チラシデザイン、動画編集制作、ホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

ダンボールが運んでくる厄介なヤツ、、、そいつは”G”

5394 views
約5分
ダンボールが運んでくる厄介なヤツ、、、そいつは”G”




はじめに


飲食店の大敵であるアイツ、、、。
まあ、ほとんどのヒトにとって大敵に違いありません。
G(ゴキブリ)さん、、、

外で見かける分には我慢できますが、もし自宅に出没したとなると、狂いそうになりますよね。
ワタクシ、飲食店をやっていましたが、やはりゴキブリを絶滅させるのは至難の技です。
なぜなら、駆除しても新たにどんどん外から侵入してくるからなのです。

Gはどこからやってくる?


Gは飛んでくる場合もありますが、関東のゴキブリは飛んだのを見たことがないです。
九州の実家に住み着いていたGは飛んで向かってきますのですごくタチが悪いです。
しかし、大概は普通に玄関やベランダが開いている隙を狙って侵入してきます。
他にも飲食店のパターンとしては、納品業者の納品物に紛れてやってきます
こういうヤツです。

食材を納品するときに入れるコンテナや

『ばんじゅう』と呼ばれるもの。
これにGの卵がひっついてくる場合が多いのです。
そうです、卵が厄介なのです。
卵は一見気づきにくいので侵入を許してしまうのです。
しかし、飲食店だけではありません。
一般家庭も油断しているとGさんの侵入を許してしまいます。
例えば、、、
危険なのはココ!

そう、スーパーにある『ダンボール、ご自由にお取りくださいコーナー』
これ、ホントに気をつけてください!
このダンボール、Gさんの卵がひっついている確率が高いです。
是非とも、使用しないことをおすすめします。

amazonなどのダンボールも、、、


みなさん、おなじみamazonですが、ダンボールは果たして大丈夫でしょうか?
これもなんとも言えません。
いろんな倉庫などを経由するので全くの安全とは言い切れません。
そんなこと言ってれば、すべてのダンボールが不安で仕方ありません。
zozotown(ゾゾタウン)の黒いダンボールなんてカッコイイです。

でも、、、ワタクシ、ダンボールは基本的に玄関から中には入れないようにしています。
ダンボールの開封の儀は玄関で行います。
そしてなるべく早くゴミ捨て場へ持っていきます。
そこまで神経質になる必要はないのかもしれませんが、大人になるとGさんも含めて虫が怖くないですか?
そして特にGさんは飲食店の敵でもありましたので気になる存在なのです。

ダンボールはとにかく危険


ゴキブリは、腹面と背面が何かにくっつくような狭い隙間を好むようです。
ダンボールは、2枚のボール紙の間に波型のボール紙が挟まれた構造になっています。
小さな幼虫にとって居心地のよい隙間があり、また卵を産みつけられることもあります。
保温性・保湿性が高く、他に餌がないときにはなんと食べることも考えられるのです。
ダンボールに使われている接着剤は「コーンスターチ」と呼ばれるデンプンが原料として使用されているのです。
コーンスターチは、ゴキブリの餌になる可能性があるので注意が必要なのです。
特に新生活の始まる3~4月の春は、引っ越しや家電の購入、ネット通販など、ダンボールが家に持ち込まれる機会がグンと増えます。
ダンボールは長く放置せず、不要になったらすぐ処分するべきでしょう。
収納などに再利用しない方が絶対にいいです。
必要があって保管するときは、ダンボールが濡れたり湿ったりしない場所にしましょう。
ダンボールが湿けている場合は、日の当たる場所で乾燥させたのち、乾燥した場所で保管してください。
そして、ダンボールの周囲にホウサンダンゴみたいな毒餌剤や粘着トラップを置いておいて、くっついてきてしまったゴキブリ対策をしてみましょう。

"G"だけじゃない


ダンボールの害虫はゴキブリだけではありません
ゴキブリが要注意な存在としてよく知られていますが、ダンボールで気を付けるべき虫はなんと他にもいるんです。
・ダニ
・ノミ
・クモ
・カビ
・シロアリ
これらの害虫も「暗い」「高温多湿」などの環境を好みますので、ダンボールを棲家にしやすいのです。
シロアリは家の中にいることはほとんどないかもしれませんが、庭や家の床下にダンボールを保管している場合は住み着き増殖する危険が発生します。
十分注意しましょう。

おわりに


ダンボールにひっついてる卵もかえらなければ安心です。
ダンボールを開く・閉じるときは「新聞紙」などを敷いておきましょう。
ダンボールを置いたまま生活するのは見た目も良くないし控えたほうが良さそうです。
だからオリンピックに使ったダンボールベッドなんて大丈夫かい?と思ってしまいます。
段ボール家具は強化ダンボールでできているため、基本的に耐水性です。
多少水がこぼれた程度では弱くはならなく、素材全体に水がかからない限りは大丈夫と言われているそうです。
もし、水をこぼしてしまったら、すぐに拭き取りましょう。
また段ボールと比較すれば固いので、一般的な段ボールよりも狙われるリスクは小さいです。
しかしほかの家具と比較すると、ゴキブリの餌のもとがあるため当然狙われやすいのです。
「ゴキブリベッド」でしょ。
怖くて寝れない。。。




Comment On Facebook