チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

授業をしない学習塾「武田塾」から学ぶ、『管理』の重要性

648 views
約 3 分




はじめに


 

授業をしない学習塾、「武田塾」が人気だそう。

は?

と思いましたが、なるほどです。

武田塾は自習に取り組む生徒を管理しているだけなのです。

え?それだけで成績上がるの!?、、、と思われるのも無理はありませんが、きちんと実績も出ています。

この武田塾のシステムから学習の根本が覆されるような思いがありました。

そして、ビジネスのあり方も考え直さなくてはいけないのかなと思います。

 

学習コーチと計画書を作成


 

学習コーチが週1回、どれだけ勉強したのかを聞き取ります。

そして、また1週間分の計画書を作成。

確認テストも実施し、8割以上正解できないと次の週もまた繰り返す。

単純だけど、一人一人に向き合ったやり方です。

しかも毎週向き合ってくれるというのは強力です。

大人でさえ計画性を持って行動するのは苦手なので子供ならなおさらです。

なので計画をサポートしてくれるのは非常に大きいことなのです。



 

自習管理の重要性


 

思い返してみれば、ワタクシの通った予備校も自習室がウリでした。

その自習室の空間に来れば周囲の雰囲気も相まってみんな必死にカリカリ勉強していました。

小規模な予備校だったため、代々木ゼミナールや河合塾みたいな有名講師は存在せず、比較的厳しさがウリだったような気がします。

ただ、武田塾みたいな管理は実施していませんでした。

あくまでも自主性による学習でした。

ほとんどの人がキライな勉強なので、自主性に任せて学力が向上するはずはありません。

もちろん、自主性を持った時にはとてつもない吸収力が発生し、学力も向上していくのはわかります。

しかし、最初は管理して勉強をさせ、学力をちょっとでも向上させれば、自主性も芽生えるのではないのかと推測します。

 

アウトプットに使える時間が増えるから学力が上がる


 

普通の学習塾は講師の授業を漫然と受けるインプットの時間が多いのが現状です。

インプットの時間はよほど集中しないとついていくことができないですし、一旦ついていけなくなると講義を放棄してしまい退屈な時間になる可能性もあります。

学習でもなんでもアウトプットの時間が多い方が吸収力は上がるし、脳に染み付くのです。

それがわかってるからアウトプットの時間を意識的に多くしているのが武田塾なのです。

アウトプットを多くしようとするその姿勢に気づいた武田塾の手法は画期的なことは間違いありません。

 

おわりに


 

武田塾は今急速に勢力を伸ばしています。

自主性を育てるという、今までの学習手法とは明らかに違う点はいろんなビジネスに応用が効きそうです。

学習塾は教育産業ですがサービス業に近い働き方でした。

それを管理職としてマネージメントするのは一人一人の生徒に対してきちんと向き合っています。

これなら結果が出るのも納得です。

生徒を管理するという言い方はイマイチよくないですが、ワン・トゥ・ワン・マーケティングの真髄だと思います。

学習はアウトプットの時間を多く設けることが絶対なのです。

ビジネスも同じように計画性を持って行動を起こすだけで随分と結果は違うのです。

変化の激しいこの時代、行き当たりばったりになることもありますが、大まかな計画性は絶対に必要です。

より管理を徹底している方が失敗の確率は低減することは間違いありません。

 

 












Comment On Facebook