チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

うまくいってない時こそ1ミリでも進歩しようと思う意欲がアナタを強力にする

197 views
約 2 分
ビジョナリー・カンパニー〜時代を超える生存の原則の内容をジブンに照らし合わせて考えてみました。

『進歩への意欲』について、、、
進歩への意欲があれば、今がどんなに順調であっても、決して満足しない。

いつまでも満たされることのない欲望のように、進歩への意欲を持つ者は、たとえ大きな成功を収めていようと、どんな状況にも、絶対に満足しない。

確かにある程度うまくいってる時のほうが不安で、こんな状況が続くはずがないという焦燥感みたいなものに襲われていました。

うまくいってない時はベクトルを合わせやすくて、方向性がはっきりしているので努力のしがいがあるものです。

ヘンリー・フォードはこう語っている。
われわれは常に向上できる。常に進歩できる。常に新たな可能性を見つけられる。大切なのは前進し続けることだ。』

進歩しようとする意欲があれば、『いまこそ変化すべきだ』『いまこそ改善すべきだ』『いまこそ新しいものに投資すべきだ』と、外部の世界から教えられるのを待ってはいない。

偉大な芸術家や天才的な発明家が持っている意欲のように、外部の世界がどうであろうと、人々を内部から駆り立てるものだ!

なるほど、進歩への意欲を抱き続けなければならないし、意識していなければならない。

sinka

でも、実際20年前は何をしたらいいのか全くわかりませんでした。

成長したいと意欲があって読書まではしますが、次なるアクションが出てこなくてモヤモヤしてモチベーションが徐々に低下していったのを覚えています。

コミュニケーション能力が低いので教えてくれる人もいなかったし、情報が不足していたのです。

しかし、現在はインターネットの普及で即座に情報を入手できます。

だから、現代の起業家はアクションも成長もスピーディーなのです。

今なら進歩への意欲も抱き続けると人生が変わっていく予感がします。

趣味をもっと極めてみようとか、1日10分英語を勉強する、とかちょっとしたことで進歩を感じれば、10年後には強力なジブンが存在していると思います。

 












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook