チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

社長!より多くの収入を得ることを当然と思う時代はもう終わりです。

171 views
約 3 分
 

GIGAZINEの記事

約850万円を最低年収として従業員全員に与えた会社にその後何が起こったのか?から
3年間かけて会社の収益を見直し、2014年に給料を従業員全体の平均で20%アップすることに成功。2015年春には「120人の従業員全員に今後3年間、1年あたり最低7万ドルの給料を保証する」と発表しました。従業員の給料をアップさせるために、Price氏は自身の給与額を110万ドル(約1億3000万円)から7万ドルに引き下げ、従業員をクビにすることなく最低賃金を増やす計画で、70人の従業員が昇給し、そのうち30人の給料は倍以上に増やすことができたそうです。

 

経営陣と従業員の賃金格差を改善すべきである。

過去記事:年収600万もらえないビジネスは淘汰されるべき

あるように、サービス業は低賃金が当たり前である。

低賃金を強く受け入れたくない理由として、経営陣との格差である。

軒並み、社長は派手な生活をし、末端の従業員は低収入、休みなしである。

では、賃金格差をなくすとどうなるのか??
収益と純利益は前年度の倍に増加していて、顧客をほとんど失うことなく順調に営業を続けています。Price氏は「最低賃金を実現するために自身の給与を大幅に下げましたが、会社の収益が増えれば元に戻すことができるでしょう

 

やはり、従業員のモチベーションアップは計り知れません。

社会的事業として売り上げを伸ばし、より多くの納税をするための企業戦略としての施策として重要ではないでしょうか?

経営者は起業するときに、理念なるものを決定しているはずで、世の中の役に立つという目標のために経営しているはずです。

リスクを取った見返りとして、より多くの収入を得ることを当然と思う時代はもう終わりかもしれません。

経営者は、次のステップとして、より徳を積むために物質的欲求を捨て、精神的欲求を満たす方にシフトすべきではないでしょうか?

格差は混乱を招き、暴動化する恐れがあります。

経営陣は低次の欲求を捨て、徳を積み、自己成長、自己実現のために高みを目指すべきである。

maslow

必要最小限の生活を好み、ミニマリストであるべきである。

 












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook