横浜のデザインとwebと動画屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長のチラシデザインと動画&ホームページ制作屋さん

YouTube動画構成の考え方ーどんな動画が需要あり?細かいニーズを汲み取ることがカギ!

2469 views
約27分
YouTube動画構成の考え方ーどんな動画が需要あり?細かいニーズを汲み取ることがカギ!

はじめに

Youtubeを見ているといろんな動画があって楽しいですよね?
動画を見るだけではなく、Youtubeで音楽を流しっぱなしにしている人もいたりして、さまざまなシーンでYoutubeは利用されています。
では、Youtubeでは一体どんなコンテンツが人気あるのでしょうか?
そしてどんな内容構成がウケるのでしょうか?
その考え方などをお伝えします。

YouTube動画構成の考え方ー需要があるのは?

YouTubeで前年より70%増えた動画、あなたはその答えがわかりますか?
では、もったいぶらずに答えを発表しましょう!
それは「ハウツー動画」です!
Googleの調査では、商品やサービスを購入するまえにYouTubeでその使い方を調べようとハウツー動画を検索する人が昨年に比べて70%増えたそうです。
70%UPってすごい数字ですよね!
ちなみに、ハウツー動画で人気の高い分野は「DIY、美容、料理」だそうです。
また、買い物前に動画を探すか?という質問にも50%の方がYesと答えているし、53%がハウツー動画を用意している企業に対して好感が持てると回答しているそうです。
つまり、それだけ動画が身近なものになっているのです。
昔の検索は文字中心でした。
Google先生に質問して教えてもらったブログで調べる、といった方が多かったのでブログからの集客も有効だったわけです。
でも今は違います。
多くの人が動画で検索しているんです。
そして、この流れは去年から一気に加速しています。
なぜなら「5G」がスタートしたからです。
通信速度が今ままでの100倍になったら、動画の検索もサクサクだし、文字検索とまったく変わらないスピードでストレスがなくなります。
スマホで細かい文字を読んで、自分で理解をするのは大変ですが、情報量が圧倒的に多い動画での解説なら子供でも理解できるわけです。
もう、動画じゃなければ見られないし知ってもらえない時代がきています。
だから企業や起業家たちがこぞってビジネスに動画を取り入れようとしてるわけです。
多種多様な動画の需要はこれから爆発的に増えていくはずです!
今は存在しないメディアもどんどん登場してくると思います。

こんな動画が人気あり

需要の高いYouTube動画は通常、人気があり、視聴者が関心を持っているトピックを扱っています。
需要の高い動画の種類を調べるには、興味のあるジャンルやトピックに関連するキーワードを入力してYouTubeを調べ、表示される動画を視聴するのが最適です。
人気のある動画は、再生回数、いいね、コメント、その他の指標を調べることで識別できます。
また、独自のコンテンツを作成するためのガイドとして使用できる特定の構造やテーマがあることがよくあります。
さらに、SNSで話題になっているトピックを調査すると、YouTubeで人気のあるトピックを特定するのに役立ちます

YouTube動画の人気24ジャンル

現在人気があるジャンルをまとめてみました。
アメリカ発の最新情報なので日本でもウケがいいこと間違いないでしょう。
まずは内容を吟味して興味を得ることができる内容の動画を制作していきましょう。

1.ビデオチュートリアル
ハウツービデオとしても知られるチュートリアル動画は、人々を教育するのに効果的な形式であり、視聴者も好む動画です。
視聴者の疑問や問題を解決するハウツー動画を作成できます。
または、ツールの仕組みを説明する簡単な製品チュートリアルを作成することもできます。
たとえば、製品の使用を支援するために、ある動画で1つの機能を掘り下げ、別の短い動画で別の機能を掘り下げるチュートリアルがたくさんあります。

2.Ask Me Anything (AMA) 動画(「Ask Me Anything!」の略で、直訳すると「何でも私に聞いて!」、 「◯◯だけど何か質問ある?」という感じの、特定の属性の人々に質問し、それに答えていく形式のトピックです。)
AMA動画は、コミュニティに参加するための楽しい方法です。また、動画内にユニークな視点を持つ新鮮な声をもたらします。
zoomの対話動画をわかりやすく左右に編集していますね。
非常にわかりやすいです。

3.ホワイトボード動画
そのシンプルさから非常に人気があります。
あなたがしなければならないことは、コンセプトやツール、さらには製品の機能について説明する自分自身を記録することだけです。
もちろん、ホワイトボード動画を成功させるには、自信に満ちた雰囲気を与えることが不可欠です。したがって、このタイプの動画を初めて使用する場合は、適切な雰囲気を得る前に数回録画することをお勧めします。
ホワイトボードアニメーションとは別の動画になります。

4.リスティクル動画(リスティクルとは、リストを中心に構成された記事のことで、複数の項目を箇条書きにしてまとめた形式の記事になっています。これは、リスト投稿とも呼ばれます。通常、読者にとってより有益なものにするために、各リストの項目を追加情報で拡張しています。)
箇条書きの項目を動画にしてより理解しやすくしています。

5.商品レビュー
インフルエンサーとペアを組んで、製品に対する彼らの見解を伺いましょう。 YouTubeチャンネルの製品レビューを作成するよう依頼します。
このような動画は、社会的証明を画像にもたらします。視聴者のような人 (または彼らが信頼するインフルエンサー) があなたの製品について良いことを言っているので、視聴者にあなたから購入するようにうまく促します。

6.教育ビデオ
この種類のYouTube動画は、無料の価値を提供することで視聴者の信頼を得るのに役立ちます。
実際、サービスや製品について学ぶ場合、69%の人がテキストよりも動画を見ることを好みます。
製品関連であれトピック関連であれ、教育用ビデオは視聴者を獲得する効果的な方法です。
作業をスピードアップするために、動画テンプレートから選択してカスタマイズするだけで完了です。

7.チャレンジ動画
これらの動画は、あなたが独立した業者であろうと、中規模から大規模な企業であろうと、あなたのビジネスの人間的な側面を示しています。
たとえば、過去例ではアイスバケツチャレンジ動画があります。

8.開封の儀
YouTubeは、開封動画が多くの視聴時間を引き付けていると指摘しています。つまり、これらの種類のYouTube動画をまだ作成していない場合は、作成を開始する必要があります。

9.舞台裏 (BTS【BehindTheScenes】) 動画
チャレンジ動画と同様に、BTSビデオは、ブランドの人間的な側面を示すYouTube動画のアイデアです。
実際、これらの動画は会社の文化を示すだけでなく、最終的に物事がどのように機能するかを内部から見てもらうことで、新入社員の採用とオンボーディングにも役立ちます。
BTSの動画は、チームの舞台裏のコンテンツに限定する必要はありません。代わりに、製品やプロジェクトのBTSコンテンツに飛び込むことができ、視聴者に製品の背後にある作業をのぞき見ることができます.
興味深いことに、映画業界のBTSに参入することに専念するYouTubeチャンネルがあります。これらを見て、BTS動画の作成方法を理解してください。

10.解説動画
潜在的な購入者の96%が、商品やサービスについて学ぶために説明動画を視聴したことがあります。この数だけでも、動画コンテンツギャラリーに説明ビデオが必要であると言えます。
繰り返しますが、良いニュースは、テンプレートを使用して説明ビデオを簡単にまとめることができることです。

11.製品デモ動画
人々が製品について学ぶために製品ビデオを見るのが好きであることを考えると、デモ動画は、作成する必要がある別のタイプのYouTube動画です。
デモ動画が視聴者を驚かせ、確かな第一印象で魅了するには、動画にキャラクターを追加することが不可欠です。

12.証言動画
製品レビューと同じように、動画のケーススタディや紹介動画も社会的証拠をもたらします。
視聴者は、自分と同じような人が推進している結果を見て、同じ結果を達成できると考えます。

13.リアクション動画
これらの動画は、非常に面白いコンテンツのです。
このような種類のYouTube動画を活用することを計画しているビジネスの場合、別のメリットを生み出すことができ、これは視聴者の信頼を得るのに役立ちます。

