ライドシェアが広がればバーやレストランは大儲け

Sponsored Link

はじめに

 

「ライドシェア」とは一言で言うと「相乗りマッチング」です。

行きたいところが同じ、もしくは方向が同じならば目的地や途中まで同じクルマで移動できると言うサービスです。

ライドシェアのメリットはたくさんあります。

イチバンは移動交通費の節約です。

ガソリン代や高速道路などの有料道路などの代金を移動する人数で割ればかなり安くできます。

そして、やはり移動人数は多い方が楽しいものです。

かたや、もちろんデメリットもあります。

 

ライドシェアのデメリット

 

イチバンは安全性です。

クルマでの密室移動になるとやはり心配でしょう。

もし、変な人をマッチングされたら苦痛な移動になります。

犯罪なんかに巻き込まれてしまったら!なんて思われる方もいるでしょう。

しかし、これも解決できるのです。

「相互評価」というシステムによって安全性を確保しています。

オークションやネットショップで「レビュー」と呼ばれるものです。

出品者やお店の評価をしていますよね?

この評価を双方から行うというもの。

ライドシェアでいうと、「乗せる人」の評価ともう一方は「乗る人」の評価。

民泊でおなじみの「Airbnb」は安全性の確保をこの相互評価で行なっています。

Airbnbは部屋を貸したい個人と、宿泊をしたい個人、双方が直接やり取りをするビジネスです。

実は「Airbnb」はこの相互評価によって爆発的に伸びていったのです。

同様にライドシェアも伸びる要素はあるのです。

 

ライドシェアは日本では規制があって盛り上がらない

 

このライドシェアは他国ではかなり盛り上がって市場が出来上がっているのですが、日本では一向に盛り上がりません。

規制が邪魔しているのです。

どんな規制かというと、、、

現行の道路運送法において、営業許可のない自家用車で配送サービスを行うことは違法とされています。

タクシーみたいに営業許可を取って「緑ナンバー」にしないと有料ではできないのです。

要するに「無料」ならOKなのです。

でも他の国々では一般の人がマイカーでヒトを乗せてお金を稼いでいるのです。

誰でもマイカーがあれば誰でもライドシェアに参入でき、稼ぐことができるってすごいことです。

副業で週末だけライドシェアで気軽にお仕事ができる。

そんなワーキングスタイルがアプリを使ってできるのって海外では当たり前になってるのに日本では規制が邪魔してるって損ですよね。

Sponsored Link

 

ライドシェアが広がれば居酒屋が儲かる

 

ライドシェアが広がると、人々の移動の方法も変化してくるでしょう。

タクシーだとどうしても移動にかかる金額が高いと感じてしまいますが、ライドシェアがずっと低い金額で移動できるとなるとどうでしょう。

圧倒的に利用率が高くなるに間違いありません。

タクシーだとワンメーターの距離ってなかなか利用しづらいものです。

しかし、ライドシェアで気軽に近距離を低価格で利用できるとなると、ちょっとした買い物で利用したりと、「ちょっと使い」が格段に増えていきます。

他に、近くの居酒屋からの帰りに使ったりと、繁華街から離れたバーやレストランなどの小規模な商店へも客足が流れる波及効果が考えられるほか、観光業にも大きな利益をもたらすことが期待されています。

ライドシェアが広がることによりいろんな経済効果が現れてくるのです。。

世界を見渡すと、パリはいうまでもなく世界有数の観光都市ですが、2016年5月の1カ月だけをとっても、約10万人にのぼる観光客が、パリ市内の移動にUber(ウーバー)を利用しているそうです。

 

おわりに

 

日本では試験的にいろんな地方でライドシェアが稼働しています。

基本的には過疎地であり、タクシーが営業しても成り立たないような場所でのライドシェアです。

Uberが初めて都心部としては福岡市ではテスト運用しましたが、すぐ中止され、まだ都心部では実用化に向けては現実的ではありません。

確実にニーズがあって消費者に喜ばれることがわかってるのに規制緩和が進まないのはホントに困ったものです。

市場原理に任せて早くライドシェアが人々の移動をより便利にすることを強く願わずにはいられません。

 

 

 

Sponsored Link

あわせて読みたい