i-SHEEP

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

托鉢の考え方で遠慮なくお金をもらおう!

228 views
約 4 分




はじめに

ビジネスをやっているヒトなら価格設定について一度は考えたことあるでしょう。
提供する商品やサービスが果たして適正価格だろうか?、、、と。

しかし、どうしても手軽に売上を取りたいがために価格を安くしてしまいがちになります。
価格というのは一度安くするとなかなか再度高くはできないものです。

だからこそ高めに設定してみましょう。
でも価格を単純に高くするだけではもちろん売上に反映しないことは間違いありません。
ではどうすればいいのでしょうか?

高価格に対する意味づけ

『ブランディング』というコトバがあります。
商品やサービスをブランド化するという意味合いになります。

通常、ブランド品は高価格で売買されます。
同じようにブランド化して高価格にしてしまおうという考え方です。
クルマだとベンツ、バッグだとルイヴィトンなどが相当します。
もちろん、ベンツもルイヴィトンも高品質であることは間違いありません。
しかし、同程度の品質は巷に溢れています。
人々はベンツだから高いお金を支払います。
ルイヴィトンも然りです。
面白いものです。
ブランドというものに実体はありません。
人々のアタマの中に作り出している妄想みたいなものです。
妄想を膨らませるのが上手い企業が成功しているのです。

『托鉢』という考え方

心理カウンセラーとして有名な心屋仁之助さんが言っていました。
心屋仁之助さんのカウンセリングはとても高価格だそうです。
安い価格では絶対に仕事を受けないそうです。
その理由が素晴らしい。
『托鉢』の考え方と同じだそうです。
どういったことなのでしょう??

多分ほとんどの方は、托鉢はお金持ちの家へ行って物乞いをするものと思っていると思います。
ジブンももちろんそう思っていました。

しかし、実際には貧しい家庭に訪問するそうです。
『え、何故、貧乏人から搾取するの?』『托鉢って悪いヤツなの?』って思いますよね。
それには、ちゃんとした理由が存在していたのです。

稼ぐチカラを身につけさせる

そう、稼ぐチカラを養ってもらいたいからなんです。

すでに稼ぐチカラを身につけているお金持ちにはそんなに必要なスキルではありません。
貧乏でお金がない人に、まずはお金を稼いで欲しい。
確かに、、、ヒトというのはギリギリにならないと必死にならないし、勉強もしません。
稼ぐチカラってなかなか難しいかもしれません。
現代の日本で、しかもサラリーマンの方にとってはなんのことやら、、、という感じでしょう。
そういう意味で、托鉢はとてもいい存在です。

だから、心屋仁之助さんは『托鉢』の考えで、、、顧客から高い代金をいただいて、顧客に稼ぐスキルを身につけてもらう。
確かにその通りだと思います。
『お金をもらってあげる』という考え方です。

単価アップをしたいなと思っててもなかなかできないものです。
でもこういう考え方だとしっかり高単価で商品やサービスの提供もできそうです。

お金をたくさんもらおうとするのはなんとなく悪いような気がするものです。
しかし、なんら気にすることはありません。
お金をいただくことに躊躇なく正当化ができそうです。

おわりに

『托鉢』は単なる物乞いかと思い、働かざるもの食うべからずと思い、情けない人だなあなんて思っていました。
でも、お金をいただくことによって稼ぐチカラを身につけさせるなんて思いもしませんでした。
よって、ジブンも高単価のサービスを正当化できそうです。
どうしても、安くしてあげたい気持ちが先立ってましたが、それは相手のためにはなりません。
遠慮なく高価格を設定していきましょう。
もちろんブランド力が伴っていないと顧客は遅かれ早かれ去ってしまうことになりますが。。。













%d人のブロガーが「いいね」をつけました。