高齢化社会に最も適したデリバリービジネス

Sponsored Link

なぜデリバリービジネスなのか?

いちばんは高齢化社会の到来です。

 

●高齢化社会とデリバリー

なかなか出歩くことがおっくうになってくる高齢者にとってドア・トゥ・ドアのデリバリービジネスは必要とされています。

例えば毎日宅配するお弁当屋さんは高齢者の安否確認の責務を負っていたりします。

コミュニケーション手段の最先端といっても過言ではありません。

いち早く高齢化を迎える日本は高齢化ビジネスが世界一進んでいます

日本を追うように高齢化が急速に進んでいるお隣の韓国や中国も急速にニーズが高まることは明らかです。

日本でデリバリービジネスを極めて世界に進出することも可能な潜在需要が大きいビジネスなのです。

コンビニが一世を風靡したのは、そこが町の拠点となり、全てがそこで完結すると思っていたからです。

しかし、コンビニには『待ち』のスタイルなのです。

もちろん、行けない方もいます。

そういう意味でデリバリーは『攻め』のスタイルで消費者にいちばん接近できるのです。

IT化も進み、モバイル端末を持ち歩いていろんなことができるようになりました。

Sponsored Link

 

 

そして、近年の節約志向巣篭もり消費があります。

●節約、巣ごもり消費とデリバリー

 

この景気が悪いと言われている世の中でも確実に伸びている業界はあるのです。

インターネットショッピングもその最たるものです。

 

日本人は将来への不安から、消費行動が活発ではありません。

同じ消費をするにしてもよくリサーチをしてからお買い物をします。

自宅でインターネットで買い物する傾向がどんどん強くなっています。

インターネットでクリックして、玄関まで来てくれる『アマゾン』などが活況するわけです。

 

その最前線にあるご近所のデリバリーインフラはこれからより一層ニーズが高まります。

インフラを構築しておくことはビジネスの必須事項になりうるわけです。

 

 

 

Sponsored Link

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA