤や黄色を基調としたデザイン
  • みなとみらい21をイメージした、高層ビルや海をモチーフにしたデザイン
  • 山下公園をイメージした、緑や海をモチーフにしたデザイン

横浜の地域性をチラシデザインに活かすことで、ターゲットの興味や関心を引きつけ、より効果的な広告活動を行うことができます。

横浜でチラシをデザインするなら日本一店長のアイシープへ

過去に横浜で飲食店を展開していたワタクシ”日本一店長”は横浜にもちろん詳しいわけです。
もちろん現在も横浜に在住です。
ヨコハマ地域の特性を掴んでおります
足で歩き、地域の特性を掴み売上日本一の店長になった実績でアナタのビジネスをサポートさせていただきます。
チラシデザインを横浜でとお考えの方、お気軽にご連絡くださいませ。

利益倍増テクニック100プレゼント