チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

デリバリー市場は無限に拡大しつづける!?

287 views
約 2 分
高齢化の後押しでデリバリーのマーケットは拡大しています。

しかしどこまでも伸び続けるなんてことは絶対にあり得ません。

成長期に入ると、いつまでもこの状態が続くと勘違いしてしまいます。

次世代ビジネス『デリバリー』のススメ!!

市場の成熟化は絶対にやってきます。

これに気づいて行動に起こすヒトこそが生き残るでしょう。

●ニーズとシーズ、どちらが重要?

デリバリーというインフラを構築したら、消費者のニーズを満たすようにいろんな物やサービスをデリバリーすることを考えます。

これはもちろんそうなのですがそこには後追いが必ず現れて熾烈な競争が待っています。

ニーズについてはマーケティングが重要になってきます。

先を走りながらも『シーズ』についても考えていく。

これこそが重要です。

従来にないビジネスモデルを発案してスタートしてみます。

『シーズ』は企業側からの消費者への提案です。

そこにはお客様アンケートや市場調査からは何も生まれません。

事業には短期・中期・長期戦略が必要です。

ニーズを満たすのが短期・中期戦略。

シーズを満たすのが長期戦略と捉えてみるのがいいでしょう。

●シーズを生み出すちょっとしたヒント...

デリバリーや出前は基本的に消費者に商品をお届けする一方通行の1WAYです。

そしてお寿司屋さんはこれに『寿司桶回収』の行程がプラスされ2WAYになります。

例えばこれを3WAY,4WAYでやってみるとすれば・・・

という感じです。

キーポイントは経費のことも考えて『なるべく空(無荷物)状態にしないこと』です。

運送業はIT化のおかげで帰りは空にならないようマッチングが進んでいます。


IMG_6856 / Monica's Dad


 

市場が無限に拡大するという幻想には気をつけましょう。

消費者の一歩先行くビジネスをトライしてみましょう。

あまり先を突っ走りすぎることも失敗を招きます。












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook