横浜のチラシデザインとホームページ制作屋さん | 日本一店長のアイシープ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

料理好きレベルでなれる「ホームコック」という職業が新しい

225 views
約 3 分




はじめに

 

Uber Eatsが日本でもデリバリーをスタートさせ、消費者だけではなく労働者としても関わることができ、面白いビジネスだなと感心させられました。

過去記事:

Uber EATSの登場でバイクオーナーや自転車オーナーは小銭稼ぎがしやすいかも

時間の自由な副業を生み出すのはUber EATSだけじゃない

Uber EATS(ウーバーイーツ)でしっかり稼ぐには!

 

まだまだフードデリバリーは熱いでしょう。

そして、ニューヨークで今年9月にローンチされた「Umi Kitchen」。

こちらも面白い。

素人さんが作る家庭料理を届けるサービスです。

 

Umi Kitchenとは

 

調理するのは、Umiと契約する素人さん、、、いわゆる「ホームコック」たちです。

ホームコックが自宅で作った料理を提供する、シンプルだけど今までなかったビジネス。

ホントの家庭料理です。

実家で食べたような味って評判のようです。

ワタクシは、他人が握ったおにぎりを食べれなく、基本的に家庭料理はNGですが、一般的には相当なニーズがあります。

メニューは2〜4皿で$12、$14、$16の3プライス。

料理を1品お届けするイメージではなく、1食事をお届けするイメージですね。

気になるのは衛生面。

ワタクシ、家庭料理が苦手なのは衛生面。

気になり出したら止まりません。

同じように思ってる人はたくさんいるはずです。

Umi kitchenは衛生面でかなり気にかけています。

食の安全を確保するために、ホームコックの志望者に厳しい審査があります。

まず、Umi Kitchen側が料理を試食します。

その後、飲食業従事者に受講が義務付けられている、食に関する衛生講習を受けることになります。

 

ホームコックという新しい職業を生み出した

 

Umi kitchenは、ホームコックという新しい職業を作り出したことが素晴らしい。

普通の主婦やちょっと料理好きなヒトが起業できる土壌を生み出したことが素晴らしい。

しかも、初期投資がほとんどかからないということでしょう。

クックパッドに投稿してる人なんかはきっとホームコックとしての素地もあるし、登録したいはずです。

クックパッドの盛り上がりを見れば家庭料理のニーズもある程度予測できます。

Uber Eatsもデリバリーする人は個人事業主だったりします。

個人が独立してお仕事を受けやすくなる、そんな時代になってきました。

こういう風に新しいビジネスというのはまだまだ作り出せるものでしょう。

 

おわりに

 

家庭料理をお届けするUmi Kitchen。

日本でも始まってほしい。

、、、というか作りたいこのサービス。

ちょっと他人より美味しい料理を作れる、、、それだけでも光を当てて脚光を浴びる。

そんな感じで個人を応援したいものです。

ホームコック、、、これから増えていくと思います。

 













Comment On Facebook