チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

ヘッダー部にコードを追加できないwordpressテーマは「プラグイン&子テーマ」で解決

1531 views
約3分
Simple Custom CSS and JSとGoogle tag manager




はじめに


wordpressテーマのカスタマイズはよくあることだと思います。
cssカスタマイズだったり、Google analyticsのコードを貼り付けたり、、、
しかし、テーマのカスタマイズは、テーマのアップデートによって台無しになってしまうことがあります。
ワタクシは、クライアント様向けにTCDのwordpressテーマ「STORY」を使っています。
Google analyticsは通常、”header.php”にタグを追加するのですが、「STORY」はそれができません。
headタグが見当たらないのです。
なので、"Simple Custom CSS and JS"というプラグインを使用します。
備忘録としてやり方をメモしておきます。

ヘッダー部にコードを追加できない


TCDの「STORY」の残念なところ

トップページにHTMLを追加できない
これについては賛否あるかと思いますが、トップページに独自にHTMLを書いたコードを追加することができないので、STORYの考えるデザインしかできません。
ただ、独自でコードを追加することによって、STORYのすばらしいデザインを崩してしまうこともあるので、これはこれで良いのかもしれません。
ヘッダー部にコードを追加できない
~にコードを挿入する機能がないので、これを実現するにはテーマファイルをカスタマイズする必要があります。
ただ、これは少し敷居が高いので初心者の方にはおすすめはできません。
これができないと、アクセス解析などのタグを貼りつけることもできないので、初心者向けにGoogleアナリティクスのトラッキングIDだけでも挿入する欄があれば良いなと思います。
※ CSSのコードは追加する欄が設けられています。

この弱点にはプラグインを使用して解消する方法があります



"Google tag manager"を使用する場合、タグを2つ挿入しなくてはいけません。

1.head~/head内と
2.body
です。

まず、head~/head内はJSタグです。
body内はHTMLタグになりますので気をつけましょう。
でも、、、bodyタグの方はbody後すぐに記載しなければいけません。
bodyタグはこのプラグインではうまく記載する箇所がありません。

結果、プラグインと子テーマの両方使い


そうなるとやはり子テーマです。
子テーマの追加はコチラから

2のbodyタグへの記載は子テーマで行うしかありません。

おわりに


wordpressはテンプレートなので制作が楽ですが、カスタマイズになるとスムーズにいかなくなります。
Google tag managerによるコード挿入はまだまだ情報が多くありません。
やりながら覚えていくしかありませんね。




Comment On Facebook