14.ウェビナーティザー(ティザーとは「焦らし」です。ティザー広告の動画Verです。消費者をじらす広告動画ですね。新商品の情報をティザー動画で少しずつ公開していきます)
ティザーを投稿して、より多くの人に入口となるウェビナーを視聴してもらうことは確かにできますが、YouTubeでウェビナーを投稿またはホストすることもできます。

15.コミュニティベースのビデオ
これらのビデオは教育ビデオによく似ていますが、ひねりがあります。どうするかをあなたは教えなく、代わりにユーザーまたはコミュニティメンバーがそれを行います。
これらのビデオを作成することで、教育的アプローチと社会的証明を組み合わせることで、視聴者を惹きつける可能性を2倍にします。
また、専門家をウェビナー動画に招待して、YouTubeチャンネルに投稿することもできます。

試してみるべき 3 つのアイデアは次のとおりです。
・専門家またはコミュニティ メンバーにインタビューする
・ゲストにトピックについて発表してもらいます
・コミュニティから質問を集めるライブQ&Aを主催する

16.業績動画
この種のビデオは、四半期または年を締めくくるのに最適です。結果を紹介して、視聴者、投資家、潜在的な従業員に感銘を与えます。
また、チャンネルでウェビナーを共有し、必要に応じて新しい製品プロモーションビデオを作成します。
このようにして、視聴者を引き付けるためにさまざまな種類のYouTube動画を作成します。

17.チーム紹介動画
これらは BTS動画の一種です。目的は聴衆の信頼を獲得し、新しい従業員をオンボーディングするために従業員にスポットライトを当てることです。

18.従業員スポットライト ビデオ
こちらはスタッフにスポットを当てYouTube動画で企業文化を紹介しています。

19.企業価値ビデオ
これらの動画は視聴者にあなたのことをもっと伝え、人々にあなたから購入する理由を与えるのに最適です。
実際、ミレニアル世代の83%は、企業が自分たちの価値観と一致することを望んでいます。彼らが企業からの購入を計画しているのは、そのときだけです。そして、ブランド支持者と忠実な顧客を育てる方法です。
さらに、インフルエンサーとのコラボレーションや投資パートナーを探している場合は、会社の価値観のビデオが説得力のある紹介をするのに役立ちます。

20.Q&A ビデオ
Q&A動画は、視聴者を引き付け、あなたの権威を示すために不可欠です。
企業にとって、これらのタイプのYouTube動画は、ソートリーダーとしての地位を確立するのに最適です。

これらの動画の質問集を獲得するために、いつでも質問をライブで収集します。人々が苦労を共有し、その場で回答し、SNSや電子メールを使用して事前に質問を集めることもできます。両方のオプションを一緒にブレンドすることもできます。

21.企業文化の動画
これらの動画は、会社に適した人材を採用するために不可欠です。企業文化の動画を作成するには、2つのクリエイティブ事項があります。
1つ目は、あなたの会社の文化を際立たせる理由を取り上げたグラフィックベースのビデオを作成することです。
2つ目は、チーム メンバーが仕事をしている様子を見せて、その過程で働く文化を捉えることです。

22.ブログ動画 (Vlogs)
Vlogは、生産性から不労所得の獲得まで、あらゆることについて話している動画ベースのブログ投稿です。
ただし、vlogには自分自身をフィーチャーし、テキスト、画像、その他の視覚要素を追加して編集する必要があります。

23.製品発表動画
製品発表のYouTube動画を作成して、新製品や予想される機能の発表に関する宣伝を行います。
目的をシンプルに保ちましょう。重要な機能やメッセージを視聴者の心に突き刺すことです。これは、信じられないほどうまく機能します。

24.ポッドキャスト動画
このタイプの動画は、それほど手間がかかりません。
ポッドキャストを録音しているゲストと自分自身をキャプチャするだけです。つまり、オーディオ愛好家とビデオ消費者の両方に同じコンテンツを提供できます。

ミュージックビデオはYouTubeの中で最も人気のあるタイプで、ハウツー ガイド、ゲーム、開梱、ミュージックカバーがそれに続きます。
お笑いやスケッチのビデオも人気があり、買い物や運搬のビデオ、パロディ ビデオ、インタビューも同様です。
これらの種類のYouTube動画は、企業文化を紹介し、視聴者にチャンネルのさまざまなコンテンツを提供します。

