チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

ヒトを巻き込むためには「スピード」で凌駕せよ!

257 views
約 4 分




はじめに


 

今の世の中、一人で生きることはなかなか難しいことです。

ましてや、事業を大きくするためには一人では何もできません。

いろんな人の助けが必要になってきます。

しかし、いろんなヒトの助けを仰ぐにはカンタンではありません。

いろんな絡みが障害として目の前に現れてきます。

ヒトを巻き込むためには、カリスマ性だったりの求心力が必要だったりと、いろんな要素があります。

しかし、カリスマ性というものは即座に身につけることは難しく、経験の多さがカリスマ性を身につけてる場合が多いのです。

長年の蓄積によるものが人間をたくましく輝きにあるものにしているのです。

しかし、特定のヒトしか求心力を生み出すことができないことはありません。

 

他人を引き込むには


 

普通のヒトが他者を巻き込む。

ジブンのビジネスに巻き込む。

他者をビジネスパートナーに巻き込む。

そのために必要なのは「スピード」です。

普通のスピードではありません。

圧倒的なスピードです。

凌駕するようなスピード。

 

物事が圧倒的なスピードで進んでいる時、人々はそこに注目します。

進んでいるということは、変化が急速に訪れているということ。

急速な上昇気流が発生しているということです。

そこに人々は参加して、私もあやかりたいと思うわけです。

自然とその場に魅力が生じて、人々が集まりだしてきます。

 

ジブンも店長時代、飲食店の売上を急速に5倍超にして、300店舗売上NO1にした時は、忙しいにもかかわらず、不人気のサービス業にもかかわらず、優秀な人間が集まってきた覚えがあります。

飲食店の運営自体はそんなに難しいことはやりません。

しかも、一昔前だったので現在ほど飲食店も競争が活発ではありません。

きちんと普通のことをスピードつけてやれば結果はすごいスピードで返ってきたのです。

内部からは優秀な人間を採用できたりもしましたが、外部からもがヒトが集まってきました。

そのスピードに乗ろうと食材業者さんもいっぱい集まり、食品メーカーも加わって商品開発なども始まりました。

他業種とのコラボレーション企画などもあり、予想だにしない出来事が次から次に起こり始めたのでした。

ですので、「スピード」から起こる現象はとてつもない大きさだと肌で感じ取ってわかっています。

ちなみに、ジブンが人生で一番頑張った時期でした。

 

 

「スピード」が加速すると?


 

世界一の起業家と呼ばれるイーロン・マスク。

映画「アイアンマン」のモデルとなった人物で、電気自動車メーカー、アメリカ ”テスラモーターズ”のCEOです。

電子決済のPaypalを創業し、今ではロケット開発や、パイプを音速で駆け抜ける超高速旅客システムの開発も行っています。

彼は、次から次に新しい事業をもうスピードでやり遂げています。

それが、巻き込むチカラを生み出して、さらにまた別事業へと進む意欲が湧いているのです。

 

speed1

 

ソフトバンクの孫さんも同じです。

次から次に決断してスピーディにいろんな事業を立ち上げる。

あのスピード感覚に惚れ込んでいるビジネスマンは多いのではないでしょうか。

他にも、急速な動きで法律が追いつかなくて問題が発生しているというのが最近よくあることではないでしょうか。

Uberによるライドシェアの拡大、airbnbによる民泊の拡大。

やっと政府は重い腰を上げて法律改正に動き始めました。

急速なベンチャーの仕事ぶりが政府を動かすのです。

政府を巻き込み始めたのです。

国をも動かすチカラが「スピード」には、あるのです。

 

おわりに


 

誰にでもできる、物事に「スピード」をつけること。

これが、圧倒的に他者を巻き込む方法です。

もちろん、物事を正確にやり遂げることが前提条件となりますが。

成果を求めたいなら、より多くのヒトを巻き込み、スピードに乗っかることです。

ベンチャー企業の手法です。

時間の流れを狂わせるイメージでしょう。

「スピード」は徹底的な攻めの戦略です。

攻めと守りをしっかりと認識してビジネスを行えば急速に成長し、長期間継続できるでしょう。

「時間」と言う概念を取り払って夢中で物事を成し遂げてみることが絶大なる成果を生み出すのです。

 












Comment On Facebook