横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

ホームページリニューアルの進め方

, …
308 views
約6分
ホームページリニューアルの進め方

ホームページを作ったはいいけどリニューアルしたいな、、、というニーズは非常に多いです。
やはりそれなりのホームページになってしまったな、、、とリニューアルの依頼がワタクシの元に来ることも多いのです。
そんなリニューアルもコツがあります。
最小の努力で見栄えを良くする方法があります
それをご紹介していきます。

wordpressテーマを使用しているなら

wordpressを使っているなら既存のテンプレートであればそこそこ見栄えのいいサイトになるものです。
大きな会社のホームページでなければ、きちんと情報が整理されているだけで十分です。
大切なところは、見せたい箇所は丁寧に作ることなのです。

リニューアル

画像をきれいに作る

まず、商品の画像をキレイにしましょう。
ご存知のように、本の表紙などは相当な時間とお金をかけて作っています。
表紙によって売上が大きく変わることを知っているからなのです。
本の内容と同じくらい表紙に時間やお金、労力をかけています。
ネットでの販売では、本屋で本を選ぶときとは違い、実物を見ることが出来ないので、なおさら、「画像」が重要になってきます。
ネットでは、その「画像」が、商品そのものと同じくらい重要になるわけです。
なので、どんなに良い商品を扱っていても、お客さんがwebページで商品の画像を見て「なんかショボいな」と思われたら、当然価値はうまく伝わりません。
これは、物販をされている方はもちろんですが、電子書籍やビデオコースなどの、コンテンツを販売するときも同様です。
お客さんは、その「商品画像」のクオリティで、「商品そのもの」のクオリティを判断しているという事実があります。
良い商品を持っているなら、それをしっかりと伝えるまでがあなたの仕事に相当するのです。
プロにお願いして、画像をキレイにしてみてはいかがでしょうか?
きっと、反応は大きく上がるでしょう。
例えば、ランサーズやクラウドワークス、coconalaを使えば、プロのカメラマンや、経験豊富なデザイナーに、数千円〜数万円で仕事が依頼出来るので、ぜひ、「商品画像」には、しっかりとお金をかけて、しっかりと作ってみてください。
逆に言えば、画像をしっかりとしたものにすればwebページ全体が締まってキレイに見えてくるものなのです。
これはチカラを入れないわけにはいかなくなりますよね。

バナーもきれいに作る

画像はもちろん、バナーもきれいに作るとホームページのアピールポイントがはっきりします。
コチラのバナーなんてどうですか?
やはり、作り方次第で反応も大きく変わるし、ホームページを見ている人の視線を吸い寄せることができます

利益倍増テクニック100

コツは本の表紙です。
ビジネス本の表紙は参考になります。
売れている本の表紙を参考にしましょう。
amazonで検索すれば当然売れているビジネス本はたくさん見ることができます。
是非とも、参考にバナーを作ってみてはいかがでしょうか。

ホームページのリニューアルのコツ

ホームページのリニューアルは、単に見た目を変えるだけでなく、目的やターゲットを明確にして、ユーザーにとってより使いやすく、価値のあるものにする必要があります。
以下に、ホームページリニューアルのコツをご紹介します。

1. リニューアルの目的と目標を明確にする

ホームページリニューアルの目的は、大きく分けて以下の3つです。
・集客力アップ
・売上アップ
・ブランディング

目的を明確にすることで、リニューアルの方向性が決まります。
また、目標を定めることで、リニューアルの効果を測定しやすくなります。

2. ターゲットを明確にする

ホームページを訪れるユーザーは、誰をターゲットにしているのかを考えましょう。ターゲットによって、必要なコンテンツやデザインが変わってきます。
ターゲットを明確にするには、以下の情報を整理します。
年齢
性別
職業
興味・関心
課題

3. 現状分析を行う

現在のホームページを分析することで、リニューアルの方向性を決めるヒントを得ることができます。
分析する項目としては、以下のようなものが挙げられます。
アクセス解析
お問い合わせ内容
SNSの反応
競合サイトの分析

4. コンテンツを充実させる

ホームページの目的やターゲットに合わせて、必要なコンテンツを充実させましょう。
コンテンツは、以下の3つの要素を意識して作成します。
ターゲットにとって有益な情報
読みやすく、わかりやすい文章
見やすい、わかりやすいデザイン

5. デザインを整える

ホームページのデザインは、ユーザーの印象を大きく左右します。
デザインは、以下の3つの要素を意識して作成します。
ターゲットの好みやトレンドに合ったもの
ホームページの目的やターゲットに合ったもの
読みやすく、わかりやすいもの

6. 使いやすさを向上させる

ホームページは、ユーザーが使いやすいように設計する必要があります。
使いやすさを向上させるためには、以下のポイントを押さえましょう。
わかりやすいナビゲーション
読みやすいフォントやレイアウト
高速な表示速度

7. 検索エンジン対策を行う

ホームページを検索結果の上位に表示させるためには、検索エンジン対策を行う必要があります。
検索エンジン対策を行うためには、以下のポイントを押さえましょう。
適切なキーワードの選定
コンテンツの充実
内部リンクの充実

8. 予算を決める

ホームページリニューアルには、費用がかかります。予算を決めることで、リニューアルの範囲や内容を決めることができます。
予算を決める際には、以下の費用を想定しましょう。
制作費
ドメイン取得費
サーバー利用費
広告費

9. 納期を決める

ホームページリニューアルには、一定の期間が必要です。納期を決めることで、スケジュールを立てることができます。
納期を決める際には、以下の点を考慮しましょう。
制作会社や制作者のスケジュール
制作内容の複雑さ
テスト期間

10. リニューアル後の運用も考える

ホームページリニューアル後も、定期的にアクセス解析を行い、効果を測定する必要があります。また、コンテンツの更新や改善も継続的に行うことで、ホームページの価値を高めることができます。
上記のコツを押さえて、ホームページリニューアルを成功させましょう。

ウェブリニューアル

効果測定を忘れずに

ホームページの見た目改善効果も忘れずに効果測定しなければ何の意味もありません。
サイトの滞在時間がページの見やすさに比例します。
きちんと情報が整理されていれば、いろんなページを閲覧して自然と滞在時間が増えるものです。
GoogleAnalyticsでしっかりと調べておきましょう。

おわりに

要点をしっかり押さえれば、見た目もキレイなホームページになります。
「ブランディング」という観点からも問題なく、視聴者の滞在時間も増えていくことでしょう。

利益倍増テクニック100プレゼント