チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

新型コロナの影響でUber EATSの次の稼ぎ方がスタート!?

2734 views
約 5 分
新型コロナの影響でUber EATSの次の稼ぎ方がスタート!?




はじめに



食事をデリバリーしてくれるUberEATS(ウーバーイーツ)はすっかり市民権を得ました。

そして、UberEATSは暇な時間を使って自分のスクーターや自転車でお仕事ができます。

副業などにもってこいです。

比較的自由な時間で、しかも面倒な人間関係に悩まされることなく、ほとんど一人で仕事が完結されるため、ストレスなく仕事ができることも利点です。

今回はそんなUberEATSに次ぐ新しい事業がアメリカなどのいろんな都市で開始されます。

日本ではまだ予定がないようですが、Uberの動きに注視していれば日本でのスタート時に誰よりも稼ぐことができるのは間違いありません。


新型コロナの影響による事業変化



元々Uberは相乗りマッチングのライドシェア事業からスタートしています。

現在は、新型コロナウイルスのパンデミックがライドシェアリング事業を抑制し続けているために事業変化が訪れているのです。

今回の発表はUberEATSが成功しているUberが、宅配サービスにこれまでで最も積極的に進出することを意味します。

Uberは今週、『Uber Direct』と『Uber Connect』という2種類の新サービスを導入すると発表しました。


Uberは既に、最前線の労働者に個人用保護具を輸送するプラットフォームの新たな拡張を導入しており、一部の市場ではEatsも食料品に加えて、便利な商品を配送している。DirectとConnectのサービスは、当初は一部の都市で開始される予定だが、その内容は利用する場所によって大きく異なる。例えばニューヨークでは、Cabinetと提携して市販薬の配送を行う一方、ポルトガルでは郵便小包の配送で公共郵便サービスを補完する。

Uber Connectはある人から別の人との間で当日中に連絡を取り合って配送を行うサービスで、同社はこれを介護用品、必需品、ゲーム、その他の日用品を友人や家族に送る方法だとしている。サービスはオーストラリア、メキシコ、アメリカの25以上の都市で開始される。Connectは本質的にはUberの基本的なライドシェアサービスと大差はないが、ドア・ツー・ドアで人を運ぶのではなく、荷物を移動させる。


『Uber Direct』と『Uber Connect』、どちらのサービスも米国時間4月20日から導入されるそう。

サービスを始動させながらどんどん進化していくことでしょう。

実際、一般の荷物を個人が配送するのはとてつもないニーズがあることは間違いありません。

あとは、日本での規制や許認可の状況で日本オリジナルの事業体制が構築されることは間違いありません。

このような動きは各社とも機敏で、世の中の環境に応じて反応しています。

もちろんamazonなども準備をしているのです。


日本でも始まったAmazonの副業



amazonは個人に配送を委託する『amazon flex』というサービスを実施しています。



デリバリーパートナー様は、地域により月額37万~44万円以上の報酬を得られます


なかなかいいお仕事ですね!

資格としては、軽貨物車を所有していればスタートできます。

赤帽みたいなイメージですね。

スマホでアプリを起動させてお仕事をします。

マイカーを使うのでガソリン代などが気になるし、事故にも気をつけなければなりません。

しかし、いい報酬を得ることができるとのことで悪くはないのではないでしょうか。

amazon側にとっては、配送用のクルマを所有しなくていいし、スタッフも抱えることなく、お仕事があるときだけ委託すればいいので経費は相当節約されるはずです。

業務委託なのでお気楽にお仕事できるのがいいですね。

おわりに



もともと配送のマッチングはバイク便が先駆けて行っていました。

しかし、ネットショッピングの普及で物流量も増大してきてるし、配送代金は下がる一方なので、もっと安く配送する人員が必要になりました。

こういうマッチングのシステムを開発すれば人々の働き方も変わっていくのではないでしょうか。

UberEATSはコロナによる宅配需要で勢いを増しています。

この勢いで多角化に突き進んでいるのです。

UberEATSの配達員は実績を積んで高評価を確保しているのならUBERの新事業でも継続して好待遇なのは間違いありません。

UBERの動きはこれからも見逃せません。

ますます仕事の多様性が生まれ、一人でいくつものお仕事をする時代がもうそこまでやってきています。

本業、副業という垣根もなくなり、トリプルワーク、Quad(クワッド)ワーク、Quint(クイント)ワーク、、、なんてコトバも流行るかもしれません。




Comment On Facebook