YouTube動画構成の考え方ー企業動画の成功例に学ぶ

社内Youtuberが動画を変えた一例です。

顧客が抱えている課題を解決するソリューション動画となっています。
問題をクローズアップして解決するというすごいシンプルな動画です。
でもやはりこれが売上に直結するという素晴らしい事例です。
どうしても動画というとイメージアップのブランディング動画に走りがちです。
しかし、問題を抱えている顧客達は検索をかけて解決方法を探しているのです。
動画時間は2分30秒という長さで飽きられないで最後まできちんと見られるように気を遣っています。
テンポ良く動画が進むよう数秒ごとに切り替えるという細かな気遣い。
そのため、動画1本あたりの撮影は200カットにもなっています。
ここに妥協しない十分な手間をかけています。
そして、テロップもなるべく短くして映像を見せるようにしています。
サムネイルは一眼でわかるようにシンプルにテキストを大きくアピールしています。
最初はやはり動画制作を外注していたとのこと。
しかし、社内にYoutuberがいたことにより内製化に着手。
そして何よりも大切なことは、、、
会社トップが動画の重要性を感じてゼロベースで動画を仕上げていったことです。
「動画でもやってみようか」ではなく「動画を徹底的にやろう!」でした。
入り口は気軽でいいと思いますが、判断をどこかできっちりつけることでしょう。
試験期間をおいて「やるならやる!」「やらないならやらない!」というふうに。
動画自体の質はビジュアル面では大したことはありません、、、、というかわざと質を落として親近感を演出しているようにも思えます。
この「シコー」という会社は大きい会社なので上質な動画を作ろうとしたらいくらでも作ることは可能なのです。
それをやっていないのは気軽に問い合わせして欲しいからという気持ちの表れです。
一見、とっつきやすいので個人の方でも気後れせず問い合わせしてみようかなと思うはずです。

最先端アメリカの企業YouTube動画の成功例

アメリカの企業動画を見ていればトレンドというものが理解できてきます。
言葉は理解できなくても映像だけで十分です。
それこそが動画の素晴らしさですね。

1. カナディアン タイヤ: ホイール

カナディアンタイヤの2016 年の広告「Wheels」は、2016年の夏季オリンピックで流され、2017年の最もバイラルなマーケティングビデオの1つになりました。
このコマーシャルは、近所の他の子供たちとバスケットボールをするなど、日常の活動から除外されている車椅子の少年に焦点を当てています。これらの子供の 1 人が車椅子の少年と出会い、彼のためだけにバスケットボールの試合を作成します。カナディアンタイヤは、この愛らしいビデオをほとんどブランディングしていませんが、カナダのオリンピックチームへのサポートを誰もが共感できるように示していると同時に、製品にさりげなく呼び戻しています。

2. リーボック: 25,915 日

平均的な人間の寿命は 25,915 日です。Reebokは、私たちにその日を利用して、私たちの体を継続的に尊重し、物理的な限界まで押し上げることを望んでいます。
このビデオは、リーボックが後援するスパルタンレースを中年女性として走っていた女性から、高校時代にトラックを走っていた女性まで、逆走との関係を、彼女が生まれた日までさかのぼります。Reebok にとって、人々があらゆる年齢でフィットネスを認識し体験する方法を変えるというブランドの使命を伝える素晴らしい方法です。動画の最後には、「あなたの日々を計算してください」というクリック可能な CTA もあります。ワタシは普段コピーなどで数字による表現を使用する素晴らしさを語っていますが、こんなに素晴らしい数字の使い方はないかもしれません。

3.レッドブル・レーシング

顧客の賛同を促進する優れた方法は、あなたのビジネスの秘密の場所への独占的なアクセスを顧客に与えることです。レッドブルレーシングは、まさにそれを実現しました。この動画では、F1チームを動かしている要素の珍しい舞台裏を紹介します。
そうですBTS動画です。この独占ビデオは、ワールドチャンピオンシップを獲得した主な要因となった、「一生懸命働き、一生懸命遊ぶ」環境の真の感覚を与えてくれます。

4.ハブスポット

傑作な動画を作成することを楽しんだ場合は、コンテンツがしばしば輝くものです。これは、低予算の制作ができる、本当に魅力的なアプローチです。
ここで重要なことは、企業ビデオは息苦しくて企業的なものである必要はないということです。

5.Airbnb

視聴者の自然な本能は、ビジネスの観点から製品やサービスを直接販売することです。自分のブランドを選ぶことのメリットは誰よりもよく知っていますが、提供されているものを主張するために別の視点から話を聞くと、不安になることがあります。
この動画では、世界的なホームステイの大御所であるAirbnb が、訪問旅行者に家を開放して経験を共有するホストにスポットライトを当てています。ホストになる動機と、それが日常生活にどのような影響を与えているかを学びます。この動画は人間レベルでつながり、人々に会い、彼らの家や都市を探索したいと思っています。これはまさにAirbnbが引き起こした反応です。
消費者として、私たちは常にマーケティングメッセージにさらされています。多くの点で、私たちはあからさまなブランドキャンペーンの影響を受けなくなりました。しかし、私たちが決して嫌うことはないのは、偉大な人間の物語です。本物の人間の興味をそそるストーリーを引き出す企業動画は、本能的なレベルで私たちとつながることができます。熱心なブランド支持者がいる場合は、動画でそれらを取り上げて商品を宣伝してみてください。

YouTube動画構成の考え方ー中小企業も成功例あり

大企業は資本力あるから動画プロモーションも成功間違いなし!って思ってしまいますよね。
でも中小企業もその機動力を活かして自由に動画を使って視聴者を増やしています。
例えばコチラの八百屋さん!

スイカのラップですけど、普通に見入ってしまいます!
職人技とまでいかないにしても動画で見てみたくなる内容です。
爆発的ではないにしても細かいニーズを汲み取っている内容で、さすがと言えるのではないでしょうか。
中小企業にとってYouTube活用は、ブランディングの向上や新規顧客の獲得に繋がる大きなチャンスになり得るのです。
あなたが取り扱うサービスや商品と照らし合わせて、それらに合ったコンテンツを作ることが大切になるのです。
そしてコンテンツを積み上げていくことによってアナタのファンが増えていくのです。

最先端アメリカの中小企業YouTube動画の成功例

大企業は大資本だから素晴らしい映像を撮れて当たり前。
しかし、中小企業、個人商店の小資本動画こそ一見の価値ありです。

1.Jeni’s Splendid Ice Creams:自分だけのアイスクリームサンドイッチを作ろう

Jeni’s Splendid Ice Creamsは、小さなアイスクリーム ショップです。そのYouTubeチャンネルは、愛らしい動画を作るのにスタジオレベルの機材は必要ないことを証明しています。このスタイリッシュなデザートパーラーは、キャッチーな音楽と「ゼロから」の食材を使用して、顧客がスクープを食べる前に興味をそそります。また、目の前で作られるお料理を目の前で見られるのもうれしいものです。

2.Mollydooker Wines:エフォートレスなショーケース

ワインの世界では、オーストラリアの家族経営のMollydooker Winesは、風変わりなデザインと風味豊かなヴィンテージで知られています。彼らの「Visit Our Cellar Door」ビデオは明らかに素人が撮影したものであり、編集も 100%ではありません。
しかし、これらすべてがビデオの魅力を増しており、あらゆる年齢層の人々が敷地内を歩き回り、ワインと農産物を楽しんでいます。ある意味では、ビデオの洗練されていないことは、実際には小規模ビジネスの信憑性とコミュニティに優しいという評判を高めています。

3.ThinkGeek:明快、簡潔、楽しい

ThinkGeekは、SF、ファンタジー、テクノロジー関連のアパレルや商品を販売するeコマースストアです。
彼らの「Welcome to ThinkGeek」プロモーションショットでは、フレンドリーなナレーションと、サイトの製品を楽しんでいる人々のショットが混ざり合っています。
わずか42秒で、過度に複雑なカメラワークはなく、同社は専門的な製品を強調し、視聴者をオタクコミュニティに招待するという素晴らしい仕事をしています。

4.The Cow and the Curd :ニュースを自分のものにする

地元のフード トラックほど小規模なビジネスとは言えません。フードトラックの1台がプロモーションビデオを釘付けにしました。
わずか1:35秒の長さのこのビデオは、主に地元のニュースクルーがオーナーにインタビューし、トラックの揚げたチーズカードを試食しているコラージュであり、地元の人々が点在して食べ物を求めて列を作っています。
シンプルな編集ツールとスマートフォンで簡単に作成できるビデオで、The Cow and the Curdは、彼らが誰であるか、どれほど優れているかをすばやく確認し、それらをチェックするための説得力のある感覚的なプロンプトを提供します。

5.Yale Appliance:ボッシュ食器洗い機の特徴と違い

Yale Appliance は、動画マーケティングプランを非常に効果的でシンプルに保っている小規模企業です。
彼らは、販売している多くの電化製品の長所と短所をレビューした、非常に基本的で理解しやすい説明動画を多数作成しました。
この動画は、他の中小企業の経営者にとって比較的簡単に編集および制作でき、オンラインでの認知度を高めることができます。
あなたもプロのビデオ作成を始めることができます。

6. IZIL:インスピレーション

アラブ首長国連邦を代表する美容ブランド「IZIL」には、その遺産と信頼性を活かした興味深いストーリーがあります。モロッコ生まれの創設者 (Mouna Abbassay) がプロモーションビデオに登場し、モロッコと中東の影響の融合を示しています。
日々の儀式に至るまでのプロセスを抽出したこのシンプルな動画は、その主要な成分であるローズウォーター、オイル、天然植物の摂理を示しています。
スローダウンした映像と長引くショットを使用すると、予想よりも大きな予算のように見えます。一緒に、その美しさの範囲と同じくらい魅力的な、なだめるようなエレガントなプロモーションフィルムを作成します。
いい感じに、映画の最後に行動を促すフレーズがあり、SNSでフォローするように勧めています。

7. My HR Tool Kit: 中小企業向け人事ソフトウェア

SaaS 製品の台頭に伴い、競争の激しい市場でカットスルーを獲得することは課題です。これは、プロモーション動画があなたを際立たせ、ブランドメッセージを伝えるのに役立ちます。
限られた予算でも、HRtoolkitが示すように、クリエイティブになる方法はたくさんあります。撮影クルー、ロケ地、出演者を雇う余裕がない場合、アニメーションは実行可能で手頃なオプションです。
無料のサウンドトラックとシンプルなグラフィックを使用した 2分30 秒の動画には、サービスを利用する「理由」が満載です。
次のような優れたマーケティングに必要なすべての要素をカバーしています。
・問題の概要とその解決方法
・製品の機能の説明
・5つの主な機能を強調する
・連絡方法(行動喚起)

8. Tenメンバーシップ :Tenと一緒に旅行する

多くのサービスを提供するパーソナルコンシェルジュ企業である場合、どのようにメンバーと動画というメディアを通じて意欲的な方法で共有します。
遠く離れたビーチ、プライベートジェット、崖の上にぶら下がっている豪華なヴィラの写真ほど、旅行を生き生きとさせるものはありません。これらのそれぞれがテンの旅行動画に登場します.
望ましい目的地の映像が数秒間点滅し、「embrace,enrich,escape」などの言葉が重ねられます。
映像はライブラリから購入され、タイトルグラフィックとアップビートなサウンドトラックがすべてをまとめている可能性があります。プレミアムな仕上がりのための素晴らしいアイデアです。

9. Wonderbly:キングダム・オブ・ユー

カスタマイズされたギフト市場に参入するWonderblyは、子供向けのパーソナライズされた本を作成するスタートアップです。
彼らのプロモーションローンチ動画は、素晴らしいイラストと興味深いテキストを使用して、独自のストーリーを作成することで、これを完璧に実現しています。
遊び心のあるサウンドトラックとともに、独自の魔法の物語を作成するための無限のオプションを示しています。
動画の長さは1分未満ですが、そのメッセージは楽しく明確に伝わってきます。この動画から何かを得るとすれば、それは明確で整頓されたメッセージのシンプルさでしょう。

