チラシデザイン、動画、wordpressでホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長のチラシデザインと動画&wordpress

売れる「デザイン」の作り方 & 「クリエイティブ」

売れる「デザイン」の作り方 & 「クリエイティブ」

はじめに


「いいデザイン」と「売れるデザイン」は大きく違います。
やはり「売れるデザイン」を目指さないと意味がありません。
その例をご紹介。

手書きチラシ最強説



手書きチラシは一瞬ダサイと思われがちです。
デザインを噛んでる人間ならなおさらです。
しかし、効果は絶大です。
手書きチラシ
ジブンの知り合いのエステさんも手書きチラシで大爆発しました。
キーワードは「親しみ」ですね。

これこそクリエイティブ力


なんと秀逸な広告でしょうか。

キンチョール
シンプルですが、訴求力がハンパではありません
デザイン力と言うより、やはり「クリエイティブ力」です。
思考すれば出てくるものなのです。
脳みそから血が出るくらい考えてみるのも必要ですね。
同じ人間からの発想なのですから。

商店街も「クリエイティブ力」で秀逸


ポスターも秀逸ですね〜。

コレ、なんたるインパクト!
さすが電通の若手クリエイターかなと、、、
ムネ肉
なんだか、商店街の活性化もできそうな気がしてきます。
それくらい「クリエイティブ」のチカラはすごいのですよ!

飲食店のメニューも「売れるため」に!


飲食店はメニューの多い方が消費者目線で嬉しいのですが、店舗自体が儲かっていないと継続することができません。
飲食店は利益出ないとあっという間に閉店しています。
それで、効率のいい商品構成が必要になってきます。
もちろん、メニューの作り方もポイントになってきます。
それで下記記事です。

ミケーレ・ベネシュはレストランのメニューについて考えている「メニューの専門家」です。
ベネシュはデザイン、心理学研究、および一般的な食品知識を組み合わせて、より科学的なメニューを構築しています。
少しいじくり回すだけで、たとえば、メニューで最も利益率の高い食事を選ぶダイナーの確率を上げることができます。
レストランの利益がどれほど小さいか(通常は3%から5%)を考えると、適切なメニューは成功と失敗の違いを意味する可能性があります。
ラスベガスのレストランが最近ベネシュを雇ってメニューを刷新したとき、彼女は4ページのレイアウトをシンプルな2ページのパネルに切り詰め、フォントサイズを大きくし、料理の位置を変更し、そうでない料理のいくつかを切り落としました
よく売れています。
新しいメニューにより、顧客1人あたり9ドル多くの支出が急増しました。

そして、コレがベネシュの推奨する最適レイアウトです。
1ページのメニューでは、ほとんどの人の目は、上から約1/3のところに着地し、次に上に移動してから、下にスクロールします。

メニュー1ページ
2ページのメニューを展開するとします。
視点はほとんど常に同じ逆の「Z」パターンに従います。
メニュー2ページ
ベネシュ氏はほかにも、売り込みたい料理を四角形で囲って注目させる「ボックス」や、最も高い料理のすぐ近くに2番目に高い料理を配置することで、2番目に高い料理をお得だと思わせるというトリックも使用しています。

メニューのトリック
また、以下のような工夫を盛り込むことで、より利益率を上げることができます。
・利益率が高い料理の説明に「特製」「元祖」「有名」などの言葉を織り交ぜて印象を強くする。
価格の表記から「$(ドル)」の表記を排除する。ベネシュ氏によると、価格ではなく単なる数字なように見せることで、客はより多くの支出を受け入れるようになるそうです。
「低価格帯の店なら料理は6種類」「高級レストランなら前菜7種類とメイン10種類」と、メニューに記載する料理の数を特定の数字に絞る。

この特定の数字を発見したのは、イギリス・ボーンマス大学のジョン・エドワーズ教授。
エドワーズ教授の研究によると、この数字より品目が少ないと「選択の幅が少なすぎる」と客が不満を持ちますが、多いと選択肢が多すぎて混乱してしまうそうです。
この特定の数字を、ベネシュ氏は「魔法の数字」と呼んでいます。
「大きなフォント」と「余白は20%以下」を心掛ける。


メニューも「客寄せパンダ」が必要!


メニュー専門デザイナーがグレッグ・ラップ氏へのインタビューです。
メニューデザインのポイントを「おとり商品を配置してドーパミンを脳にぶちこむこと」だと話しています。
ラップ氏が言う「おとり商品」とは、一見すると大げさだったり、高価すぎてとても手が出せなかったりするものの、見るだけでもワクワクするような目を引く商品のこと。
たとえば、ニューヨークの有名なスイーツ店が2017年に発表して話題になった、1000ドル(約10万円)の商品などがその例です。
またラップ氏によると、多くのメニューは見やすさと分かりやすさを目指して作られていますが、あえて見づらくする戦略もあるとのこと。
例えば、アメリカのチーズケーキ専門店Cheesecake Factoryの12ページにも及ぶメニューは、派手な写真と「フォントの地獄絵図」と形容される見づらい価格表で埋め尽くされています。

ワタクシの知り合いの経営者は「金粉ピザ」を30年以上前に発売して、TVで取り上げられ、それがきっかけで大繁盛したのを覚えています。
金粉ピザ自体はほとんど売れていないのですが、見事に客寄せパンダになりました。
おとり効果は間違い無くあります。
そして、メニューを見ている人を錯乱させて、スタッフを呼びつけてしまいます
そうなればシメたもので、丁寧な説明とともに高単価メニューが飛ぶように売れていくのです。
面白いもんですね。

おわりに


ちなみにアイシープでも上記のように売れるためのエッセンスを取り入れた『チラシデザイン』や『フライヤーデザイン』、『パンフレットデザイン』承っております。
お気軽にご相談ください。