横浜のチラシデザインと動画制作編集屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

【マーケティングセールス】連日おじいちゃんおばあちゃんで満員御礼状態の街で見かける『〇〇トロン』って何??

25504 views
約6分
【マーケティングセールス】連日おじいちゃんおばあちゃんで満員御礼状態の街で見かける『〇〇トロン』って何??




はじめに


世の中にはいろんな商売やビジネスがあるものです。
そしていろんな販売方法を見ることができます。
スーパーやお店での販売、テレビ通販、クチコミ営業販売、ネット販売、、、などたくさんあります。
そこで、昔から気になっているものに、『〇〇トロン』というものがあります。
『コスモトロン』『ヘルストロン』『エナジートロン』『ドクタートロン』などなど、、、
聞いたことがないというヒトもいると思いますが、あなたの町で一度は目にしていると思います。
独特のマーケティングでセールスしているその方法を見ていきましょう。

変わった販売方法の『〇〇トロン』


こういうヤツです。
ヘルストロン
なんじゃコレ、、、という感じですが、「電位治療器」と呼ばれる健康医療機器だそうです。
この機械ですが、販売方法がちょっと変わっています。
全国各地の会場の「ハピネスプラザ」という体験会場での体験会を通して高齢者にアプローチする販売方法です。

こんな会場や、、、
ハピネスプラザ1
こんな会場、、、、
ハピネスプラザ2
気にしてないと気づかないでしょう。
そして、こんな会場に連日おじいちゃんおばあちゃんが集っているのです。

会場は連日おじいちゃんおばあちゃんで満員御礼状態


そんな不思議な光景を見たことないですか?
おじいちゃんおばあちゃんが満杯に入っていて一人のヒトのお話を講演みたいな感じで聞いているのです。
よっぽど人気あるんだなと昔から気になってはいました。
効果があって安くていい商品にちがいない!、、、、
そう、思ってましたが、どこにも価格の記載がありません。
一体いくらくらいする商品なのでしょうか?

〇〇トロンのお値段は軽自動車と同じ??


見つけました見つけました!
○○トロンをたくさん取り扱う代理店に記載がありました。
高いものでは80万円近いです。
美容と健康はお金で買う時代です。
この業界は価格の値付けがはっきりしないものが多くてちょっと疑心暗鬼です。
にしてもお年寄りにこんな高価なものを販売していることがちょっと恐ろしい。。。
それがいい商品であったとしてもです。
きっと原価は低いのだとは思います。
しかし、研究開発費の負担は大きかったのでしょう。
だからこれだけの値付けの正当性があるのかもしれません。
実際、上部掲載の写真には1928年に博士が開発と書かれています。
歴史が長いのはそれ相応の治療回復者がいたからこそだとは思います。
確かに落雷で特殊能力を得たりするという実話もたくさんあります。
電気のチカラで病状が回復なんてことは十分にあり得ることなのでしょう。
もちろん個人差はあるよということなのでしょうね。
でもこの電位治療器が登場して、随分と年数が経過しています。
そろそろ100年です。
これだけの年数が経過していれば廉価版の安い商品が出回ってきてもいいはずです。
しかし、値崩れが起きていないのです。

売れているからこその販売方法


確かに美容・健康に関わる商品はサロン等で体験方式で販売していることが多いのが現状です。
売っている側としても怪しく思われることを前提にそれを払拭しようとしているのです。
ヒトによって効果が出たり出なかったりが当然の業界なので体験会を実施しているのでしょう。
そして実際に売れているからこそ、この販売方法と商品は長く継続しているのです。
恐るべし〇〇トロン。
ところで、効果はホントにあるのか!?と言ったところが非常に気になるところでしょう。
それは、、、やはり個人差があります。
健康関連の商品はだからなくならないのでしょう。
効果がないのは個人差で治らない人がいるのも当然だと結論づけてしまうことができるからなのです。
しかし、実際に効果がある人も相当数いるので詐欺とは呼べないところでしょうか。
クスリと同じですもんね。
そして高齢化が急スピードで進む日本では需要は止まることはないのでしょう。
しかし、マーケティングの視点からこの販売方法はとても興味深いです。
きちんと試験的に使用していただいて気に入ったら購入していただくという点では文句の言いようがありません。
だからはっきり言って高額であろうと金額は一切関係のないことなのです。
そして、おじいちゃんおばあちゃん達がカラダの痛みで苦しんでいるところに痛みが和らいでくるというのは何者にも変えがたい程の嬉しさなのです。
なので良心的な販売方法と言えばそうなのです

セールスは主導権


セールスをしているとお客さんに反論されることがしばしばあります。
その都度動揺していればいつまで経っても販売が伸びることはありません。
その点セミナータイプによるセールスに反論はありません
たまにヤジみたいなのが飛び交うことがあるかもしれませんがやはりそれはヤジなので気にしなくてもいいでしょう。
2人で対面営業だと反論も多くなります。
重要なのは、このセールス段階で見込客に反論され、話が混乱するのを避けなければいけません。
会話の主導権を維持し、セールスを続けて、商品やサービスの全容を説明しなければいけません。
「高い!」と反論を受けた時の会話例をご紹介します。
1. 高いと思われますよね。でも、これはあくまでも1つの価格帯によるものです。詳しい内容はまた後でご説明させていただきますね。
2. もちろん他の選択肢もございますのでご安心ください。先にこの商品の機能と効果を説明させていただきますね。
3. おっしゃる通り、これまでの商品と比較すると高く感じられると思います。しかし、それには理由があります。説明させていただきますね
と飲み込んだ上で、セールスを続けることです。

おわりに


空きテナントにある日いきなりノボリが立ち、簡易的な手書きポスターなどをペタペタ貼った会場に突然おじいちゃんおばあちゃんが押し寄せる景色は異様でとても目についてしまいます。
でもこんな景色がこれからももっといろんな場所で目撃されることでしょう。
健康と美容にはどこまでもお金を払い続けるのが現在の人々の行動なのです。
次なる〇〇トロンがまたすぐ市場に出現することでしょう。
「ハピネスプラザ」が「アンハピネスプラザ」にならないように、、、
今回は面白いマーケティングセールスを見ていきました。
セミナータイプのセールスは一度に多くの見込客を発掘できる素晴らしい方法だということがわかりました。
参考に色々と考えてみましょう。




Comment On Facebook