横浜のチラシデザインと動画制作編集屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

【最新版】「google tag manager」をwordpressに入れるときは子テーマが必須

1977 views
約3分
【最新版】「google tag manager」をwordpressに入れるときは子テーマが必須




はじめに


Google Tag Managerの設定はタイヘンです。
そんなGoogle Tag ManagerのTIPSを備忘録としてやり方をメモしておきます。

LPでGoogle Tag Managerを設定


LPではA/Bテストが必須です。
計測するのは「コンバージョン」と「滞在時間」と「スクロール」です。
設定の方法は以下の通りです。




「Google Tag Manager」をwordpressに入れるときは子テーマが必須


最新のgoogle tag managerをwordpressで使用する場合、タグをhead内とbody内に挿入しなければいけません。
ワタクシの使用しているdigipressの「Fancie note」というテーマは設定ページでhead内挿入はできるのですが、body内挿入はテーマの編集メニューから行わなければいけません。
そうすると、テーマのアップデートとともにbody内挿入のタグは消えてしまいます。
これを防ぐためには「子テーマ」制作をしないといけません。

子テーマ追加

子テーマの追加はコチラから

style.cssfunctions.phpは上記記事と同様に作っていきましょう。
しかし、bodyタグへの記載は別途header.phpを作成しましょう。


タグを追加

body内挿入のタグはイマイチ場所がわかりづらいのが難点です。
google tag manager スクリーンショット

phpファイルを子テーマに持ってくるときの注意事項

これだけは気をつけよう!

PHPファイルは、空のファイルを用意するのではなく、既にコードが書かれている親テーマフォルダの中にあるPHPファイルをコピーして持ってくる。間違いやすいので気をつけよう。

1つ例外がある。”functions.php“というファイルだ。これは最重要ファイルだ。このファイルを操作する時は、style.cssのようにコードの書いていない空のfunctions.phpファイルを用意してchildフォルダの中にアップロードしよう。functions.phpを操作する時は、空のfunctions.phpファイルに必要なコードを追記していく。

注意:functions.phpの扱いは注意が必要だ。記入するコードを間違えると画面表示がおかしくなる事がある。気をつけよう。




Comment On Facebook