チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

エジソンの最大の発明は「トースター」説に見るマーケティングの妙

12422 views
約5分
エジソンの最大の発明は「トースター」説に見るマーケティングの妙




はじめに


エジソンの発明といえば、、、白熱電球が思い出されます。
発明家として名を馳せたエジソンはGEという会社を起こしました。
その後、そのGEという会社は巨大なものとなりました。
エジソンはたくさんのものを発明しました。
エジソンの発明はどれも素晴らしく、世の中を変えることができ、人々から賞賛されるだけのことはあるものばかりです。
エジソン最大の発明はこれだ!と言えるだけの一つに絞ることはとても難しいのです。

エジソン最大の発明はトースターである


しかし、経済規模や影響を考慮したときにエジソン最大の発明ではないかと言われているものがあります。
それが「トースター」です。
なぜなんでしょう?
たかがパンを焼く機械です。
もともとトースターの登場まで人々の食事は1日2食だったのです。
そこでエジソンはトースターを売るために考えたのです。
「朝食にパンをトースターで焼いて食べる」ことを!
朝の活力のために今まで人々が取っていなかった朝食を取らせるように盛大にキャンペーンを行いました。
そこから人々の食事は1日3食が当たり前になっていったそうです。
そもそも、日本でも江戸時代までは1日2食が普通だったのです。


トースターの登場の影響力は計り知れない


トースターの登場により人々は朝食を取るようになりました。
朝食を取ることにより影響がいたるところに出てきたのです。
そもそもエジソンは1日2食は不健康である、3食にすべきだ、と提唱しました
しかし、逆だったのです。
人々は栄養の取りすぎで太った人が増えていったのです。
そうです、不健康な人が増えていったのです。
そうすると病院が繁盛します。
医療機関が盛り上がっていったのです。
それに追随して保険産業も着実に経済規模を増していったのです。

トースターの発明がいくつもの産業を作り、その産業の従事者が莫大になり、とんでもない規模に膨れ上がったのでした。
波及効果がこれほどまでに大きくなることは誰もが予想できなかったことでしょう。
現代人は栄養を取りすぎています。
もともと、健康のために1日3食きちんと取りましょう、というのは嘘なのです。
十分気を付けましょう。
1日3食のエジソンのトースター

マーケティングの妙


もともと、消費を促すための施策だった朝食キャンペーンです。
同じように、企業戦略として消費を促進させるようなキャンペーンはたくさんあります。
ご存知のように、ハロウィン、バレンタインデーなども同じです。
企業の戦略なのです。
消費する日を作り上げてしまう。
そういうワタクシも毎月13日は「ピザの日」と決めてピザを買うようにキャンペーンを行っていました。
新たなライフスタイルを提案するマーケティングは0から1を作り出す斬新なアイデアです。
先人の知恵は素晴らしく、もはや現代では新たなライフスタイルの提案は難しいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
定着するかどうかは別にして色々と提案することは素晴らしいことなのです。

石油メジャーも同じ?


世界中の資源を支配していた石油メジャー。
石油メジャー・・・資本力と政治力で石油の探鉱(採掘)、生産、輸送、精製、販売までの全段階を垂直統合で行い、シェアの大部分を寡占する石油系巨大企業複合体の総称。

日本でもおなじみ「シェル石油」や「エッソ石油」、現在はあまり聞かない「モービル石油」などの呼び方は石油メジャーから来ています。
ロイヤルダッチシェル(オランダ60% /英国40% )
スタンダードオイルニュージャージー(1999年にモービルと合併しエクソンモービルに)などなど、、、
国際資本となっているので政治力も駆使し、メジャーは潤うように仕向けていました。
世界を牛耳っていると言っても過言ではありませんでした。
戦争の発端となるのはほとんど資源問題からです。
元々、自動車は電気自動車の方が先に発明されていたと言います。
しかし、石油を売りたいので電気自動車を封印して、ガソリンエンジンの自動車を世に送り出した説があります。
1899年にパリ郊外のサーキットで電気自動車が人類史上初の時速100km越えを記録しました。
そして1908年、電気自動車のおよそ半値のガソリン車「T型フォード」が発売されました。
この出来事がガソリンエンジンに勢いをつけたのです。
石油メジャーが大きくなるためなのです。
世の中には見えない力が働いています。
特に石油メジャーには多くの圧力が働いていたようです。

おわりに


時代が時代だっただけにエジソンの朝食キャンペーンは巨大に発展して莫大な経済規模に膨れ上がってしまったのだと思います。
しかし、エジソンは間違いなく戦略家であり、発明家であるということを凌駕してしまいそうなキャンペーンを打ちました
1日3食がベストなのか?という問題提起を投げかけることにもなったのです。
これほどまでに影響を及ぼすことができるマーケティングはなかなかありません。
完全に人々のライフスタイルを根底から覆すようなアイデアを実行したのです。
また、既存のライフスタイルを見直すきっかけにもなります。
何も気にしないでルーティン作業を繰り返し生活をしていることを疑わなければいけません。




Comment On Facebook