チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

「焼きながらお届け」宅配ピザに革命で究極の自営業ができる!

280 views
約 4 分




はじめに


 

生産性を上げるためにいろんな業界でいろんな会社が取り組んでいます。

産業革命に欠かせないのがITの活用とロボット。

生産性が上がって効率的になり、一人当たりの生産高も上昇してきています。

しかし、まだまだサービス業の生産性は低くて、賃金の上昇は微々たるものです。

そんな中、ドローンを使った配送やロボットの活用によって人のチカラを使わずに事業を成り立たせる試みが増えてきています。

amazonももちろんドローンによる配送実験を行なっていますし、ドミノピザはロボットによる配送実験を行なっています。

 

過去記事:ピザが100円で届く日も近い

 

ピザハットはペッパーくんを導入予定です。

 

過去記事:Pepperクンがついにピザ屋に集団就職。単純労働はロボットに取って代わられる。

 

そして、今回ご紹介するのが「ズームピザ」の究極の生産性。

 

Zume Pizza(ズームピザ)はムダがない


 

アメリカでスタートしたZume Pizza(ズームピザ)。

何がスゴイのかと言うと、、、ピザ作りの全工程をロボット化し、焼きながら配達するのである。

生地にトマトソースを塗ったり、オーブンに入れたりするのを自動化しています。

ロボットの導入により人件費を削減し、そのぶん食材に経費をかけています。

まだまだ発展途上のシステムですが、着実にシステム化していってます。



そして、将来性があるのでベンチャーキャピタルからも資金を調達して順調に事業規模も膨らんでいます。

ロボットによる全自動化の流れは止めようがありません。

人間が介在しなくていいのであれば衛生上にもいいことです。

 

「ズームピザ」は究極の自営業


 

まだ、完全なる自動化には至っていませんが、近い将来の全自動化が見えてきたのではないでしょうか。

複雑な製法を自動化できるとメリットも大きいです。

要するにこのズームピザ、「石焼き芋のクルマ」と同じである。



一人で全てをこなすことができます。

食材をセットすればピザが自動で焼き上がり。

ズームピザは56個のオーブンが搭載されています。

部分的に焼かれたピザをクルマに載せ、目的地到着4分前に最後まで焼き上げ、配達する。

ズームピザはこの配達中に焼き上げる技術で特許を取得しました。

デリバリーもGPSとビッグデータの分析によって効率のいいデリバリーも近々可能になることでしょう。

そして、自動車のほうも自動運転の実験が盛んに行われています。

そうなると、管理者が一人いれば成り立つビジネスで、焼き芋屋さんよりはるかに多くの売り上げを稼ぐことができます。

一人で全てを完結できる。

まさしくコレがこれからの新しいビジネスのカタチかもしれません。

 

 

 

おわりに


 

サービス業も、全自動になって初めて他の業種と同じくらいの生産性かもしれません。

そこでサービス業にも推奨している年収600万という壁を突破できるかもしれません。

 

過去記事:年収600万もらえないビジネスは淘汰されるべき

 

もう単純労働はロボットに置き換えが可能になってきています。

そして、単純労働に従事しているヒトはロボットに職を奪われるかもしれません。

それが何年後かはわかりません。

技術革新は早いので案外早くやってくるのかもしれません。

ズームピザは他人事ではありません。

サービス業は人手不足だから仕事はあるさ、なんて思ってたら大間違いです。

単なるピザ屋のオートメーションと思って呑気に構えてるだけではきっと取り残されるでしょう。

ロボットに職を奪われるのではなく、管理する側にまわることに早く気づいた人は何かしらの行動を起こすべきでしょう。

 

 

 












Comment On Facebook