チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

中高年になると必ず演歌好きになる??

624 views
約 2 分
最近、ジャズみたいなうるさくない音楽が好きです。

というか、うるさい音楽がダメ。

ロック、ヘヴィメタ絶対ムリ。

kiss

インストゥルメンタルみたいに歌詞がないのも聴きやすい。

年齢のせいなのか。

このままいくと演歌聴きだすのか。

音楽にはいろんな効能があるのは肌で感じ取ることはできる。

クラシックにリラクゼーション効果があるのは納得できる。

人生でイチバン忙しい年代に差し掛かって癒しを求めるからこその嗜好の変化なのでしょうか。

高齢者が演歌好きなのはなぜ??

ジブンももしかしてこれから聴き始めるのか?

決して演歌好きの高齢者ばかりというわけではなく、逆に若者でも演歌好きはいるようです。

一番ピークのころによく聴いていた音楽が今でも好きってことらしく、今の高齢者の方たちが音楽を良く聴いていたころに流行っていたのがたまたま演歌や昭和歌謡だったから、それを聴く人が多いということらしい。

そして、GIGAZINEの過去の記事によると
音楽などの嗜好と年齢の関係を研究したロバート・サポルスキー氏は、「人は人生の中で20歳を過ぎると音楽の好みに対する『好奇心の窓』が閉まり始める」と話しています。

35歳ごろには窓がほぼ閉じきった状態になるので、たとえ新しい音楽のジャンルが流行しても、約95%の人は聞くことがないとのこと。「好奇心の窓が閉じる」というのは食べ物やファッションについても同様で、「舌にピアスを開ける」というような過激な文化に対しては23歳までに好奇心の窓が閉じてしまい、新しい食べ物への挑戦は39歳が限度である、とサポルスキー氏は述べています。

「好奇心の窓」、、、閉まったなあ。。。












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook