チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

ゆとり世代とミレニアル世代の日米対決

426 views
約 3 分
ジェネレーションギャップというコトバがあるように世代間での環境の違いなどから思わぬ違いが生じることがあります。

団塊世代。団塊ジュニア。

ちょっと前まで時代を牽引した松坂世代。

などなど世代間による違いがありますが、これからの時代を担うであろう世代を取り上げてみました。

 




ゆとり世代とミレニアル世代


日本のゆとり世代とアメリカのミレニアル世代はよく似ています。

・ゆとり世代・・・いろんな説がありますが、広義で日本で1987年から2004年に生まれた世代。情報化社会で育ち、堅実で安定した生活を求める傾向があり、流行に左右されず、無駄がなく自分に心地いいもの、プライドよりも実質性のあるものを選ぶという消費スタイルをもっている。生まれながらにデジタルに接しているデジタルネイティブ世代。

・ミレニアル世代・・・アメリカで一般に1980年から2000年に生まれた世代。ポジティブで自己顕示欲が強く、宗教などの特定のコミュニティに属さない、同じくデジタルネイティブ世代。

やはり、早くからインターネットに接して、メール、twitter、facebookなどを使っていると似通ってしまうのでしょう。

そういう意味ではインターネットの影響力はすごいと思います。

リベラル主義が蔓延してて、政治では特に指示する党派もありません。

インターネットがそうさせているのでしょう。

ゆとり世代はよく批判されますが、時代の流れによる産物だということも否定できないでしょう。

ゆとりとミレニアルに受け入れられるには


彼らはとにかくネットに強い!

というかネットなんて意識してないと思います。

SNSで多様な価値観を受け入れることに慣れています。

なので、膨大な情報を処理することに長けています。

ということは本物を見る力もついてるはずなのです。

まずはSNSで信頼を得るためにコミュニケーションをして、安心感を提供しましょう。

そして、リアルの世界で見つめ合い、話をして、相手の話を聞き、一緒に食事をし、握手を交わす。

五感を刺激してのコミュニケーション。

これでグッと距離が縮まることでしょう。

yutori

 

ゆとりとミレニアルに期待を


彼らは、革新的です。

新しい技術やサービス、あるいは、職業も生み出すことでしょう。

なんだかんだ言っても期待しています。

新しい感性で世の中を引っ張って行ってもらいたいものです。












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook