i-SHEEP Magazine

人生をデザインするブログ!

ファイナンス ライフスタイル

貯金ゼロ、年金貯蓄額ゼロからの復活

はじめに

貯金ゼロ、年金貯蓄額ゼロ。

一体日本人でどれくらいの人数がいるのでしょう。

こんな状況、将来不安でたまりません。

でも、結構大多数の人がこの状況なのではないでしょうか?

一度事業で失敗するとこの状況に陥る人も多いはずです。

では、この状況から脱して老後を安心して送れるようにすることはできるのでしょうか?

 

 

生涯賃金って??

男性の平均生涯賃金は近年、2億5000万円くらいと試算されています。

果たしてそんなに稼げますか?

貯金がないから投資で増やすなんてこともできず、一発逆転を狙うしかないのかなと考えてしまいます。

近年、正規労働者が減少して、派遣労働者ばかりです。

当然、収入も激減して、男性は低収入のため、結婚に二の足を踏む状況が続いています。

年収300万なんてのはザラにいます。

これでは実家から出ることすらできません。

 

そもそも、どれくらいの金額があれば大丈夫??

 

資産がなく、持ち家もない状態で生きていくにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか??

一人の場合と家族がいる場合とでかなり違ってくると思いますが、、、

一人の場合・・・家賃まで発生するとなると、15万円/月はないときついのではないでしょうか?

65歳まで働くとしてもし90歳まで生きるとしたら、、、

15万円✖︎12か月✖︎25年=4500万円

4500万円!!

65歳までに4500万円も貯めれますか??

しかも15万円/月なんて、なにも贅沢できません!

最低4500万円です!

いやー、これはしんどい。。。

 

どうすれば追いつく??

貯金ゼロ、年金貯蓄額ゼロから十分な貯金、年金満額支払者に追いつくのは実際問題かなり難しいに違いありません。

その中で、方法を挙げるとしたなら、

・宝くじに当たる

・投資(株式投資やFX)

ギャンブル性が高いものばかりです。

真剣にお金を稼ぐと考えると

・事業を興す

・副業をする

借金ができるなら

・不動産投資

 

 

他に解決策は?

お金を貯めるのが難しい場合は、支払を少なくするしかありません。

生活水準の高い日本は物価も高く、生活しづらいのは言うまでもありません。

そういう意味では、、、

海外移住・・・東南アジアあたりでしょう。

あとは、

65歳以降も働き続ける・・・65歳といってもまだまだ元気です。75歳までも仕事さえあれば十分働き続けることは可能です。

しかし、肉体労働は実際かなりハードとなるでしょう。例えば、師と仰がれるような職、華道、茶道などを今から学習しておくといいかもしれません。体さえ動けば「死」の直前まで楽しく働けるかもしれません。

そういう仕事の開発に今から取り組んでいれば老後も安心して楽しく過ごせるでしょう。

money

 

おわりに

 

でも、貯金ゼロ、年金貯蓄額ゼロなんてヒトは結構な割合で存在していると思います。

そういう人たちは努力しないと明るい老後はありません。

今からでも、よく考え将来のために行動してみましょう!

時代は変化しています。

時代の潮流を捉えて、何事も真剣に取り組んでいればおのずと道は開けるものです。

 

 

-ファイナンス, ライフスタイル
-