i-SHEEP Magazine

人生をデザインするブログ!

ファイナンス

金持ちになるには3世代必要

2016/05/04

東京って田舎と違うなーって感じることがよくあります。

その中でも東京を地元としている人たちとの圧倒的な違いを感じました。

まず、東京は昼間からぶらぶらして働いていない人が多い

正確に言うと、権利収入で生活している人たちの多さです。

主に不動産収入を得ている人たちです。

よくよく聞いてみると親がマンション建てただのビル建てただの、、、

 


【カンタンなお金持ちフロー】です。

第1世代:おじいちゃんが上京してがんばって働いて東京に家を建てる

第2世代:お父さんががんばって働いて独立して事業をもり立てる

第3世代:息子は私立の学校でエスカレーターで大学まで出て不動産収入を得る

 

もちろん1世代で裕福になる人もいます。

でもそれは端から見て、誰が見ても『がんばっている人』です。

そしてお金の使い道がヘタクソなのでファイナンスの習得まで身に付かず貧乏に逆戻りパターンも多く、無理が生じてほころび始めます。

かたや、3世代でお金持ちになった人は余裕があり、遺伝子レベルでお金持ち体質だなと感じるものです。

幼少期から親を見てるのでお金持ちになるための決断を出来るし、親戚や友達もお金持ちだから良質の情報も入手できます。

俗に言うおぼっちゃんは、一般的な仕事はあまりできなくて能力が低かったりしますが、かたや投資家としての視点は持ち合わせてたりします。

お金の増やし方や相続税・贈与税などの税務に長けてたりします。

もう完全に住む世界が違うなと感じるものです。

そしてなんといっても田舎より東京のほうが裕福になるチャンスにあふれていると感じます。

しかしこのことに気づいた時は、誰しも結婚して子供にもお金がかかる時期と重なるもので、そうなるともう遅くあきらめる人生に突入かもしれません。

ちなみに、在日の方にもこのフローが多いです。

-ファイナンス
-