i-SHEEP

日本一店長の横浜のなんでもデザイン屋さん

はあちゅうさんの件で改めてわかったが、経済力と人間性に相関関係はない。

107 views
約 4 分




はじめに

 

仕事がデキル人は稼ぐチカラを持ち合わせています。

稼ぐチカラ、、、言い換えれば、「経済力」を併せ持っています。

そして、経済力があるそのヒトはなぜか良い人間性を併せ持っていると勝手に思っていませんか?

もちろんお金をたくさん持っているヒトでも人間性のいい方はたくさんいます。

しかし、人間性のいいヒトが経済力を併せ持っているわけではありません。

経済力のあるお金持ちの成功者にお会いすると「あの人みたいになりたい」と思うことがありますが親しくおつきあいすると人間性は最悪だと思うことは非常に多いのが事実です。

そこが資本主義社会のジレンマではないかと思います。

 

 

はあちゅうさんのセクハラ告発の相手も

 

はあちゅうさんの「 #MeToo 」によるセクハラ告発の相手も有名な方でもちろん経済力もある方です。

でもやはり人間性では「・・・」と言わざるを得ません。

周囲からもてはやされ調子に乗ってしまうのでしょう。

ジブンも調子に乗ってちょっと横柄な態度を取ってた時があったので気持ちはわかります。

そして、人間性をおざなりにしてグイグイいくことが仕事で結果を出しやすいことがあるのも事実です。

かなり泥臭く戦い抜くというイメージかもしれません。

まさしく他人を理不尽に蹴り落として恨みを買うこともしばしばです。

やはり経済力と人間性に相関関係はないのです。

 

資本主義社会のジレンマ

 

経済至上主義こそが資本主義社会の目指すトコロです。

しかし、その資本主義社会も歪みが出て来て限界が見え始めています。

なんでもありの世界になって来ているからです。

お金のためならと、ホリエモンで一世を風靡した「拝金主義」です。

実際のところホリエモンは拝金主義ではないですが、、、ホントの金の亡者はえげつないです。

本物の善人にはお金がありません。

マザーテレサが豪遊していた事実もありません。

ビルゲイツが世界一のお金持ちになる過程でスティーブジョブスを騙したのも有名な話です。

 

 

変革期の到来

 

私見ですが、2000年以降のスピリチュアルブームにより、人間のあり方などに人々の意識が向かうようになりました。

マズローの欲求の5段階で言うトコロの「自己実現の欲求」を満たそうとするヒトが増えて来たのです。

 

高次の欲求なので精神的に満たされたいのです。

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、自分の使命を全うしようとする欲求です。

そこには経済力とは別のベクトルが存在し、達成するにはボランティアかもしれません。

経済力を得たいという欲求は低次の欲求であり、物欲に支配されているのです。

この経済力至上主義的な世界はスピリチュアルブームとともに変わろうとしています。

精神世界を重視するスピリチャルブームは内面の人間性を重視します。

今はその変革期真っ只中です。

はあちゅうさんのセクハラ告発もまさしく変革期の真っ只中の歪みで膿を出そうとしているのでしょう。

これから真っ当な世界が開かれていくのではと期待しています。

人間性を磨かなければ何も得られない世界が、、、。

 

おわりに

 

ジブンも人間性を磨いていたつもりですが、お金周りの良かった時は最悪の人間性だったと反省しています。

常に謙虚さを心がけていたのですが、どこか横柄な部分はあったと思います。

でも、そうしないとお金の匂いで寄ってくるヒトはいたのも確かなのです。

防御策としての振る舞いならいいのですが。

そして、単純にお金持ちのヒトは嫉妬心から叩かれやすいのです。

特に日本では派手な行動は目を引きやすいのが現状です。

しかし、物欲なんてものは若いうちだけです。

高齢化社会突入の日本では物も消費されなくなっていきます。

世界でもいち早く精神世界の人間性重視の社会が始まる日本なのです。

 













%d人のブロガーが「いいね」をつけました。