10.The Botanist:蒸留まで

蒸留プロセスは愛情のこもった作業です。少なくとも、ザ ボタニストジンの人々は、それを信じてほしいと願っています。
彼らのスローペースの動画は、チームが新鮮な食材を探して調達している気まぐれなショットを示しています。おそらく、注意力の持続時間よりも少し長く続くかもしれませんが、それがポイントなのかもしれません。
撮影は少しアマチュアです。ナレーションや派手なグラフィックもありません。わずかな予算でも、非常に漠然としたストーリーラインでも、視聴可能なものを作成できることを示しています。

YouTube動画構成の考え方ー動画構成の作り方

動画の構成を作成するには、動画のストーリーテリングの柱をマスターすることから始める必要があります。
これには、ストーリーテリングの4つのP (プロット、目的、人物、場所)の理解が含まれます。
さらに、主要な要素を強調し、ストーリーに深みを加える方法で動画を構成する必要があります。
3分割法を使用して動画のフレームを作成することもできます。
動画で構成を作成するときは、目的と対象視聴者を特定することが重要です。
物語を作成する、フォーマットを決定する(アニメーション、実写、特殊効果)、わかりやすい説明やステップバイステップのプロセスなど、視聴者の関心を維持するためのテクニックの使用を検討してください。
また、感動的または意欲的なストーリーを共有することで、視聴者を刺激することもできます

感情を中心とした動画構成を作成する

最近ブランドがリリースしている動画の種類を一目見ただけで、洗濯用洗剤からソフトウェア、そしてその他のあらゆるものまで、ブランドは感情に訴求しています。
あなたは単に航空券を売られるだけでなく、世界中から家族がつながり、友人が再会し、80歳の人々が初めての飛行機に搭乗する様子を描いた涙ぐましい動画キャンペーンを目にすることになります。
このストーリーベースのコンテンツはいたるところにあり、これほど感情的になるには理由があるに違いありません。
感情が行動を強いるため、ブランドは動画マーケティングに躍起になっています。
実際、感情的な広告は、コンテンツのみの広告よりもほぼ2倍効果的です。
動画構成へのこのアプローチは、「エモーショナルマーケティング」と呼ばれます。
エモーショナル マーケティングは、幸福、悲しみ、怒り、恐怖などの単一の感情を利用して、消費者の反応を引き出します。
特定の種類のアクションを促進するために、一部の感情は他の感情よりも効果的です。
・幸せは分かち合いにつながる
・悲しみは与えることにつながる
・恐れは忠誠心につながる
・怒りはウイルス性につながる
動画を制作するときは、視聴者に感じてもらいたい気持ちと、視聴者が行動を促すフレーズを思わせるような感情的なストーリーから始めます。

動画構成のヒント

動画は 180万語のテキストに相当するほどの影響力があります。
だからこそストーリー制作の余地がたくさんあります。
ブランドのストーリーを構成し始めるときは、以下のヒントを念頭に置いてください。

1. ユーモアを使って聴衆を引き付ける
ブランドのユーモアは、BtoBスペースではまれですが、信じられないほど効果的な場合もあります。これは、よりフォーマルな固い業界でよく当てはまります。彼らを笑わせることで、あなたはより記憶に残るものになり、ブランドとのポジティブな関係が生まれます。

2. 動画構成でクリエイティブになる
伝えたい主要なメッセージから始めて、それを伝えるための通常とは異なる方法を考えてください。新しいアイデアで自分を驚かせれば、視聴者も驚かせる可能性が高くなります。

3. 起承転結のあるストーリーを作成する
理想的には、構成がどのように見えると思うかをストーリーボードに書き出し、それに伴い文字構成を事前に書いてみてください。

4. ビジュアル、サウンド以外でも
ビジュアルとサウンドを使用して、ストーリーを通じて共有したいメッセージを直接伝えるのではなく、アングル、色、音声などがどのように連携して感情を生み出すかを考えてみてください。
ストーリー動画を作成している場合は、製品を押し付けずに自然に収まるように構成します。

