チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

マジメで優しい気弱な「のび太」が主導権を取って物事を優位に進める方法

320 views
約 5 分




はじめに



人として生きるにはこうあるべきだ、というのは色々あると思います。

子供の頃からマジメに優しい子になりなさいと教育されるものです。

しかし、大きく成長していくと矛盾が生じることに気づいてきます。

その優しさにつけ込んだり、マジメさを利用する人が現れてくるのが社会なのです。

現代は正しくマジメに生きることがバカを見るのでしょうか?


グループ内での位置付けを考えてみる




いろんなグループに所属する過程で、自分のポジションというのはピラミッドで決まってきます。

階層別に身分、階級を格付けする「ヒエラルキー」というやつですね。

飼い犬が飼い主を順位付けするのと同じように、人も自然とグループ内の他人を位置づけするのです。

会社や学校、サークルなどいろんなグループ内でです。

わかりやすく言うと、ドラえもんの登場人物のように位置付けされます。

ガキ大将のジャイアンを頂点として、ジャイアンにいつもべったりなスネ夫、そしていじめられっ子ののび太、勉強のできる出木杉くん、みんな大好きしずかちゃんなどです。

それぞれ役割が決まっているキャラクターなのです。

いつの間にかそういうポジションが出来上がってしまうのが不思議です。

ジャイアンはいつの間にかその場を支配し、イニシアチブを取っています。

その近くにいるスネ夫はジャイアンに貢物を渡し、安全を担保してもらっています。

そして、のび太を複数でいじめることにより、なんでもいうことを聞くパシリのような都合のいいのび太くんが出来上がってしまうのです。

この状況をドラえもんがいないとして、でのび太が脱するためにはどうすればいいのでしょうか?




気の合う仲間と起業するようになった時のポジションは?




気の合った仲間と起業するという話を腐るほど見聞きします。

リスクも分散できるし、悪い話ではないと思うことがほとんどです。

しかし、意図的に共同経営を持ちかけてくる人も多いのです。

やはり、誰しもリスクは少なく、収入は多くしたいのがホンネです。

共同経営となると優しいのび太のような人は経営上の駆け引きで負けてしまいます。

ビジネスパートナーがジャイアンだとしましょう。

ビジネスに関しては、押しの強い人ジャイアンのような人が間違いなくいい目を見るのです。

いつの間にか立場が弱くなったり命令されるがままになってしまうことも多いのです。

共同経営は主導権を取っている人が有利なのです。

共同経営していても会社が成長過程にあれば特に問題はないと思います。

しかし、一旦業績が下降気味に転じた瞬間に歯車が狂い始めるものなのです。

ピラミッドの頂点で権限を強く持っている人のおかしなアクションのせいで業績が下降したにも関わらず、矛先が立場の弱い者に降り注いでくることもあるので阻止しなければいけません。



主導権が取れていない場合はどうすればいい?




主導権が取れない中でも自らの存在価値を高めておくことをしなければなりません。

会社内でとても重要な役割を担っていなければ交渉しても立場が弱いのは当たり前です。

普段から会社内で必要とされる存在でいるよう努力することが前提となります。

そして、共同経営の相手としてのジャイアンを強く「詰める」ことが重要です。

「ジャイアンさん、お話があります。あなたのワンマンのせいで会社はグチャグチャです。行動を改めないと、辞めていただくか、持ち株比率変更を提案します」。、、、など
と言って詰めた方がいいでしょう。

詰め方としては、、、人してどうなんですか?社会人としてどうなんですか?など倫理観をタテに詰めていくことが適切です。

大抵、問題のある人というのはくだらない行動を起こす人が多いのです。

人としてどうあるべきか?というところで詰めて行くのが適切でしょう。


マジメ+優しい+ α





会社の社長なりトップの人は通常、真面目で優しい人間を求めています。

イチバン使いやすいからです。

そのトップがヘンな人だと使い捨てされてしまいますから気をつけましょう。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

やはり、『強さ』が必要なのです。

マジメで優しく生きるのであれば「+強さ」を兼ね備えなければいけません。

交渉する強さ、意見を言う強さ、悪いことを排除する強さ、、、

強い自分を出して怖い存在であることをアピールしておくと物事が有利に進むことがわかるでしょう。

怖さが一人歩きして、その場に存在していなくても物事がうまくいきやすくなるのです。


人間は戦いをしていないとエネルギーがなくなってしまう




習慣的にケンカをしてる人は肉体的にも精神的にも強いのが当たり前です。

優しい人もたまには怒ったりしないと怒り方を忘れてしまうし、怒ることに多大なエネルギーが必要になって来ます。

習慣的にいつも怒ってる人に負けてしまうのです。

運動もしないと体力がなくなっていくのと同じです。

精神が強靭であればあるほどエネルギーに満ち溢れます。

肉体も精神も鍛えていないといろんなことに負けてしまう自分が出来上がってしまうので気をつけましょう。




おわりに



親切で優しい人は不幸になります。

親切で性格良く生きるなら、それと同等の強さを身につける。

優しくすると、ついには自分をごまかし始めるのです。

「いいんだ、僕はあの人の役に立ってるから」と、結局は自分を苦しめてしまうようになります。

強くならないと善人になれないのかもしれません。

それが資本主義経済の矛盾なのでしょうか。















Comment On Facebook