福岡県民なら100%知ってる、30年以上も天気予報に流れるあの有名アーティストの曲にいろんな想いが込み上げる。。。

Sponsored Link

はじめに

 

アナタは地方出身者ですか?

ワタシは福岡県出身で今は首都圏に20年以上もいるわけですが、実家も福岡にあるのでたまに帰るわけです。

首都圏と違って時間の進み方も遅く、20年経った現在も過去とは景色がほとんど変化していません。

田舎って逆にスゴイですね。

変化がない。。。

人間が年齢だけ重ねてる、、、そんな印象です。

だからこそ変化しないローカルさに味があるのです。

 

福岡県民なら誰でも知ってる天気予報のあの曲

 

そして、福岡県民にとっていつのまにか脳裏に焼き付いてる曲があります。

それがコレ!

長年、聴き続けているのでいろんな感情が湧き出てきます。

その福岡県民の曲と言ってもいいくらいのこの曲の正体は

FANTASTIC VISION / TM NETWORK

です。

そう、TM NETWORKといえばあの小室哲哉です。

1984年から30年以上にわたって福岡県民は聴き続けているのです。

ワタクシ、27,8年ぶりに聴いて懐かしさで涙が込み上げてきました。

視覚や味覚より、聴覚による記憶を戻した時に、全身が身震いするほどの感情が噴出する感覚が残ります。

Youtubeアップされてるコチラはすごい聴きやすくてありがたいです。

 

 

福岡県民はきっといろんな想いが込み上げてくることでしょう。

福岡県民以外にはなんのことやら、、、ですが。

 

ローカル色たっぷりなTVCM

 

ローカルの代表作といえば、TVCMでしょう。

全国にはたくさんのローカルCMがあります。

福島にいた時はパチンコ屋のCMが多かったですね。

雪国だから首都圏ではあまり見ないスタッドレスタイヤのCMが冬にはなんと多いことか。

やはり地方はクルマ社会なんですね。

隣は宮城県だったので仙台出身のサンドイッチマンの焼肉屋のCMなんかも面白かったです。

そして福岡にもあります。

福岡は印象として博多華丸大吉とスザンヌ推しが強いです。

いつもTVで見かける印象です。

首都圏では最近はあまりスザンヌ見かけないんですけどねー。

そして福岡のTVCMとして、代表的なのが『うまかっちゃん』でしょう。

Sponsored Link

 

おわりに

 

この天気予報の曲を四半世紀以上ぶりに聴いて、即座に脳が活性化する感覚がありました。

フル回転して過去の記憶の引き出しを開け始めて、いろんな感情が呼び起こされました。

過去の経験による笑い、怒り、悲しみが溢れ出てくるのです。

故郷に帰るというのはこの感覚を体感して過去を振り返り、未来へ生かすことなのだと思いました。

天気予報に流れるこの一曲によって多大なる勉強をさせられた気がします。

 

 

Sponsored Link

あわせて読みたい