横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

集客アップ!ホームページデザインのコツ大公開

, …
27 views
約8分
集客アップ!ホームページデザインのコツ大公開

ウェブサイトでの第一印象は重要です。
特にヘッダーは、訪問者が最初に目にする部分であり、あなたの商品やサービスに対する印象を決定づけます。
マイクロソフトリサーチによると、訪問者はウェブページに到着してから最初の10秒で留まるか離脱するかを決めます。
この貴重な時間を活かし、顧客の興味を引くためには、明確で具体的な情報提供が必要です。

ホームページデザインのコツ

ホームページデザインのコツとは!?

ホームページデザインには当然ですが、「コツ」というものが存在します。
どうしてもおしゃれなホームページを作ってしまがちですが、最終的にはどれほどの効果があるのかが非常に重要です。
そこのところを掘り下げていきたいと思います。

ホームページデザインの改善策

以下3つのホームページの改善策を紹介していきます!

画像に文字を重ねるときは半透明に

画像に文字を重ねるときは半透明にすることが重要です。
トップページのメイン画像やブログ記事のタイトル画像で、背景がごちゃごちゃしていたり、画像上のテキストの色とコントラストが足りないと、文字が読みにくくなります。
テキストの背景に画像を使う場合は、ごちゃごちゃしていない部分に文字を置き、目立つ色の文字を選び、半透明の背景を使用することを検討しましょう。
良い文章も読みにくいとその価値が損なわれます

見出しはボタンに見えないようにする

見出しは、訪問者が誤ってクリックすることのないよう、ボタンに見えない形で設計することが大切です。
クリックできないテキストは、ただのテキストとして認識されるようにすべきです。
反対に、リンクは明確にクリック可能であることを示し、色の違いやカーソルを合わせたときの下線表示で区別しましょう。
CTAボタンは、コントラストの強い背景色で設計し、カーソルを合わせると色が変わるようにします。
これもよくあるミスで、クリック後に「このページは必要ない」と感じさせてしまい、訪問者が離脱してしまう原因になります。

フォントは2種類まで

フォントは、2種類までに制限することで、訪問者の視覚的なフリクションを最小限に抑えることができます。
ホームページは絵画作品ではないため、見た目だけでなく使い勝手の良さが求められます。
フォントの種類は、見出しと本文で2種類、フォントサイズは4種類、文字色は最多で3色にすることが望ましいです。
デザインをシンプルに保つことが、売れるデザインの秘訣です。

ブログ記事で「〇〇とは何か?」は必要か?

訪問者がレシピを探している際に、「ババガヌーシュとは何か?」や「ババガヌーシュの起源は?」といった情報に埋もれ、レシピが見つからない経験は誰にでもあるだろう。
記事がSEOのために詳細を多く含むことは理解できるが、Googleもアルゴリズムを定期的に更新しており、ユーザーのニーズに即応し、直ちに本題に入ることが肝心である。
そうしなければ、読者を失うリスクがある。
「ババガヌーシュの作り方」を検索したものの、目的の情報がすぐに見つからず、結局別のリンクを探してしまうものです。

「お客様の声」専用のページは削除する

「お客様の声」を専用ページにまとめるよりも、トップページや商品ページのような行動を促したい場所に配置することが、より効果的である。
お客様の声を直接、信頼性を高めたい箇所に添えることで、その効果を最大限に引き出せる
個人的にはお客様の声専用ページも有用だと感じるが、他の場所で適切に活用することが重要だ。

サンクスページ活用でメール開封率アップ

新規メルマガ購読者に「ご登録ありがとうございます」と伝えるサンクスページをただの挨拶に留めず、アンケートやSNSフォローのような重要なCTAを追加することで、読者との関係を深める
こうすることで、新規購読者はあなたの名前を覚え、より肯定的な印象を持つようになり、メールを開封する確率が高まる。
サンクスページを活用することは、新規顧客の売上を増やし、集客を増大させる重要な機会でもある。

以下は、ウェブサイトの読みづらさを引き起こす7つの一般的なデザインミスです。

ウェブサイトの読みづらさを引き起こす7つの一般的なデザインミス

1. 文字サイズの誤り

フォントサイズは、少なくとも16pxが基本ですが、フォントタイプによっては18pxが適切です。
利用者にとって使いやすいフォントサイズを見つけることが、親しみやすいデザインへの第一歩です。

2. 読みづらい低コントラスト

皮肉なことに、ウェブサイトのキャッチフレーズやヘッダー画像に多くの労力を注いでいるのに、その読みやすさを確かめていないケースが多いです。
テキストの可読性を確保するためには、コントラスト比を意識する必要があります。
通常のテキストではコントラスト比4.5:1以上、大きなテキストでは7:1を目標にしましょう。

