横浜のチラシデザインとホームページ制作屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

ミニマリストもいいけどこの時代にはどうやら石が必要らしい。

130 views
約 4 分




自称ミニマリスト

 

断捨離も終わらせて、スッキリした生活がしたい。

部屋は風水が効くように空気の流れをつくるためモノを少なくする。

なので、ヤフオク使ってモノを処分していきました。

本、雑誌も10年くらい前からほとんど購入していない。

電子書籍のamazon kindleがサイコー。

衣服はファーストファッションでシンプルに。

アクセサリーなんて絶対にしない。

パソコンのデスクトップは常にキレイに。

データはDropboxやAdobeのcreative cloudなどのクラウドに置いてスマホからも他のパソコンからも作業できるように効率化する。

身軽でジブンの身の回りがスッキリ、キレイになっていることが気持ちいい。

必要最小限で生活するヒトを「ミニマリスト」。

いつの間にか近づいてきました。

minimalist

 

なぜミニマリストに?

 

もともと、たくさんのモノを所有していました。

本やCD

クルマ

お店も

そこで、デリバリーピザ店を経営していた頃、デリバリーバイクの入れ替わりの激しさに管理が追いつきませんでした。

バイクはすごい距離を走るので消耗品なのです。

1台納車しては廃車し、保険の入れ替えもあります。

店舗がどんどん増えていくからその作業が多いのです。

所有バイクが30台を超えてくるともう管理が追いつかなかったのを覚えています。

バイクは事故も多いし、保険が抜けてたらタイヘンなのでスタッフ管理だけでは心配で多重チェックが必要なのです。

事故一つで人生が終わる場合もあるからです。

そういう管理が多くてコントロールできない状況に陥るともうタイヘン。

一つのことで妥協すると、だんだん他のことでも妥協し始めていくのです。

人間はコントロールの限界を超えると不幸を感じ始めます。

逆に人生をコントロールできていると感じると幸せなのです。

だから自分のコントロールする範疇を小さくしようと思い始めたのです。

 

ヒトと会うと疲れやすい

 

いろんな方にお会いします。

スピリチュアル的なことですが、最近ヒトによっては会った後の疲れがひどいです。

どうやら良くないものをもらっている感じです。

その夜、足がつったりします。

アタマは動いてるようで眠りが浅く、夢と現実の境で金縛りっぽくなります。

そういう、何かをもらうみたいなのってメンタルコントロール次第だと思うんです。

啓発的なことは経営してたということもあって、メンタルコントロールは結構学んできた方だと思います。

しかし、近年、ちょっと弱まってるなあと感じます。

体質の変化も感じるし。

やっぱり魔除けの意味を込めてガードしなくてはいけません。

 

パワーストーンが必要なわけ

 

「パワーストーン」。

オトコがアクセサリーなんて、と思ってましたが。

現代ではどうやら必要みたいです。

いろんなものから身を守らなくてはいけません。

邪念を持った人も多いのです。

そんなイヤなエネルギーを持ったヒトからガードしなくてはいけません。

どうやら、石のチカラを借りた方がいいみたいです。

近年はショッピングセンターでかなりメジャーに販売されてますし、人々の意識の変化を感じます。

「数珠」も昔より親しまれたパワーストーンですし。

1億年も2億年も地球上に存在して、いろんな景色を映し出し、風雨に耐えた物質に偉大なエネルギーが宿るのも当たり前に感じます。

一昔前より、良くない周波数の波動も増えてきてるのは確かでしょう。

電磁波しかり。

もうすでにスピリチュアルみたいな目に見えないものって科学で解明されようとしています。

量子力学の分野で、見えないエネルギーの姿は「シュレティンガーの猫」などでだいぶ馴染み深くなってきたと思います。

 

schrodingers_cat

 

おわりに

 

去年までは1年半の間、1日3回温泉に浸かってたので厄落としはできていました。

温泉はかなり強力な厄落としなのです。

ミネラル満載の液体に浸かることの凄さです。

普通に湯船につかるだけでももちろんいいのですが温泉は最強でした。

思い返せば体感も全然違います。

日々パワフルさに溢れていました。

それが都会に戻ってみると疲れやすくなってしまいました。

power_stone

 

パワーストーンを身につけるのはアクセサリー嫌いとしてはツライので、カバンに忍ばせておくくらいに止めようと思います。

まずは偏頭痛を抑えたいところです。

現代の混沌とした社会に負けた気がしてなりませんが、しっかり防御しないと裸では生きていけないことがわかりました。

 

 













Comment On Facebook