チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

facebookの "いいね" を博多弁の "しゃれとんしゃ〜" に!

831 views
約 3 分




はじめに




ワタクシは福岡県生まれの福岡県育ちですが、博多弁を話すことができません。

福岡も広いですから、いろんな方言があります。

実際、博多弁を話すエリアはそんなに広くないと思います。

しかし、博多弁は独自の進化を遂げたように思います。

なぜなら、福岡の他の地方とは明らかに違うからです。

そんな博多弁ですが、ワタクシのお気に入りのコトバがあります。

それが「しゃれとんしゃ〜」です。



インスタには『しゃれとんしゃ〜』があふれてる




漢字で書くと「洒落とんしゃ〜」。

博多弁でイチバン好きなコトバです。

要するに、オシャレという意味なんです。

インスタには「しゃれとんしゃ〜」が花盛りです。

装飾や料理の盛り付けなどがカラフルだったりで「しゃれとんしゃ〜」がぴったりなのです。

ただ単に「オシャレ」というコトバを使用しても気持ちが入ってないような気がしませんか??

「しゃれとんしゃ〜」は気持ちがすごく込められててリスペクトの意味合いも持ち合わせています。

オシャレ + リスペクト = しゃれとんしゃ〜

「しゃれとんしゃ〜」を博多の人に言わせてみてください。

何か物事に感動したようなニュアンスですごく賞賛してて気持ちよくさえなります。

オシャレと同じ意味合いで使うコトバなんですが、オシャレ以上の意味が確実にあるのです。
   
オシャレの最上級の褒め言葉ですが、すごくポジティブでもあるのです。


facebookの ”いいね" を "しゃれとんしゃ〜" に




いっそfacebookの「いいね!」ボタンやインスタも「しゃれとんしゃ〜」ボタンにすべきなのです。





「しゃれとんしゃ〜」をもっとメジャーに




博多華丸大吉がテレビで「しゃれとんしゃ〜」を使うとホント気持ちいいのです。

一昔前は、バッテン荒川が多用しててローカル色が強かったのですが、近年の博多弁は人気があります。

特に若い女の子がしゃべっていると可愛らしく感じます。

「好き」を「好いと〜」と言うのがすごい全国的に人気のようです。

実際に言われたことがある人はいるのでしょうか?

羨ましい限りです。

そういえばその博多弁エリアの福岡市は、当時AKBの篠田麻里子を起用し8番目の行政区として、「カワイイ区」を設置しました。

いつの間にかしれ〜っと終了しましたが、なぜ「しゃれとんしゃ〜区」にしなかったのか、、、。

残念でなりませんね。



おわりに



博多弁エリアの福岡市は、九州の中ではイチバンの大都会です。

なので、昔から博多弁聞くと、あ〜、都会に来たなあと思いワクワクします。

そして福岡市中心の天神地区は「しゃれとんしゃ〜」が多い、オシャレな街なのです。

ワタクシは現在首都圏在住ですが、たまにジョークで「しゃれとんしゃ〜」って言うとすごくウケがいいのです。

ぜひとも「しゃれとんしゃ〜」を全国区にしてfacebookの "いいね" ボタンを "しゃれとんしゃ〜"ボタンに変更しましょう!












Comment On Facebook