チラシデザイン、動画編集制作、ホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

アナタだけの商品やサービスを作って「完売御礼」にする方法

557 views
約8分
アナタだけの商品やサービスを作って「完売御礼」にする方法




はじめに


近年、日本でも起業ブームでいろんなビジネスを立ち上げる方が大勢います。
しかし、思いつきの商品やサービスを販売する方が多いのも事実です。
あなたは売りたいものはありますか?
しっかり売るために気をつけなければいけない点は多いものです。
それをしっかり見ていきましょう。

商品を作る


あなたは、なぜ自分が売りたいものを商品にしてはいけないか知っていますか?
あなたは、最初に売る商品を一番利益が高いものにしてはいけないのを知っていますか?
あなたは、商品をできるだけ多くの人に好かれるものにしてはいけないのを知っていますか?
これらは、新しいビジネスを始める時によくやってしまう間違いです。
でも、実はもっと大きな間違いがあります。
「世間で流行しているものを売る」ということなんです…
ちょっと考えてみて欲しいのですが、ブームになったもので、今でも残っているものってどれくらいありますか?
最近だと、オンラインサロン、クラブハウスや他にもタピオカ、バスクチーズケーキなど、、
そもそもブームになるものは、目新しいものです。
目新しいからメディアにも取り上げられますし、お客さんも、目新しいから買います。
しかし、最初は目新しさでお客さんが来てくれますが、リピートはなかなかしてもらえません。
最初のうちは売れるかもしれませんが、すぐに売れなくなってしまうんです。
なので、もしあなたが、新しいビジネスを始めようとしているなら、
・商品を売れ続けるものにする
・商品や会社のファンになってもらう
・そして、リピートしてもらう

そんなビジネスを探してみるようにしましょう。
 

追加の商品を作る


売上を上げるために商品やサービスの数を増やすのも一つの戦略です。
そんなこと言ったってどう増やせばいいの?と思われるかもしれません。
農業なんてやってる方にとっては栽培する品種を増やすのはいろんな状況や環境に左右されるから難しいと思われるかもしれません。
例えば子供向けに「キット」なんて面白いと思いません?
「栽培キット」を発売するのです。
子供向けの商品は自然と大人が注目します。
学習にもなるし、楽しく勉強できるのがメリットです。
宣伝の方法も「ストーリー化」しましょう。
そしてそのストーリーをfacebook広告にすると話題になるものです。
農家の子供向け学習キットを購入して家族が笑顔になるという事実をストーリー化する広告は最高の宣伝になることでしょう。

商品名をつける


商品は『ネーミング』が9割と言われるくらい重要です。
逆に言うとネーミングさえ秀逸であれば売れることは間違い無いのです。
「投資zoomセミナー」って聞くとなんか難しそうで全く興味が湧きません。
投資オタクとかであれば別ですが、投資に興味ない普通の主婦なんて見向きもするはずがありません。
でも、これが例えば、
『お小遣い程度でも稼げる zoomセミナー』
だったら、どうでしょうか?
主婦の人でも、一回話聞いてみようかなと思うはずです。
世の中を見渡せば、商品名を変えただけで(商品を変えなくても)売上がドンと伸びた事例はたくさんあるのです。
例えば、、、
「モイスチャーティッシュ」という名前で売っていたティッシュは、『鼻セレブ』という名前に変えて、売上はなんと10倍にも。
「フレッシュライフ」という名前の靴下は、『通勤快足』という名前に変えて、コチラも売上上昇。
「缶煎茶」という名前の缶入りのお茶は、『お〜いお茶』という名前に変えて、ご存知緑茶業界でNo.1商品になり、ギネス世界記録にもなったのです。
これらは、全て、商品の中身は一切変えず、商品名だけを変えて、上手く行った事例なのです。
すごくないですか?
商品名やサービス名の決定には、もっと時間とエネルギーをかけなければいけないなと感じますよね。

「情報」を販売する


在庫を持たないという意味では「情報」を販売するのがとても効率的です。
しかし、、、
「自分の持っている情報にどれくらいの価値があるのか?」
「それを販売しても誰が購入するのか?」

