チラシデザイン、動画編集制作、ホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

ストレスを減らすために心がけたい基本7つのこと

2342 views
約5分
ストレスを減らすために心がけたい基本7つのこと




はじめに


私たちは毎日誰かと関わって生きています。
そして、人間関係にはストレスがつきものです。
そこで今回は「WIRED」に載っていた、ストレス軽減のために心がけたい7つのことを紹介します。

1. 友達を作る

人間関係で生まれたストレスは、別の人間関係で癒すとよさそうです。
ヨーロッパとアメリカでなされたいくつかの研究によると、友人が少なく、家族とのつきあいも希薄な人は寿命が短いという結果が出ました。
やっぱりさびしいと死んでしまうのでしょうか...。
また、群れに馴染めないうさぎ猿は、ストレスホルモンが高く、免疫力が低下し、死亡率が高くなったそうです。

現代ではいろんなコミュニティに所属するといいでしょう。
facebookやSNSでいろんな集まりがたくさんあるものです。
たまに顔を出すだけでも人生が変わりあるものとなること間違いありません。
あるあるですが、、、ネットワークビジネスに巻き込まれないように気をつけてください。


2. 十分に睡眠を取る

睡眠不足は疲労感を増すだけではありません。
最近の研究では、たった一晩の睡眠不足でもストレスホルモンが増えることがわかりました。
またやっかいなことに、このストレスホルモンの増加は、眠りにつきにくい状態を引き起こしてしまいます。
こうなると、眠い上に疲れているのに眠れないという、悪循環に陥ってしまうのです。
この状態がさらに続くと、鬱病の原因にもなります。

睡眠の深さで短時間睡眠でもOKと言われていたりもします。
しかし、結局のところ長期的視点で見ると物理的に長い時間の睡眠が間違いなく身体に有益であることはわかっています。
それならば、なるべく睡眠も多いとった方がいいでしょう。


3. けんかしない

マントヒヒを観察していたスタンフォードの生物学者は、マントヒヒの性格とストレスホルモンレベルの関係性を発見しました。
それは、挑発に乗ってけんかしてしまう性格よりも、比較的穏やかな性格の方が、ストレスホルモンのレベルが低く、集団の中での階級も上でした。
ちなみに、挑発に乗らないタイプは、ストレスを軽減させる交尾の頻度も高かったそうです。

性格の問題です。
たまに怒って喧嘩する分は感情を正常に保ち、周囲に厳格さを放つため悪いとは言い切れません。
ただし、常時ケンカするような性格の持ち主はストレスを溜め込んでいるに決まっています。


4. 瞑想する

瞑想は、短時間でもストレスや不安感を軽減させられます。
シカゴ大学の心理学者が、難しい数学のテストを受ける前の被験者に10分間の瞑想をしてもらったところ、平均で点数が5点上がったのだそうです。
瞑想をすると、脳内のネガティブな考えを押しやって、タスクに集中しやすくなります。

言わずもがなです。
瞑想は、心の平安を保つ手段として非常に有効です。
イチバンウェイトを占める部分と言っても過言ではありません。


5. ストレスと向き合う

落下傘部隊がパラシュートで下りる訓練をする時、最初のトレーニングは、自分がストレスに対してどう反応するかを知ることだそうです。
ノルウェーのある研究によると、飛行機から飛び降りるときの恐怖といった反応は、飛び降りる前から始まり、飛び降りたあと何時間も続くとわかりました。
しかし興味深いことに、何度も訓練で飛び降りていると、その恐怖は飛んでいる間だけになっていくのだとか。
ストレスが高い状態が長く続くと、病気になるなどの身体的な影響につながりますが、ストレスを避けられない状況でも、慣れてくると高ストレス状態にある時間を短くできるようです。

結局、トラブルに対して逃げないで処理する人間が精神も人間性も真っ当なのです。
地上に生まれて来てる人類は修行なのですから、トラブルには真正面からぶつかっていくことが「人生」なのです。


6. 適度なアルコール摂取

アルコールは、人によっては精神安定剤のように働いてくれます。
飲むことによって不安感を解消させ、緊張をほぐしてくれるからです。
仕事のあとのビールがおいしく感じるのもそのためです。
しかし、たくさん飲んではダメですよ。
飲み過ぎると、かえってストレスホルモンを誘発してしまいます。

適度なアルコールは心筋梗塞、狭心症などの心臓病による死亡率を低下させます。
飲み過ぎはダメですが、適度ならいいのです。


7. 無理には運動しない

エクササイズがストレス軽減に役立つのは確かです。
しかし、これはあなたがエクササイズを楽しんでいることが条件。
ストレスを減らすために、本当は身体動かすの好きじゃないけれど、走らなきゃとイヤイヤ運動しても逆効果です。
実際、無理矢理ラットを走らせたところ、ストレスホルモンは上昇ししてしまいました。
運動しなくていいと言っているわけではありません。
楽しめるエクササイズをしないと、ストレスは減らせないということです。

運動はカラダにいいに決まってます。
定年退職したおじいさんを見ていれば一目瞭然です。
アルバイトを始めたおじいさんはすごく元気です。
一方何もしていないおじいさんはあっという間に動けなくなります。


おわりに


まとめると、気の置けない友人たちと穏やかな時間を過ごし、少しだけお酒を飲んで、夜は早めに就寝、翌朝は早く起きて軽く運動し、どうしても避けられないストレスとは、瞑想したあとに潔く向き合う、ということでしょうか。
現代では当たり前の基本的なことですね。
昭和の時代から言われているようなカンタンなことです。
できている人も多いでしょうが、忙しくなったり年月と共に意識しなくなってしまうものです。
まずはここを基本とするといいでしょう。




Comment On Facebook