チラシデザインとホームページ制作は横浜の日本一店長のアイシープへ

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

年収600万もらえないビジネスは淘汰されるべき

300 views
約 2 分
日本人は働きすぎと言われています。

確かに国別平均労働時間なんて統計みると先進国の中でイチバン長く働いてるのが日本人だったりします。

その中でも業種別にみると圧倒的にサービス業が生産性が低くて長時間労働を強いています。

おもてなしでもてはやされている日本のサービス業ですが、従事しているスタッフには過酷な環境を押し付けているのが実情です。

このドミノピザの記事から

全国で400店舗を展開するドミノ・ピザジャパンに勤務するAさん(34)は「待遇は全般的にいいですね。年収は600万円、スーパーバイザーになると700万円を超えちゃいます。完全成果主義なので売り上げ次第でボーナスや給与が上がる仕組み。店舗は大半がアルバイトですが、社会人の掛け持ちも多く、時給が高いこともあって、モチベーションは高いですね」と言う。



domino_pizza

年収600万。

やっぱりサービス業でも600万クリアしない企業は淘汰されるべきだと思います。

飲食業に従事している人は300万なんて当たり前です。

しかも1日12時間、週1休みで、、、

売上の少ない開店1年未満ならいいんです。

でも1年経過して従業員に年収600万払えないならビジネスモデルが間違ってるということです。

即、従業員を解放して、家族営業に切り替えるか、廃業です。

1年できちんと収益上がって従業員に満足いく金額を払えないなら、その経営者は無能の烙印を押されてもしょうがないです。

それなのに、経営者が報酬を取りすぎです。

 

まさしく、コレは過去の自分ですが、、、












Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook