チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインとホームページ制作

日本のマクドナルドは善人スタッフで行列ができるが、中国では意地悪スタッフで行列になる?

437 views
約 3 分




はじめに


企業は、業績が悪化するとリストラなどで統制的な手法で組織を厳しく締めつけ、業績を改善しようとする経営者が多くなります。

が、一時的には業績が上がるかもしれませんが、長い目でみると多くの場合、従業員のやる気を低下させ、組織がボロボロになってしまいます。

この問題を考えるうえで参考になるのがダグラス・マグレガーの『X・Y理論』です。

X理論、Y理論とは?


X理論とは、単純に言うと性悪説です。

『人間は本来なまけたがる生き物で、責任をとりたがらず、放っておくと仕事をしなくなる』命令や強制で管理し、目標が達成できなければ懲罰。

また、普通の人間は命令されるほうが楽で、責任を避け、安全を望むという考え方です。

これに対しY理論は性善説です。

『人間は本来進んで働きたがる生き物で、自己実現のために自ら行動し、進んで問題解決をする』

また、人は条件次第で自ら責任を取ろうとするという考え方です。

マグレガーは、Y理論で経営を行うほうが高い成果をあげると主張しています。

信じて任せたほうが人は力を発揮する。

たまに悪いことをする者もいるが、それは一部である。

日本と中国では次元が違う?


しかし、wikipediaによると

アブラハム・マズローが先に唱えた欲求段階説を基にして説明されている。

XY理論に境界はなく人間はX-Yを繋いだ線上にある前提で、X理論は低次元の欲求を多く持つ人間の行動モデルに分類され、Y理論は高次元の欲求を多く持つ人間の行動モデルに分類される。

マクレガーは、低次元の欲求が満たされている人に対してはX理論による経営手法の効果は期待できない。

低次元の欲求が満たされている1960年代ではY理論に基づいた経営方法が望ましい、と主張した。

maslow

先進国である日本では、低次元の欲求である、生理的欲求と安全の欲求は大半が満たされているので、Y理論で業績アップするのは納得できます。

しかし、中国はまだ発展途上なため、低次元欲求を満たすのはまだまだ時間がかかるので、X理論をベースの経営となるでしょう。

終わりに


だから同じマクドナルドでも、日本ではスタッフの自主性に任せて運営している側面が強いのですが、中国ではスタッフを野放しだと悪いことばかりしてしまうかもしれません。

ジブンでも店舗経営時代、人手不足ため中国人スタッフを雇い入れた経験がありますが、どうにもこうにも苦労しました。

でも、これは中国人の資質に問題があるというわけではなく、欲求の段階が上がって豊かになっていけば中国もY理論での運営にシフトしていくでしょう。


マクドナルド / penpenpen












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook