チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

2020年、最新の成功の定義「成功の科学」とは?

717 views
約4分
2020年、最新の成功の定義「成功の科学」とは?




はじめに


世の中には「成功哲学」があふれています。
初期は鉄鋼王のアンドリューカーネギーの提唱するもの。
そして「ナポレオンヒル」や「ブライアントレーシー」など多種多彩です。
これらのものから派生された自己啓発セミナーも非常に多く出現しました。
現在では「ジェームススキナー」や「アンソニーロビンズ」などが成功哲学の第一人者でしょう。
では、これから先を担うであろう「成功哲学」の要素とはどんなものなのでしょうか?

2020年以降の「成功」要素


そして、今最新の成功哲学はコレでしょう。

アルバート=ラズロ・バラバシ教授による成功の科学です。
この本の要約記事がコチラです。

謎を解く鍵は、「ネットワーク思考」にある。バラバシは様々な分野における「成功」をネットワークという観点から研究することで、これまで知られていなかった新たな「成功の法則」を見つけ出したのだ。

要するに所属するネットワークによって成功するかどうかは決まってしまうということです。
例えばアートの世界では、MOMAなどのステータスの高い美術館に作品を出展することが成功の鍵だった。一方、キャリア初期に凡庸な美術館に出展してしまうとジリ貧のまま浮上できない。であれば、MOMAに近づく最短経路を見つけたいわけだが、地理的に近いはずのニューヨークにある小さなギャラリーがMOMAとつながりをもっているとは限らない。もし、東京のギャラリーがMOMAと同じネットワークを共有しているとすれば、無名の芸術家は地理的に近いニューヨークで活動するよりも、東京で活動したほうがよいといえる。

ふむふむ、、、より良いネットワーク内に身を置くことが重要ですね。
なんとなくわかってたようなことですが、従来よりあった「つるみの法則」と似通っています。
「類は友を呼ぶ」ですね。
人は、自分と似た人に引き寄せられるし、心地いいものです。
ここで言うネットワークの科学とは、能動的に「新たなネットワークに参加する」と同じ意味を持ちます。

スター研究者を輩出


バラバシのさらにすごいところは、彼の研究室から若きスター研究者を数多く輩出していることです。
どのような基準で研究メンバー(大学院生やポスドク)を選定しているのかについて訊いてみた。バラバシを求めて世界中から人が集まってくるとすれば、優秀な人材を選び放題であるはずだ。
すると彼は即答で、われわれの予想を裏切る答えを返してきた。「それは、自立していることと(Independent)、善き人であること(Be nice)のふたつだ」

どういうことなのか??

「自立していること」とは?


「自立している人」とはどういうことか。それは、自身が独自の研究テーマをもっており、たとえ師がいなくとも自分自身で研究を進めることができる人だ。自立していない場合、ともすると「世界のバラバシが言うのだから間違いない」と単なる下請けになってしまう。バラバシという強力な師がいても、自分を貫けるスタンスがある人が、バラバシの守備範囲を超えた分野で科学的発見を行なえる。結果、多分野に渡って優秀な研究者が輩出されていくのだろう。


「善き人」とは?


もうひとつの「善き人」とはどういうことか。これは、他人の利点を積極的に見つけられることや、批判よりも建設的なアドバイスを行なうこと、相手を積極的に助けることなど、人間として善良であるということだ。バラバシは、たとえ極めて優秀であっても、人間として善良でなければ、その人を研究グループには招き入れないという。こうした人は、バラバシが慎重に醸成してきたポジティヴな研究室の雰囲気をいとも簡単に壊してしまう。

革新的な人は「変人」なイメージがありますが、善人でなければいけないということですね。
「利他の精神」は京セラの稲盛さんがよく言ってたコトバです。
「他人のために」と言う思いは、常に念頭においておかなければいけません。
成功イメージ

結局、「成功」とは?


成功は「運」の要素も強いため、人間はアウトプットし続けている限り、年齢に関係なく社会に大きなインパクトを出せる可能性がある。この法則もバラバシらが発見したものだ。『ザ・フォーミュラ』の最後に記された法則は「不屈の精神があれば、成功はいつでもやってくる」である。この法則を胸に刻んだバラバシは今後もイノヴェイターとして新しい扉を開け、われわれの世界の見方を大きく変えてくれるに違いない。

バラバシお気に入りの葛飾北斎は、人生の晩年に差し掛かっても傑作を生み出し続けた唯一無二の存在です。
もっとも著名な作品「富嶽三十六景」は北斎が72歳のときの作品なのです。
アウトプットし続けることの結果です。
「不屈の精神があれば、成功はいつでもやってくる」ですね。




Comment On Facebook