i-SHEEP

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

3つの仕事を1/3の割合で進めることが10年後に生き残る条件

201 views
約 4 分




はじめに

仕事をする上で時間配分というのは非常に難しいところです。
『タイムマネジメント』はよくビジネスマンの間で話題にもなる時間の有効な使い道です。
タスクをこなす上で『緊急』と『重要』の度合いによって取りかかる順序が変わってきます。

イチバン重要視しなくてはいけないのが『重要だけど緊急でない仕事』です。
下図マトリクスの”B”に相当します。

当然、緊急で目の前に現れてくる仕事ばかりこなしてたら未来はありません。
いずれジリ貧になるでしょう。

そこで、もっとわかりやすくアタマの中で仕事の進め方のイメージができないでしょうか。
仕事の内容を3つに大別してみました。

1、目先のお仕事
2、今後の収入を生み出すための準備やスキルアップ(長期的収入を得るためのお仕事)
3、名刺交換や異業種との交流(人脈開拓)

全てが大切です。
1/3ずつのチカラを注がなければいけません。
未来の仕事を作る努力をしなければ5年後はジリ貧になること間違いありません。

この、変化の激しい時代ですから絶対に未来を構築できるようにスケジュールしなくてはいけません。
この1/3のタイムマネジメントを遂行していくために日々のそれぞれの行動を大まかに捉えて確認していきましょう。

1,目先のお仕事

従来、アナタがやっているお仕事です。
サラリーマンなら会社勤めがそうですし、スーパーのレジ打ちをしているならそのお仕事です。
生活のために給料をもらっていて生活を維持するためのお仕事です。
誰もがこのお仕事の大切さは十分認識しています。

2,長期的収入を得るためのお仕事

どのお仕事にもリスクはあるものです。
サラリーマンなら、会社はいつ潰れるかもわかりません。
スーパーならいつ閉店するかもわかりません。
リスクを煽るわけではありませんが、いつどうなってもいいように準備しておくと安心なものです。

3,交流や人脈作り

いい情報というのは必ずあるものです。
今はゴタゴタしていますが、、、例えば『仮想通貨』。
怪しいと言われながらも『ビットコイン』保有者は先行者利益で莫大な資産を築いている人が多数存在します。
こういった情報は必ず人伝いに流れてくるものなのです。
アナタが今いる業界だけの人脈だと、大抵はやってることや考えてることも似通っています。
あなたに変化を与えるためには今まで知り合うことがなかったような人たちと意見交換することが重要になって来ます。
大切な情報を誰よりも早く仕入れるためには人脈のネットワークを張り巡らせておくことが大切です。

これら3つのことを同時進行で行っていくことが大切です。
何度も言いますがチカラ配分も時間配分も1/3ずつが最良のバランスです。

例えばGoogleは、、、

仕事の20%はクリエイティブなことをやれ!という20%-80%ルールというのは有名です。
仕事の20%はスキなことに時間を費やすことを奨励しているのです。
まさしく、Googleは未来の仕事を全社あげて構築しています。
だからこそ最強の未来企業が出来上がっていくのでしょう。
しかし、大企業というのは仕事が細分化され通常はGoogleのようなタイムマネジメントは許されません。
大企業の営業部に所属しているのであれば営業しかできないのが通常です。

意識を変えるだけで未来に投資することになる

1/3ずつの仕事の進め方を意識して生活を送ることが大切です。
例えば、、、
テレビを見るだけでも違います。
普段、何気ない芸人さんが出演している番組でも、喋り口調や間の取り方などを意識して見てみることもいいでしょう。
営業やっている方なんかにとっては最高の勉強です。
笑いを取れればその分顧客との距離も近くなり契約率も上昇すること間違いなしです。
そういったスキルアップは未来への自己投資となります。

おわりに

そうは言っても中小企業に務める人にとっては毎日の仕事をこなすだけで精一杯な人がほとんどです。
しかし、その中から人生を変えるほどの進化を遂げる人間もいるのです。
『努力』というコトバで片付けたくはないですが、このタイムマネジメントを意識しているだけでも日々の動きは変わって来ます。
中小企業や個人事業の方はなおさら未来への投資をしないことには5年後は廃業になっている可能性が高いのです。













%d人のブロガーが「いいね」をつけました。