チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

自殺があった部屋を借りるのを防ぐ方法

206 views
約 2 分
情報格差が混乱を招く。

『情報の非対称性』というコトバがあります。

ー  wikipediaより
売り手」と「買い手」の間において、「売り手」のみが専門知識と情報を有し、「買い手」はそれを知らないというように、双方で情報と知識の共有ができていない状態のことを指す。

情報の非対称性が発生すると売り手に有利な現象が発生し、危険であるということ。

よくあるのが、アパートの部屋を貸すときに、前の借主が自殺してしまった部屋だということを隠して次のヒトに貸してしまった場合など。

rent

 

防止策として『スクリーニング』という方法があります。
スクリーニング (screening, market screening)

情報劣位者が、情報優位者にいくつかの案を示し、その選択を通して情報を開示させる。例えば自動車保険会社が走行距離に応じた複数の割引保険を用意し、保険に加入しようとしている人にどの保険を選択するかを決定させる方法が挙げられる。これによって保険会社は、加入者の自動車利用頻度を確認できる。

アパートの例で言うと

一般的に『不快』と思えるような出来事が過去にその部屋であったことが明らかになった場合。

  例)人の死 ゴキブリの大量発生 など

 借主は金1,000,000円を請求できる。

などの条件を提示することである。

要するに不利な情報も全て100%提示しなさいということですね。












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook