チラシデザイン、動画編集制作、ホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画編集&ホームページ制作

【最新版】動画制作TIPS

, …
418 views
約3分




はじめに


動画制作後のエンコードなど、結構動画制作にまつわるTIPSは忘れがち。
なので備忘録としてメモしておきます。

エンコードTIPS

サイネージ用に書き出すときエンコードに苦戦します。
その時のためにどうぞ


やはり、サイネージ書き出しにミスが連発するのでメモメモ、、、
サイネージはタテ長が多いので要サイズチェック!
間違えて黒帯が入ってしまったのでまず修正方法がコチラ!


エンコード1
そして単なるサイズ設定は「ソース」と「出力」を合わせること。
なのでタブを開いてイチバン下部の「出力サイズをソースに合わせて変更」を選択。
エンコード2
そして書き出す前に「出力」と「ソース」のサイズが同じになってるか確認!
エンコード3

動画素材の画質が酷くなる

動画素材自体の画質は悪くないのに、AEもしくはPrのタイムラインに挿入した後、もしくはエンコードした後に画質が酷くなるパターンがあります。
そういう場合は元の素材の拡張子を変更してみましょう。
webコンバーターなどを使用してmov→mp4 や、その逆をやってみたりしてみましょう。
案外改善されますよ。

GIFの圧縮

GIFを動画の代わりに使用したいけど容量が重いのもGIFのデメリット。
なるべく軽くしましょう。
webでできるオンライン圧縮でGIF圧縮をしましょう。

これで圧縮レベル最大の「200」でやっても大丈夫かな。
画質見ながら調整。
これで70%くらい圧縮。
ここで一回ダウンロード。
そしてさらに最適化していきましょう。

Optimize Transparency」を選択して
「Fuzz」を10%くらい
で十分でしょう。
これでかなり圧縮できます。
GIFはどんなに重くても1MB以内で抑えないとwebページ自体の動きが遅くなってSEOにも悪影響です
なるべく圧縮を心がけましょう。




Comment On Facebook