3. 過剰な背景利用

派手でモダンなデザインが流行している中で、テキストの背景が騒がしすぎることがあります。
背景とテキストのコントラストが低く、テキストが読みづらい例も見られます。

4. 過剰なハイライト

段落の10%以上をハイライトすると、その重要性が薄れます。
ハイライトは摩擦を生み出し、顧客の行動を妨げることがあります。
コピーのキーワードをハイライトするのは、時に効果的ではなく、読者がコンテンツをスムーズに読めなくなることがあります。

5. 中央揃えのテキストの過剰使用

中央揃えのテキストは、証言や複数段落のテキストに使われることが多いですが、読者が各行の開始位置を見つけるのが難しくなります。
2行以上のテキストを中央揃えにすることは避けるべきです。

6. マウスオーバーでのテキスト表示

訪問者は、カーソルを合わせてテキストを読むための余裕がない場合があります。

7. スクロールによる過剰なアニメーション

コンテンツのクリック数が増えず、メッセージが伝わらないことから、多くのデザイナーがスライダーカルーセルを排除し始めています。
スクロールするたびに様々なアニメーションが起動すると、読者はテキストに集中できなくなります。

異なるフォント、ハイライト、楽しい要素はウェブサイトに適していますが、それがコンテンツより優先されるべきではありません。色やフォント、アニメーションは、読者が言葉に注意を払わない限り、十分な信頼を築いて行動を促すことはできません。

これらの間違い、あなたのウェブサイトにいくつ存在しますか?少なくとも1つは見つかるはずです。

ホームページデザインのコツとは!?

さらに、、ウェブサイトで犯しがちな間違い

社内用語を使い過ぎている。

ヘッダーに使う言葉が多過ぎる。

行動喚起のボタンに消極的な言葉を使っている。

行動喚起(決済案内など)のボタンが、ページの下の方で繰り返し表示されていない。

画像が商品に関係ない、またはページで使っている言葉を裏付けていない。

かっこいい、あるいは気の利いた言葉だが明確ではない。

サイトで見込み客獲得の手段を宣伝していない。

スライドショーを使用しているため、テキストが変わるのが早過ぎて見込み客をイライラさせている。

顧客を物語にいざなうというよりも、“自社の”物語を語るサイトになっている。

ウェブサイトに関してクライアントが犯している最大の間違いは、サイトを複雑にし過ぎているという点なのです。

最初の印象で顧客を掴む!ウェブサイトヘッダーの重要性

ウェブサイトでの第一印象は、一度きりのチャンスです。
ここで見逃すと、顧客を引き付ける機会を逸することになります。

ヘッダーが形作る第一印象

ヘッダーはウェブサイトの最上部に位置し、顧客があなたの商品やサービスに抱く初めての印象を形成します。
第一印象は再現不可能なので、その瞬間を大切にすることが重要です

初めの10秒の重要性

マイクロソフトリサーチによると、訪問者はウェブページに到達してからの最初の10秒間で、そのサイトに留まるか離脱するかを決定します
この短い時間を乗り切るには、顧客の興味を引く表現が必要です。

訪問者の興味を引く方法

顧客が興味を持つのは、あなたが提供する商品やサービスが彼らの役に立つ可能性を感じた時です。
単に「かっこいい」や「気が利いている」文章ではなく、明確かつ具体的な情報が求められます。

明確性の重要性

未熟なコピーライターやマーケターはしばしば、自身をかっこよく見せることに注力しますが、これは「明確さ」を犠牲にすることが多いです。
しかし、第一印象で成功を収めるには、ウェブサイトが誰にでも理解しやすく、自社のビジネスを説明できる必要があります。

簡潔で明確な言葉で顧客の記憶に残る

マーケティングでは、顧客に記憶してもらうことが大切です。
そのためには、簡潔で明確な言葉を選び、相手の悩みや問題に対してどのように手助けできるかを示す必要があります

10秒テスト – 小学生も理解できるか

小学生があなたのウェブサイトを10秒間見た後、以下の3つの質問に答えられるか考えてみましょう:

  1. あなたが提供するものは何か?
  2. それが顧客の生活をどう改善するか?
  3. 顧客がそれを購入する方法は?

これらの質問にすぐに答えられるウェブサイトを目指しましょう。
忙しく、情報を選別する現代の人々に対応するためには、明確なメッセージが不可欠です。

ホームページデザインのコツとは!?

デザインのコツを周知したホームページ制作は

成功を収めるウェブサイトは、誰にでも理解しやすく、自社の商品やサービスが顧客の生活をどう改善するかを簡潔に伝えるべきです。
中小企業が成功するためには、適切なWebデザイナーや会社を選ぶことが不可欠です。
以上のポイントを参考にして、集客力をUPさせるためのWebデザイナー選びに取り組み、成功への第一歩を踏み出しましょう。

デザインのコツを理解し、効果的なウェブサイト制作をお探しなら、アイシープまでお気軽にご相談ください。

ちなみに、集客のためのホームページ制作これから依頼しようと思っている人は、こちらのホームページ制作を検討中なアナタは必読!から確認してください!
ホームページ制作を横浜で検討中なアナタは必読!

利益倍増テクニック100プレゼント