横浜のチラシデザインとホームページ制作屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

最近「スト」ってないよね!?

163 views
約 4 分




はじめに

「スト」って言ってもゲーマーにおなじみの
streetfighter
コチラではありません。

賃上げ交渉でおなじみの「ストライキ」です。

さほどおなじみではなくなってきたかもしれません。

私は小・中・高校と徒歩圏内だったため、直接には関係なかったが幼少期はストライキでバス、電車がストップしていたのを覚えています。

高校はバス通学が生徒の大半だったので スト=学校お休み でうれしかったものです。

しかし、最近はめっきりストで公共交通が止まったなんてあまり聞きません。

労使交渉はうまくいっているのでしょうか?

その疑問を解いていきましょう。

賃上げされてないのでは?

確かに、70年代、80年代と比較すると賃金は上昇していません。

ストの件数は2011年は全国で57件。

ピーク時の1974年に9500件を超えていたのとは様変割りしています。

当時の高度成長期は、インフレ率も上昇しているので賃金の上昇を強く求めないと生活していけない状況でした。

今でも、長時間労働やリストラなど、働く人に不満はあるはずです。

しかし、ストが減ったのは、経営側と組合が定期的に情報交換をする、労使協議の仕組みが普及してきたことが背景にあるでしょう。

ストが減った原因

他にも、ストが減った原因として、サービス業への従事者が増えたことが要因としてあります。

どの国でも経済発展とともに小売業や飲食業、介護事業などのサービス業で働く人が増えたことです。

ストは製造業のものというイメージがあります。

あと、非正規労働者が増えたこともあります。

そして、年功序列や終身雇用が崩れつつあり、労組には雇用優先のムードも生まれてストどころではなくなってきました。

 

欲求から「スト」を読み解く

お隣、韓国では自動車メーカーのヒュンダイが労使交渉で問題になってストライキも起きています。

この日本と韓国の違いはしょうがないことで先進国と新興国の違いそのものです。

マズローの欲求の5段階によると日本人は下層の1,2段階の欲求は生まれてきた時点で大半はクリアできています。

f:id:sheep70:20131023164628p:plain

しかし、韓国などの新興国では格差が激しく、まだまだ日本ほどではありません。

(韓国が新興国か先進国かという疑問は置いといて)

だから、物的欲求も強いので労使交渉は厳しいものになり、なかなか妥結しないのはしょうがないことです。

日本でも実際30年前は労使交渉がまとまらずストに突入していたのですから、韓国でもいずれ日本と同じようにストライキは減っていくでしょう。



韓国のサムスン電子が元気で世界でも有数の企業に成長しましたが、サムスン以外の韓国企業は元気ないのが実情のようです。

欲求の1,2段階をクリアするのに必死に働く韓国人と、4,5段階の自己実現に向けて働く日本人とはステージが違うので精神的余裕の違いが開発力の違いに直結するのだと思います。

冷静に見るとすばらしい技術革新やノーベル賞などを輩出するのは圧倒的に先進国からです。

これは当たり前のことで単純に高いレベルの物事を考えることができる環境が備わっているからなのです。

おわりに

サービス供給停止によるストは生活を不便にしてしまうかもしれないので受け入れ難いものです。

しかし、賃金の上昇は歓迎するものです。

そしてゆるやかなインフレという環境が一番好ましいのです。

低賃金のブラックバイトは根絶できる社会にしたいものです。

だけど、誰でも目に見えないストを行っているのではないかと思います。

この仕事、割に合わないなと思えば手を抜いて仕事するなんてしょっちゅうあるに違いありません。

こちらの目に見えないストの方が企業をじわじわ侵食してタチが悪いかもしれません。













Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment On Facebook