5.最初の思いつきだけで進むな
時間をかけてさまざまな可能性を考え、誰でも可能性を追求できるようブレインストーミングを行ってみてください。
それらのアイデアを評価し、それらがどのように機能するかを理解し、後で実行するものを選択するようにしてください。自分自身とチームに制限なく創造性を発揮できる自由を与えることで、最高のアイデアが生まれます。

6.一度に1つのストーリーを語る
どんなストーリーでも集中し、一度に多くのことをしようとしないでください。動画によるストーリーテリングは、明確で簡潔なストーリーに沿っている場合に最も効果的です。

7. 物事を短く、きびきびと保つ
長いほど良いという考えに陥らないでください。短編小説は、長編小説と同じくらい魅力的です (さらに、最初から最後まで視聴者の注意を引く可能性が高くなります)。ストーリーを語るのに長い時間は必要ないということです。無作為の10代の若者がわずか6秒でそれを達成できるなら、あなたのブランドもそうです。

次回ブランド ビデオに取り組むときは、これらのストーリーテリングのヒントについて考えてみてください。絵コンテであれスクリプトであれ、それらは必ず思考の糧を提供してくれます。

やはり数値をきちんとおさえる

「せっかく良いものを作っても、見てもらえない」という状況を生まないようにしなければいけません。
やはり動画制作や広告費の予算の使い方は事前にしっかり決めておくべきです。
また、動画の目的を考える際に、KPIもしっかり設定しておく必要があります。

KPIとはKey Performance Indicatorsの略です。
日本語に翻訳すると「重要業績評価指標」です。
分かりやすく説明すると、組織の達成目標(売上高など)に対して、目標達成度合いを評価する評価指標です。
目標達成に向けたプロセスにおける達成度を把握し評価するための「中間目標」として非常に有効なのがKPIです。

もともとはECへの遷移が目的だったのに、再生数を稼げたことで満足してしまう…という失敗もありがちなのではないでしょうか。
KPIを設定、動画公開後の効果をきちんと測定した上で、次回の改善につなげるのが前提となります。
正しい指標でトライ and エラーを繰り返していくことが大切なのです。

以下の図は最近よく使う「ファネル」です。
KPIファネル
各ファネルによって違う動画を見せるのが効果あります。
【ファネル別施策】
一般的にはいろんなメディアを使ったこのような策を施すのが好ましいでしょう。
ファネル別施策
しかし、時代の変化とともにこれもすぐ変化していきます。
今は、各ファネルによって違う動画を見せるのが効果あります。
動画マーケティングは全てのファネルに有効なのです。
動画を制作する前に目的をしっかり定め、それに応じたKPIを設定しなければいけません。
上図のような数値である、再生回数やインプレッション、クリック率などを出して無駄のない動画制作をしなければなりません。
くれぐれも動画を作っただけで満足しないようにしましょう。

Googleの「3H戦略」

2014年にGoogleは「3H戦略」を発表しています。
その3つが「Hero」、「Hub」、「Help」である。
あらゆるコンテンツに応用の利く考え方です。
HERO →「多くの人が持つ、人間の普遍的な欲求を刺激」
HUB →「生活者ごとの興味関心に沿ったカテゴリー」
HELP →「具体化したニーズに対する的確な回答」

これを動画制作に当てはめるとこうなります。
HERO →タレント起用のCMやバズる動画
HUB →比較検証動画
HELP →マニュアル動画、HowTo動画

そして、コレがステージ別に必要な動画です。
ステージ別
やはり
広告動画→ブランディング動画→マニュアル動画
という流れなのです。

おわりに

動画というより、コンテンツとして面白いものを提供するチカラが求められています。
動画は一つの手段でしかありません。
でもあまりに計画性がなく一貫性のない、何がしたいのかわからない動画はやはり見てくれません。
動画も、失敗と呼ばれるような動画の方が多いのが現状です。
きちんとテーマを決めて、テーマをしっかり掘り下げていくようにしましょう!
そしてしっかりと構成していきましょう。
物事はシンプルです。
面白い動画や、解決に導くような動画は自然と視聴者が増えるのです。
その分野の卓越者として動画を作っていきましょう。

利益倍増テクニック100プレゼント