アナタのビジネスが過当競争に巻き込まれないようにする方法

Sponsored Link

はじめに

 

アナタのビジネスは競合に左右されていませんか?

過当競争に巻き込まれていませんか?

差別化のできていないビジネスは生き残ることが難しいのが現状です。

しかし、差別化と簡単に言ってもすぐにできることではありません。

ビジネスの構築をしっかりと考えて実践しなければいけません。

 

ブランド構築を

 

ブランドというのは無形です。

ブランドという物質は存在しないのです。

ヒトのアタマの中に構築されるのです。

イメージが出来上がり、固まっていきます。

そのイメージを膨らませ、ブランドを作っていくのです。

ですので、ブランドを作り上げるということは想像力を膨らませることで出来上がるのです。

だから、いかなる方法でも、他人の想像力を掻き立てることができればいいのです。

そこにはやり方によっては、特に高額な費用がかかることもありません。

ブランドが出来上がると価格競争に巻き込まれません。

不毛な争いをしないようにして高単価のビジネスを構築できればアナタのビジネスは成長することができるのです。

 

ストーリー性を持たせる

 

お客様に価値を丁寧に伝えることで、お客様は消費行動に移ります。

とてもわかりやすいコンセプトでお伝えすることです。

ブランドが構築できていないのは伝え方の問題です。

そして、何よりストーリー性を持たせることです。

何代も続く老舗店はストーリーが満載です。

例えば、、、

文久◯◯年、初代店主の◯◯◯◯がこの地、京都で呉服店を創業。

その呉服店の10代目が着物を入れやすい丈夫なカバンが既成のものではイマイチだったので自ら製作。

呉服店の特殊製法を用いたカバンを発売。

日本全国へ通信販売しています。

、、、みたいな。

ストーリーで展開することにより人々をその世界に巻き込み商品のファンになってもらうことができます。

その宣伝方法はホームページの作り込みだったり、チラシ・パンフレットで訴求することが可能です。

 

Sponsored Link

 

 

『LTV』を意識する

 

LTV(ライフタイムバリュー)・・・「顧客生涯価値」。 一人、あるいは一社の顧客が、特定の企業やブランドと取り引きを始めてから終わりまでの期間(顧客ライフサイクル)内にどれだけの利益をもたらすのかを算出したもの。

お客さんに一度だけ販売することは結構カンタンかもしれません。

多少強引なトークなどで逃げるように売りつけるお店や販売員は相当数います。

ハナっからリピートしてくれることを願ってはいません。

商売は継続することに意味があります。

新規客だけを取り続けていると破綻します。

都心部ならまだしも地方都市では人口が圧倒的少数なためリピート戦略が要となってきます。

そこで『LTV』を意識しなければなりません。

2回3回のリピートではなく、顧客との一生のお付き合いです。

生涯、ファンとなっていただいて死ぬまでリピートしてくれるようにブランド構築をしなければいけません。

 

おわりに

 

ビジネスや商売をしていると、どうしても行き当たりばったりな方法を取ってしまいます。

そして一貫性がなくなってしまうのです。

ある人が、こうしたほうがいいよ、と言えばその方法をやってみて、またネットで見つけた方法をやってみたり、、、

うわべだけの方法に気をつけましょう。

アナタのビジネスにホントに適合する方法なのかも怪しいものです。

ブランド構築に『一貫性』は欠かせません。

安易な安売り合戦に巻き込まれないためにも、しっかりとご自分のビジネスのパッケージングを構築していきましょう。

 

 

Sponsored Link

あわせて読みたい