横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

マーケティング最新事例とは?

35 views
約6分
マーケティング最新事例とは?

商品やサービスを売るために試行錯誤するのは当然のことです。
その売り方である「マーケティング」を学び、実践することが必要とされています。
そのマーケティングの最新情報を仕入れることが他を出し抜く方法なのです。
では最新情報がどうなっているのかをアメリカの記事からご紹介します。

最新のマーケティングとは?

マーケティングの教科書を読めばいくらでも、購入を説得するための方法について学ぶことができます。
しかし、それが顧客との長期的な関係を築く最善の方法でしょうか? 

米国のマーケティング会社Ungatedのロブ・ハーディ氏は「非強制マーケティング」という言葉を作りました。
これは、製品をまったく売らないという、製品の販売方法に関する新しい哲学であると考えています。
非強制的なマーケティングでは、人々を説得したり、せがんだり、そそのかしたりして購入を促すのではなく、ソフトな売り込みを行います。
非強制的なマーケティングでは、ブランドは何を売らなければならないかを説明しますが、選択は自分たちにあることを顧客に明示します。
メッセージを正直に伝えることで、人々はあなたと彼らの両方の利益のためにあなたの製品にアクセスするようになるという考えです。世界的な広告代理店バートル・ボーグル・ヘガティ・ロンドンの共同最高戦略責任者ウィル・ライオン氏は、「私たちは非強制的なマーケティングをとても気に入っています。
なぜなら、それは最終的には人々とより良くつながることにあるからです」と語っています。
「それをやると目立ち、全員にとってより良い結果が得られます。それが大小のブランド、高級なブランドでもそうでないブランドでも実現できると信じています。」

最新のマーケティング

ゲームに参加しないこと

圧力をかける戦略、人為的な欠乏性、または感情的な訴えを展開しないことは、適切なマーケティング方法に関する数十年にわたるアドバイスに反するように思えるかもしれません。
ブランドはコントロールを放棄することで、気まぐれな消費者の気まぐれに身を置くことになります。
そして、押し売りのような圧のある販売方法に注力する資金豊富な競合他社に目を向けている新興企業にとって、競争から抜け出すのは難しいかもしれません。 
それでも、一部のブランドはまさにそれを行うことを選択しています。
ホリー・ティアーズさんは、2023年2月にサブスクリプションシードサービス「Can I Dig It」を立ち上げました。
「私は圧力ある販売方法をかなり意識していて、それが大嫌いです」と彼女は言います。
「それをよく見かけるので、誰かと一緒に仕事をしたいという気持ちが萎えてしまいます。」
サブスクリプション ボックス ビジネスは、いつでもアクセスできるため、ホリーさんが同じ古いアプローチに陥るのを避けるのに役立ちました。
偽りの不足感や急いで登録する必要はありません」と彼女は言います。 
ホリーさんが、成長に時間がかかる野菜の種箱を販売していることが問題を解決します。
「何かにサインアップしようと大騒ぎになっていますが、それはビジネスの源とはまったく合っていません」と彼女は言います。
代わりに、彼女はビジネスとその目標について率直に述べており、興味のある人が必要に応じてサインアップできるようにしています。
手を出さないアプローチを取ることは最初はリスクだったと彼女は認めます。
「最初は、人が欲しいと思っているので、難しい営業ルートに進みたくなるのです」と彼女は言います。
ホリーさんは、フルタイムの仕事と並行して副業として Can I Dig It を運営しているため、非強制的な戦略で展開できます
彼女は、「Can I Dig It」が唯一の収入源であれば、別の考え方をするかもしれないことを認識しています。 

より誠実なアプローチ

それは、他のビジネスでも機能します。
ウィル氏は、非強制的なマーケティングは「株主がいる数十億ポンドのブランドから、使命を持った遊び心のあるスタートアップまで、可能であるだけでなく効果的である」と述べています。
彼の代理店は、環境破壊に悩む女性の物語を伝えるブランド メッセージを提示することで、持続可能なデオドラント会社「Wild」がより多くの視聴者に届くよう支援しました。
製品に一シリングをかけるどころか、観客を楽しませ、視聴者に自分の判断を委ねました。
「このより正直で楽しいアプローチは、ほとんどの面倒で真剣なエコマーケティングとはまったく対照的でした」とウィルは言っています。
「視聴者の知性とブラックユーモアに対処する能力を信頼し、恐ろしい真実を語り、将来的により強力な購買力を与えるために事実を面白い方法でレイアウトすることで即時販売を回避するという、非強制的なマーケティング原則が機能していました。」 
ウィルもホリーと同様、非強制的なマーケティングは、使命が組み込まれているブランドに最も効果的であると信じています。
「Wild」と「Can I Dig It」はどちらも環境への影響を根底に置いています。
このような場合、非強制的な方法が成功することが証明されています。
このキャンペーンにより、Wildは、再利用できないデオドラントスティックに使用されるはずだったプラスチックの約0.5トンを節約することができました。
Hollyの購読者は2月のサービス開始以来28名で、目標の月10名をはるかに上回っています
「今年の私の目標は、チャンネル登録者数を100人にし、最終的には1,000 人にすることです」と彼女は言います。 
しかし、非強制的なマーケティングは難しい場合があります。
メッセージをしっかりと伝える必要がありますが、セールストークが厚くなりすぎないようにしてください。
まったく逆の方向に進みたくなるかもしれませんが、それでもマーケティングでは製品の重要性を説明する必要があります。
また、勇気も必要です。
そして、顧客が「YES」と言えるのと同じくらいすぐに「NO」と言えることも必要です。 

最新のマーケティング

非高圧的なビジネスを正しく行う方法

顧客に圧力を与えない商売の方法を列挙します。

1. 正直であれ

自分のビジネスで何をしようとしているのかについてオープンかつ率直になってください。

2. 売らない

非強制的なマーケティングは押し売りとは異なるアプローチをとるため、従来の戦術から離れてください。

3. ゆっくり進

このプロセスには、人々に購入を納得させるのではなく、自主的に決断してもらうことが含まれます。急ぐ必要はありません。

4. 人間性を強調

それがあなたの創業の物語であっても、あなたが達成したいことであっても、視聴者と個人的なつながりを作りましょう。

5. 顧客を放っておく

「建てれば必ずやってくる」という姿勢で辛抱しましょう。

おわりに

要するに「ガマン」ですね。
ガマンするには、ビジネスを長期的視点で捉えていることであり、それを支える資本も必要になってきます。
確かに事業継続のためにもそんなに焦らずに進むことが必要なのかもしれません。
メンタルも健全でなければいけませんね。

利益倍増テクニック100プレゼント