チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

アナタの事業やサービスにもキャラクターが必要なワケ

973 views
約5分
アナタの事業やサービスにもキャラクターが必要なワケ




はじめに


これからは事業やジブンをキャラクターでアピールするのが必須になりそうです。
そのワケとは?
「一億総活躍社会」なんて盛んに言ってます。
国策です。
全員活躍しなさい!、、、てコトで自分をアピールする「ブランディング」のポイントを押さえていきたいと思います。
そのうちフィギュアなんてのも、、、

「ブランディング」


「ブランディング」はストーリーです。
ストーリーに人々は感動するし、記憶に残り、「ブランド化」します。
そして、基本的には「他者より目立つこと」です。
「自分は何者か」を伝える強力な物語を作ることが成功の鍵となります。
あなたの背景や経験、伸ばしたスキルといった要素をうまくミックスすることで、魅力的な物語が出来上がるのです。
その物語を作りやすくするために必要なことがあります。

  • 自分が物語に入れたくないのはどこか
  • ワタクシならば、、、「会食恐怖症」という食事ができなくなったことをストーリーに入れたくないです。
    しかし、それを導入することによりストーリーを聞いた人が親近感を持ちます。
    一見デメリットと思えるようなことがどのように転ぶかわからないのです。
    是非ともこの一点に注目してください。

  • エッジを効かせるために創造性(クリエイティブ)を醸成する
  • いかなる創造性であってもアナタを際立たせることが可能となります。

  • やはりポジティブに攻撃的に
  • 積極姿勢で1ミリでも前進しようという精神が変化をもたらします。

  • 素の自分も見せると周りの人も安心
  • 弱い自分を見せると助けてくれる人が現れます。
    大勢の人の前でアピールすることは大切ですが、助けてくれるようにスキを見せることも大切です。
    弱い部分を見ると人は安心するのです。

    やはりオリジナリティを


    セルフブランディングにもなるキャラクターデザイン。
    会社やサービスにはロゴやキャラクターが存在します。
    キャラクターは主に動物やヒトを基にデザインされたものが多数です。
    セルフブランディングロゴ
    コチラは食堂に働いてた従業員のキャラクターです。

    令和の時代にはキャラクターが必須


    コロナウィルスによってソーシャルディスタンスというコトバが当たり前になり、物理的に他人との距離を取らなければいけなくなりました。
    zoomなどでリモートでコミュニケーションを取る時代の到来です。
    コロナウィルスがある程度収束したとしても、このコミュニケーションの取り方は継続していくことは間違いありません。
    その時に顔出ししたくない方は一定数いるものです。
    そういった方々のためにキャラクターが必要となってきます。
    最近はYoutuber(ユーチューバー)ならぬVtuber(ヴイチューバー)が出現してきています

    VTuberとは?
    バーチャルYouTuber(VTuber)とは、簡単に言えば「3Dモデルを用いて、顔出しはせずに活動を行うYouTuber」の総称です。


    コチラはアイシープのキャラクターであるヒツジを基にいろいろ動かしてみました。
    アルパカ
    コヒー飲むヒツジ
    鍋ヒツジ

    サーチリフト効果で集客アップ


    「サーチリフト」というコトバがあります。
    動画広告配信で対象キーワードによる検索数がどの程度変化したのかという指標です。
    視聴者の目線を引くためにキャラクターを使用するのとしないのとでは13ポイントアップというデータが出ているのです
    これはタレント登場の10ポイントを3ポイント上回る数値なのです。
    どうですか?
    キャラクター使いたくなってきませんか?

    視覚的にも「キャラクター作り」は必要


    「LINEアバター」も使える


    自分のキャラクターをしっかり作り上げて1億人が活躍するために、LINEがいいサービスを作ってくれました。
    カワイイ自分そっくりなアバターをカンタンに作成できます。
    自分の写真をもとにしてもキャラクターができます。
    しかし、こんなにカンタンにキャラクターできるなんてありがたい。
    いろんな使い道がありそうですね。
    マーケティングとしては非常にうまいです。
    テレビCMなんてしなくてもネットでうまく宣伝すれば費用対効果もバツグンです。

    アプリでキャラクターが自由に動く


    そしてキャラクターをカンタンに動かせるようになりました。
    クリエイターが使用するアプリケーションでおなじみのAdobeから character Animator(キャラクターアニメーター)というアプリケーションが登場しています。
    キャラクターアニメーター
    上部掲載のヒツジのアニメーションは簡易的な動きしかしていませんが、このアプリケーションを使うことによってもっと繊細な動きが可能になります。

    おわりに


    キャラクターの存在はアナタの事業やサービスをとっつきやすいソフトなイメージに変換してくれます。
    アナタがイラストしたデザインをアニメーションすることも可能になりました。
    今からキャラクターをデザインして、アナタの会社やサービスのイメージを面白いイメージに仕上げていってみてはいかがでしょうか。




    Comment On Facebook