横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

【最新版】よく使うMeta広告 TIPS集

193 views
約3分
【最新版】よく使うMeta広告 TIPS集

Facebook広告はリニューアルして、また使い方が面倒になりました。
現在、Meta広告としてfacebookとInstagramの広告を出稿できます。
きちんと設定ができれば費用対効果がアップするのはわかるのですが、、、
変更が多くてもはやついていけないのが現状です。
なので、大切なことだけを備忘録としてメモしておきます。

Meta広告 TIPS

ダイナミッククリエイティブ

チェック入れて利用した方が良さそう。

広告配信への最適化

「リンクのクリック」より「ランディングページビュー」の方がいいようです。

コンバージョンが計測されない場合1

『PixelYoursiteのイベント』とMeta広告のイベントマネージャ>カスタムコンバージョンのイベント名同じになっているか確認する。
PixelYoursiteを使用している場合は、GTMのコンバージョン設定はいらないので気をつけて。

wordpressはPixelYoursiteで対応するのでwordpressの方は一時停止にする。

コンバージョンが計測されない場合2

すべてのツール>データソース>カスタムコンバージョン>リンク済みのアセット
で「広告アカウント」を設定

コンバージョンが計測されない場合3

コンバージョンしても広告マネージャの「結果」欄の数値が変わらない現象です。
なので、コンバージョンとしてカウントされないのです。

広告マネージャ>広告セット>編集>コンバージョン>コンバージョンイベント
コンバージョンさせたいイベントになっているか見てみましょう。
ワタクシは、設定に苦戦して何度もイベントを削除したり登録したりしてるうちに、削除してしまった以前のイベントを設定していました。
IDも確認して、コンバージョンさせたいイベントと同じにするようにしましょう。

クリエイティブ

まずはクリエイティブを作り込み改善していきましょう。

クリエイティブはこう作る!

「ノウハウ教えます」などの、『得られる ベネフィット重視』のクリエイティブにする。

クリエイティブ自体の背景は薄い色がいい(クリーム色とかイラレのスウィーツ色)。
派手な広告っぽいのはMeta広告には不向きです。
アニメキャラなどはイマイチで、ビジネス向けの商品やサービスには不向きです。

参考にする広告クリエイティブはコチラ!

facebook

instagram

広告文をChatGTPで自動作成

より高度なChatGPT4で広告文を作成することができます。