チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

【最新版】行列必至!おもしろマーケティングあれこれ

254 views
約 5 分
【最新版】行列必至!おもしろマーケティングあれこれ




はじめに



いろんな商品やサービスを販売する方法があります。
競合も多くなり売ることもカンタンではありません。
もちろん良い商品やサービスを提供するのは当たり前です。
でもそれだけではありません。
卓越したマーケティング手法が販売を制するのです。
その中で近年面白いマーケティングが登場してきていますのでご紹介していきます。

おもしろデリバリー


キャラデリバリー
ゆるキャラが自宅に料理をお届け!? フードデリバリーをエンターテインメントに

新型コロナウイルスによる飲食店のデリバリー&テイクアウト転換が面白いカタチに変化してきました。
暗い世の中を明るくしようと着ぐるみをまとってのデリバリーです。
配達を担当するキャラクターは、兵庫県尼崎市の非公認ご当地キャラクター「ちっちゃいおっさん」や、時事ネタのTwitter投稿で話題の「ましゅ」などのキャラクターたちです。
料理は、高級出張寿司で人気の「SUSHI+」のチラシ寿司や、世田谷のカフェレストラン「世田谷百貨店」のサンドイッチなどです。
「食べる」だけではなく、エンタメを取り入れてお客様を楽しませることはデリバリーでも可能だということを教えてくれるアイデアですね。

「ノー」と否定してみるマーケティング



ロレアルの「ノーシャンプー」が人気だそうです。
「ノーシャンプー」と言っても、シャンプーをしないわけではありません。
ロレアルによると、、、
毎日シャンプーで髪を洗う。
そんな、日本人にとって当たり前の習慣が、実は髪本来の美しさに影響を与えていたら?
ノーシャンプーとは、シャンプーを使わずに泡なしクリームで洗うこと。
3in1でヘアケア時間をもっと短く。
あなた史上最高のヘアケアを。
これからはNO SHAMPOOの時代へ。

こんな感じでノーシャンプーというライフスタイル自体をアピールしています。
何がスゴイって、、、今までシャンプーという商品をたくさん世に送り出していたのにそれを真っ向から否定しているわけです。
正確に言うとシャンプーを否定しているわけではないのですがノーと言うことで多大なインパクトを演出しています
ノーと言うことで興味を惹きつけることができます。

「はじめての、、、」マーケティング



アサヒグループ食品が「和光堂」ブランドで発売した1歳児から食べられる「はじめてのシリアル」。
ターゲットは1人で食べようとしだした1歳前後の子供。
目をつけたのはシリアル。
「はじめてのおつかい」はご存知大人気のTV番組。
語呂がよく、自然と手にとってしまう商品ではないでしょうか。
ネーミングがとても秀逸ですね。

「段階的な販売ステップ」マーケティング



「ヤマハ音楽教室」などの音楽教育事業を手掛けるヤマハ音楽振興会は、シニア層を主なターゲットとした新たなプログラムを開発し、大人向け音楽教室のグループレッスンの会員を募集しています。
1回60分のレッスンが月3回で月額税別9000円前後の料金となっており、ハードルを下げて、幅広い顧客の獲得につなげることに成功しています。
1960~80年代のフォークソングや歌謡曲を歌いながら、簡単なステップとハーモニーを楽しめるプログラム「青春ポップス」を展開しているとのこと。
楽譜が読めなくてもよく、90分が月2回で月額税別3500円と気軽に参加できる点が好評で、会員数は大幅に増えています。
ライト版から通常の大人向け音楽教室へのステップアップも見込んでいるところが秀逸です。
まずはライト版で広く会員を募集してステップアップして単価の高いコースへ誘引する
「フロントエンド」と「バックエンド」の関係を構築しています。

他にも市場を制するために大切なことやいろいろマーケティングアイデア


●顧客の発想をはるかに凌駕する発想が必要とする
●差別化では真似されるが独自化で真似のできないレベルにする
●中国で成功するために必要なのは今やネットワークでなく、ストラテジー(戦略)である
●中国よりもサービスに対する意識が低い米国。だが、米国のサービス業は属人的な能力に頼らずに、しっかりした仕組みを作ることによって高いパフォーマンスを上げている
●キャンセルをすぐできるのがポイント・・・フラッシュマーケティング
●楽天市場やamazonなどのプラットフォーム戦略
●顧客は理屈ではなく感情で動くことを忘れない
●出前は満足を買うのではなく、面倒くさいに焦点を合わせている。だからもっと楽できることに焦点をしぼる
●『20名の法則』・・・コミュニティは20名までは活性化する。
●誕生日マーケティング・・・誕生日は消費力が大幅にアップする。


おわりに



売るための努力と言っても、要は顧客にきちんと商品力を伝えることです。
しつこいようにいいタイミングで伝えること
おもしろい会社の商品だから期待するみたいなこともあります。
伝え方を磨くことが市場をリードするのです




Comment On Facebook