そして怪しいイメージを持たれてしまうことも多々あります。
一昔前だと、特有の情報というのは「書籍」で販売されていました。
有益な情報を得たい場合は雑誌や書籍を購入したものです。
しかし、近年は書籍に関しても「電子書籍」がありますし、noteなどもあります。
情報に価値があるのかという点でも、現在は、「成功するための筋道」というのが昔よりたくさんあります。
youtubeで大金を稼ぐ人もいますし、instagramでキャラクターがカリスマ化して、収入源となっている人もたくさんいます。
稼ぎ方が増えて多様化している事実もあります。
なので、価値のある情報の量は当然増えているのです。
そういう意味ではアナタの情報は価値あるものの一つとなりうるのです。
「成功体験を得たい人に情報を販売する」というのは価値のあることなのです。
例えば、、、「話し上手になってキャリアアップ転職する方法」なんていう情報を販売するとしましょう。
日本人は内気な性格ゆえ話し下手(と思っている)人がたくさんいます。
お金かけて「話し方教室」などに通えばいいのですが、なるべくお金をかけないで成功することが望ましいのです。
「トーストマスターズ」というリーダーシップ・スキルの上達を目的とする、アメリカ発祥の国際的な非営利教育団体の加入をして活動しましょう。
そしてどういう風に取り組んでいけばいいのかを体系化します。
それで一つの情報が完成します。
ワタクシならこれがイチバン作りやすい価値ある情報でしょう。

誰が売っているのか


誰が売るかで同じ内容の商品やサービスでも売上は全く変わってしまいます。
流行りの商品だから自分も真似すれば売れるのでは?と思いますが長続きはしません。
ネットショップなんてほとんどが値段基準で購入するので価格競争に巻き込まれてしまいます。
例えば、フリーターの人が「成功哲学」系の商品を売ってたとしても誰も購入しないでしょう。
『あなたがその商品を売る理由』
これがお客さんに伝わり共感を生むことができれば売上もグッとあがるはずです。
ジブンも「日本一店長」として日本一の売上実績を売りにしてサービスを展開しています。
「日本一店長」と言うようにする前は普通にサービスを行っていましたが、やはり弱かったのです。
それが「日本一店長」としたことにより売上は2倍3倍へと変化していきました。
誰しも自分が提供している商品やサービスには自信があると思います。
しかし、売上が伸びないという方は商品を売る自分がどう見られているのか?を今一度考えてみる必要があります。
くれぐれもモテ男ではないのに恋愛系の商品やサービスを販売しないように気をつけましょう。

情報量に違いを


津軽海峡で収穫される「黒いダイヤモンド」と呼ばれる「大間のマグロ」。
大間のマグロは高級ブランドです。
大間のマグロ
大間町が面する津軽海峡は、日本海と太平洋を結ぶ海峡であり、黒潮、対馬海流、千島海流の3つの海流が流れ込むため、たくさんのプランクトンが生息しています。
基本的に急流箇所はプランクトンが豊富です。
この良質なプランクトンがいる漁場が、高級ブランドのマグロを収穫することができるのです。
初競りにかけるマグロは毎年1億越えの演技のいいマグロとしてニュースになります。
どうですか?
コレだけの情報があれば高価である「大間のマグロ」を食して見たいと思いませんか?
私たちに届くまで、このような手間やストーリーを経ているのが、大間のマグロなのです。
こう聞くと、値段が高いのも納得できませんか?
大間のマグロは、他の魚よりも「美味しい」以外の情報量が圧倒的に多いのです。
「伝えている商品の情報量が違うこと」
これが、価格を高くしても売れる理由なのです。
商品やサービスを作る場合、高単価に設定するために情報量を多くすることが大切なのです。

売ってから商品を作る


通常は商品を作ってから販売します。
しかし、当然ですがそれは在庫を抱えます。
なのでまず売ってしまいましょう。
生産が必要な商品でも最近は販売してから生産します。
販売数限定にして、完売したら生産する形をとってもいいのです。
それが市場調査にもなります。
売れるかどうか確かめてから、本格的に販売を開始するかどうか、検討するのです。
まずは、自分ができる範囲で小さく販売をするのです。
完売したら本格的にスタートです。
売れる訴求を見つけるまでは、サブスクやシステム化などもしないようにしましょう。
テスト販売してから、システム化やサブスク化などを検討します。
これが最も最短で、確実に儲ける手順です。

おわりに


一見ありふれた物やサービスをオリジナルの価値のある商品として提供するのはテクニックでもあります。
だからこそ、「価値」という言葉もあるのです。
付加価値を付けて高単価で販売して必ず喜ばれるにはとにかく考えることです。
考えることで価値が上がるのです。
徹底的に考えてアナタ独自の商品やサービスを展開していきましょう。




Comment On Facebook